※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《幻符「殺人ドール」》

No.1297 Spell <第十四弾
NODE(4)/COST(1) 術者:十六夜 咲夜
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

 目標の〔プレイヤー1人、またはキャラクター1枚〕に2ダメージを与える。この効果によってキャラクターが決死状態になった場合、〔あなた〕はもう一度このカードをプレイしたものとして効果を解決しても良い。

(自動β):
 〔このカード〕がデッキ、または手札から破棄された場合、目標の〔プレイヤー1人、またはキャラクター1枚〕に2ダメージを与える。

敵がいなくなるまで、殺人は終わらない。

Illustration:ぢん

コメント

十六夜 咲夜のスペルカード
特殊なダメージ振りまき効果に加え、手札・デッキから破棄された時の保険の(自動β)も持つ。


キャラクターが決死状態になるたびに再度ダメージを飛ばせるため、小型キャラクターを大量に並べている状況では非常に効果的。浸水『船底のヴィーナス』と組み合わせるのも良いか。
但し、単品で撃つと白符『アンデュレイションレイ』人界剣『悟入幻想』等、数多の火力カードの下位互換になってしまう上、上記のような小型キャラクターが並ぶ状況も限られるため、他のカードとの組み合わせで真価を発揮する事になるだろう。
  • これ自身の効果によってキャラクターを決死状態にした場合にのみ、追加のダメージを飛ばせる。
    そのため、灯符『ファイヤフライフェノメノン』リグル・ナイトバグ/1弾等のダメージによって自壊する効果を得ているキャラクターにダメージを与えたときにはこのボーナスを得られず、そうしたカードとの相性も良くない。
  • 追加ダメージは「もう一度このカードをプレイしたものとして解決」される。
    壱符弐符パチュリーや小悪魔/1弾等は、ダメージを飛ばすたびにそれらの(自動γ)が適用される。

また、(自動β)により、プレイ時と同じ効果1回分を発揮できる。
自分のカードの効果や、手札上限を超過したときの手札破棄でも効果を発揮できるため、術者である十六夜 咲夜/14弾は勿論、緑眼のジェラシーの追加コストとしても良い。


関連