※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《『ブラインドナイトバード』》

No.1342 Spell <Arcane Magic Vol.1
GRAZE(1)/[ NODE/COST(Nullity)] 術者:ミスティア・ローレライ

【ラストワード】 【幻想生物】 速攻 隠密

(自動α):
 〔あなたの場の「ナイトバード」全て〕は「戦闘修正:+1/+1」と「先制」を得る。この効果は重複しない。

(自動γ):
 〔このキャラクター〕は効果ダメージを受けた場合、ゲームから除外される。その後、相手プレイヤーに3ダメージを与える。このターン終了時に、この効果で除外された「ブラインドナイトバード」を本来のプレイヤーの場にアクティブ状態で出す。

攻撃力(3)/耐久力(3)

闇夜を切り裂く漆黒の羽。

Illustration:茶葉

コメント

夜雀の【ラストワード】であり【幻想生物】。

戦闘力3/3グレイズ1・速攻隠密、さらに(自動α)で戦闘修正+1/+1と先制まで持つ攻撃的な幻想生物種族:なしの隠密なので人形や同じく幻想生物を使わないデッキでは非常に止められにくい。

術者は最も必要ノードが低く、かつ後述の(自動γ)と相性のいい(常時)を持つミスティア・ローレライ/1弾が最適。古いカードであるがこのカードと同じArcane Magic Vol.1にPRカードとして再録されているので安心だ。

(自動γ)効果ダメージを受けた際に相手に3点ダメージを与えつつ一時的に除外エリアに姿を消す効果。
この効果により、効果ダメージで決死状態にならないうえ、相手の除去干渉して不意打ち妖回針で自発的にダメージを与えて除外エリアに避難させ、このカードを守ることができるため除去されづらい。
術者がいる状態ではまずそちら側を除去すべきだろう。
除外したターンのターン終了時にアクティブ状態で出てくるので攻撃後に追加のダメージを与えつつ、警戒の様に立ち回ることも可能で先制も持つので防御に回っても優秀。

ラストワード故にプレイを無効にされづらく、除去耐性を持ち、隠密で防御もされづらいのでそれなりに信頼できるアタッカーである。

鍵山 雛/11弾などで戦闘力を減らされたとしてもプレイヤーへのダメージは3点で固定されているので完全には無力化されないものの減速を余儀なくされ、上記のように大幅な戦闘修正を与えるコンボは封じられる。
朝倉 理香子/10弾のような幻想生物の除去に特化したカードも苦手。また、禁弾『カタディオプトリック』でプレイヤーにダメージを与える効果を無効にされると場に戻ることもできなくなる。

単体で用いられることが多いが(自動α)は〔「ナイトバード」全て〕であるのでルーミアのスペルカード夜符『ナイトバード』夜符『ミッドナイトバード』も同様に戦闘修正と先制を得る。このカードも夜符『ミッドナイトバード』の自己強化の枚数に数えられ、ルーミア/7弾夜雀『真夜中のコーラスマスター』でお互いの術者を呼び合えるのでナイトバード特化デッキを作ってみるのも一興だろう。


  • 2013/12/02付でエラッタを受ける。
    • エラッタ前は(自動γ)はプレイヤーを対象としておらず、与えるダメージも場での攻撃力だったので戦闘修正を与えるカードとの併用でかなり大きなダメージを与えていた。
      • また、同日付の総合ルールの改訂により召喚魔術での登場にも術者が必要となった。
  • それでも強力すぎたか、2014/06/23に二度目のエラッタ。
    • 一度除外されてから復帰するときの挙動が、「戻す」から「出す」に変更された。漢字一文字の些細な変化であるが、これによりミスティアが場にいないと再び場に出ることができなくなっている。

必要な初手はこのカードとミスティア・ローレライ/1弾、マナの生成、天邪鬼の虚妄、百鬼夜行絵巻の5枚。元々の攻撃力が3、自身の(自動α)で+1、百鬼夜行絵巻で自身とミスティアで+4、天邪鬼の虚妄で+3の攻撃力11で2回攻撃した後、ミスティアの起動効果でこのカードに効果ダメージを与え、プレイヤーに3点ダメージで11+11+3=25点である。



関連