※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《浄天眼》

No.1320 Command <第十四弾
NODE(2)/COST(1) 代替レース:天狗
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:持続

 ターン終了時まで、相手プレイヤーがコマンドカードをプレイした場合、〔あなた〕は1ドローする。この効果は重複しない。

(自動β):
 〔このカード〕がプレイされたターン、相手プレイヤーがコマンドカードを1枚もプレイしなかった場合、このターンの終了時、このカードは手札に戻る。

「不穏な気配がする…」

Illustration:CircleK

コメント

相手がコマンドをプレイする度にドローが出来るようになるカード。
コマンドを撃たれなかった場合は使いまわす事もできる。

ドローするタイミングが「プレイした時」であるため、相手のコマンドに干渉してプレイした場合やこれ自身のプレイに干渉された場合はドローすることが出来ない。
従って、特別な意図が無い限りはアクティブフェイズにプレイしておき、相手の2枚以上のコマンドの使用を牽制するのが仕事になる。
カウンター合戦は勿論の事、霞網からの強引な取引孤高の監視者等、コマンドカードが1ターンに複数プレイされることは意外とあるため、2枚以上ドロー出来る場合も少なくないだろう。そうして相手がコマンドの連発を渋っている間に、自分は展開を進めていくと良い。
相手がコマンドのプレイを渋った時はターン終了時に手札に戻って来るが、その場合は代替レースしないと不経済。
代替レースに指定されているのは天狗が1体のみと数の条件自体は楽だが、第十五弾時点では天狗キャラは全て3ノード以上の中型キャラであり、相手の最速展開パターンに間に合わない場合もある。
また、3~4ノードの天狗キャラは犬走 椛/7弾犬走 椛/14弾の様に倒れやすいキャラだったり、姫海棠 はたて/PRの様に場持ちがさほど求められずに【連結】(ユニオン)の種にされてしまったりと、継続的に運用される機会が少ないキャラも多く、何度もこのカードをプレイし続ける事は意外と難しい。

  • これのプレイが無効になった場合、「このカードがプレイされた」と言う事実も無かった事になる。
    そのため(自動β)は適用されず、そのターン相手がコマンドをプレイしなかった場合でも手札に戻す事はできない。
    IR-5.2.5も参照のこと)


関連