※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《朝倉 理香子》

No.1252 Character <第十四弾
GRAZE(1)/NODE(2)/COST(2) 種族:魔法使い

マナチャージ(1)

(自動β):
 〔このキャラクター〕がプレイされて場に出た場合、目標の〔種族:魔法使いを持つキャラクター1枚、または場のスペルカード1枚〕を破棄してもよい。

攻撃力(2)/耐久力(3)

「あなたの存在にも魔力がかかわっているのよね」

Illustration:葉山えいし

コメント

2度目の登場となった科学に憧れる魔法使い。
朝倉 理香子/10弾とは別の側面からではあるが、今回もスペルカードに対するアンチカードとして登場した。

(自動β)種族:魔法使いのキャラクター、またはスペルカードを破棄する効果。
魔法使いであるキャラクターは「アリス・マーガトロイド」や「パチュリー・ノーレッジ」のようにデッキの核となるキャラクターが多い。またマナチャージや便利な効果をを持つことも多く、デッキのエンジンとしての役割を果たすことも多いため、それに対策できることは有用であると言える。もう一つの範囲との兼ね合いで決死状態にすることもないので、その点でも非常に優秀。
もう一つの対象であるスペルカードは幻想生物世界呪符呪符装備がその範囲となる。こちらも厄介なものが多く、装備/場やコマンドカードの呪符などには対応できないものの、2つ合わせた範囲の広さは優秀。

基本スペックは2ノードで2/3にも関わらず2コストと貧弱なものの、(自動β)との抱き合わせコストと考えれば妥当なところか。
マナチャージを持っているため、場に出たあとも使い捨てではない点は非常に嬉しいところ。

非常に広い範囲に対する対策であり、かつキャラクターカードであるがゆえに是非曲直庁の威令などに引っかからないため計算しやすい、汎用性の高いサイドボード用のカードであり、構築環境においても姿を見せているカードである。




関連