※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《宝符「躍る陰陽玉」》

No.1162 Spell <第十三弾
NODE(5)/COST(2) 術者:博麗 霊夢
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:装備

【装備】 加護(3) 抵抗(3)

(常時)(1):
 〔このキャラクターにセットされている「陰陽玉」1枚〕を〔あなたの場の別のキャラクター1枚〕に移す。

(常時)(S):
 〔あなたのデッキ〕を全て見て、「陰陽玉」1枚を抜き出し破棄してもよい。破棄した場合、目標の〔キャラクター1枚〕に3ダメージを与える。

攻撃力(-)/耐久力(+3)

博麗神社最大の秘宝。自身の周りを回転させる防御と、投擲による攻撃が可能。

Illustration:如月桐葉

コメント

博麗 霊夢のスペルカード。
博麗の秘宝とされる陰陽玉を使ったスペルカードにして、本家と同じく装備である。
博麗 霊夢/5弾の「陰陽玉」をサーチする効果によってサーチ可能であり、相性が良い。

基本は耐久力+3と加護(3)を付けることが目的。抵抗(3)によりカウンターされにくいという利点もある。しかしこの手の除去耐性を付与する装備カードの常として、プレイ干渉で目標のキャラクターを除去されてしまう「お約束」がある。そうなった場合は抵抗も何もなくなってしまうので、基本的にはやはり博麗 霊夢/5弾でサーチするカードといえるだろう。

一つ目の常時効果によって「陰陽玉」を別のキャラに移すことが出来るが、魂魄 妖夢/1弾でもない限り陰陽玉を二つ付けることはできないため、このカードを付け変えることになる。
わずか1コストで、かつスリープを必要とせずに味方の耐久力を上げるコンバットトリックとして活躍するし、符ノ壱“八雲 紫”のように「プレイされて場に出る場合」に初めて目標を取るカードに対して加護による牽制を行うことも出来る。

二つ目の常時効果はデッキ内の「陰陽玉」を破棄することを条件とする除去。当然対象には陰陽玉も入るので、デッキ圧縮を行いつつ最大で5度まで使用可能。転世『一条戻り橋』などでデッキに戻せばもっと増える。
スリープだけで手札を消費せずに除去を行えるのはかなり強力で、さらに一つ目の効果と合わせれば、スリープ起動効果ながら複数回の効果起動も可能。大型キャラクターでさえ除去できる可能性がある。

サーチしてアドバンテージの損失を抑えつつ防御を固め、さらに場の制圧も行えるため、全体的に強力。特に、かつて博麗 霊夢/5弾の活躍を抑えこんでしまった西行寺 幽々子/5弾を対策できるため、博麗 霊夢/5弾使いには朗報といえるだろう。


関連


※名称に「陰陽玉」を含むカード