※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《秘宝「斑鳩寺の天球儀」》

No.1188 Spell <第十三弾
NODE(2)/COST(1) 術者:豊聡耳 神子
効果範囲:その他
発動期間:世界呪符

【世界呪符】

(自動α):
 あなたが手札を破棄する場合、そのカードは冥界に置く代わりに〔このカード〕にセットする。

(自動α):
 〔あなたの場のキャラクター全て〕の必要ノードは+Xされる。Xはこのカードにセットされているカードの枚数に等しい。

(常時)(1)(S):
 〔このカードにセットされているカード全て〕を手札に戻す。その後、〔このカード〕を破棄する。

兵庫県の斑鳩寺で発見された地球儀は、江戸時代には既に存在しており、当時発見されていなかったアメリカ大陸、南極大陸などが描かれている。

Illustration:Sui.

コメント

豊聡耳 神子のスペルカード
手札破棄を置換する効果と、自分の場のキャラクターのノードを上昇させる効果、このカードにセットされているカードを手札に戻す効果を持つ世界呪符

一つ目の(自動α)によって、自分の手札から破棄されたカードは全てこのカードにセットされることになる。単純にハンデスに対する対策になる他、後述の起動効果を使うことで手札破棄によるディスアドバンテージを回復することが出来る。ただし、セットは強制なので銀ナイフを用いたコンボが機能しなくなる欠点もあることには注意。

その常時効果はセットカードの回収。このカードの破棄が前提条件となるので使い捨てではあるが、例によって例のごとく鬼火『超高密度燐禍術』との相性は良い。

二つ目の自動αは、このカードにセットされているカードの枚数分、自分の場のキャラクターの必要ノードの値を増やす効果。必要ノードによって効果が決まるカードはなかなか多く、術者が同じである名誉『十二階の冠位』のサポートの他にも、構築環境でも見かける恐ろしい波動秘術『天文密葬法』などの対策になる。
とはいえこのカード自身の身の効果では自分で手札を破棄していく必要があるため、この効果を主軸に据える場合には鬼火『超高密度燐禍術』のサポートは必須だろう。

単純な手札破壊対策としてサイドボード要員にするのもいいが、手札を大量に破棄する必要があるカードと絡めて、手札破棄のデメリットを無かった事にするのも非常に強力。単純に魔砲『ファイナルマスタースパーク』をぶっ放すだけでもまず間違い無く勝てるだろうし、日符『ロイヤルフレア』月の間諜と組み合わせて通れば、単純にゲームが終わるレベルのハンド差を付けることが出来るだろう。洪水『ウーズフラッディング』が決まれば、手札は最早宇宙。


関連