※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《紅魔館》

No.138 Command <第二弾
NODE(3)/COST(1)
効果範囲:複数の効果を持つカード
発動期間:瞬間

【自分ターン1枚制限】

 以下の効果から1つを選んで解決する。

1.目標の〔キャラクター1枚〕に2ダメージを与える。
2.目標の〔プレイヤー1人〕に1ダメージを与える。

(自動β):
 メンテナンスフェイズに〔あなたの冥界にあるこのカード〕をゲームから除外しても良い。除外した場合、〔あなたの冥界にある「紅魔館」1枚〕を手札に戻す。

「あなたもこの館に雇われたのかしら?」

Illustration:びなゆ

コメント

霧の湖の畔に建てられた悪魔の棲む洋館。
キャラクターに2点、またはプレイヤーに1点のダメージを与える火力カード。
また博麗神社白玉楼などと共に冥界回収能力を持つカードの一つ(詳しくは後述)。

貴重なコマンド火力の一枚だが、自分ターンにしか使えないという制限がある。
相手ターン中にプレイできないので、コマンドカードとしての利点を生かせず、同ノード同コストの人界剣『悟入幻想』などの方が使い勝手は良い。
ただ、防御に出てきた人形のような低戦闘力ブロッカーを焼くくらいには十分なダメージである点は便利か。また、自分のターンであればメンテナンスフェイズなどでもプレイ可能である。
加えて夢符『二重結界』のようなカードの対象にもならないので、使い方を考えればスペルカードでは出来ない芸当が色々可能ではある。

そして、このカードには博麗神社白玉楼なども持つ特殊な条件の回収能力を持つ。
「冥界に2枚このカードがあると、1枚を除外し1枚を手札に加える」ということなので、1枚を冥界に置いておいたりプレイしたりなどすれば、その後に使うこのカードの布石として機能するということである。
フル活用すれば最高5回分プレイ出来るのだ。
普通にプレイしてから2枚目、3枚目のプレイ後に回収したり、1枚目を遠慮無くノードに伏せることが出来るので、そういう使い方を視野に入れた運用が可能となる。

2点火力除去出来るキャラクターは限られる為、あまり積極的に使えるカードではないが、他のカードには出来ない事が出来る面白いカードではあるか。

地味にプレイヤーへのダメージも選択する事が可能。
ダメージは1点と頼りないが、回収能力をフルに活用すれば2~3点は頑張れるので最後のトドメに使えない事も無い。

  • 回収能力は、メンテナンスフェイズ中ならいつでも宣言できる。よってメンテナンスフェイズ中にプレイ作戦阻止とされてもすでに1枚以上冥界に「紅魔館」があれば即座に回収、またプレイが出来たりもする。プレイが無効にされた場合は、プレイできなかったことになるのでターン1枚制限には数えられない。
  • 冥界から回収するのを忘れてしまいがちであるが、だからといって冥界からこのカードだけ抜き出してわかりやすくする、といった行為はルール違反であるのでやってはいけない(冥界の順序は変更不可)。
  • 2011/07/01に行われたルール改定前は、このカードと似た(自動β)を持つカードを無限に使いまわせるという恐ろしい挙動が起こっていた。簡単に説明すると除外状態にしたカードを手札に戻せるというもの。詳しくは無限塚で。


関連


※似たような(自動β)を持つカード