※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《赤蛮奇》

No.1377 Character <第十五弾
GRAZE(2)/NODE(3)/COST(1) 種族:妖怪

(自動γ):
 〔このキャラクター〕が決死状態になった場合、〔このキャラクター〕の決死状態を無効とし、変身状態にする。以後は通常状態に戻る事が出来ない。

攻撃力(4)/耐久力(3)



変身後

《赤蛮奇(頭部)》

GRAZE(0) 種族:妖怪

(常時)(S):
 目標の〔キャラクター1枚〕に3ダメージを与え、〔このキャラクター〕を手札に戻す。

攻撃力(3)/耐久力(1)

「・・・非力な人間の癖に、頭を見る度うなされよ!」

Illustration:双瀬聖

コメント

東方輝針城より登場の柳の下のろくろ首。
決死状態になると変身を用いて自己再生する、サニーミルク/9弾のような能力を持つ。

素の状態では3ノード1コストで4/3の2グレイズ。殴りにいけるわけでもなければ耐久力もノード帯の及第点に届かない、微妙なスペックである。
その代わりに得たものは除去耐性。一度きり、決死状態だけと広くはないが、戦闘効果どちらにも対応しているのでブロッカーとしてはそれなりに信用が置ける。

変身後は0グレイズで攻撃力は3と、アタッカーとしては及第点となる。ただし回避能力もなく耐久力は最低値なので、大きな期待はできないか。後述の効果とも択一になるので、判断はしっかりとしよう。
(常時)効果は単体火力。耐久力3までを除去できるということでリリカ・プリズムリバー/11弾のような使い方になるだろうか。この能力を起動すると手札に帰ってくるので再利用が可能。除去としての使用するのはひと手間であるが、単純にアドバンテージの損失なく除去が使用可能と考えれば十分以上である。

基本的には変身後のほうが総じて優秀なので、相打ちOKのブロッカーとして牽制しつつ、全体除去に巻き込んで変身、無人の荒野を0グレイズで駆け抜けるような運用が考えられるだろうか。


関連