※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《ミステリアスジャック》

No.1099 Command <第十二弾
NODE(2)/COST(1)
効果範囲:目標を取らず、複数のカードに及ぶ効果
発動期間:瞬間

 この干渉終了時まで、耐久力が3以下のキャラクターがプレイされて場に出る場合、〔そのキャラクター〕が持つ自動βの効果は全て無効となり、〔そのキャラクター〕は干渉終了時に決死状態になる。

「嫌な臭いは元から断て、ってね。私は掃除が得意なのよ」

Illustration:gisyo

コメント

耐久力3以下のキャラクターを元から断てるコマンドカード

瞋怒のようなプレイを無効にするカードと緑眼のジェラシーのようなコマンド除去の中間のようなカードである。

キャラクターを目標にとっていないので、抵抗の影響を受けない。
また、キャラクターカードのプレイを無効にするわけではないので、奇襲を除けばそのターンに他のキャラクターをプレイされることがない。
さらに、自動βを無効にできるので「プレイされて場に出た場合~」の効果も無効にできる。
N2C1で序盤から使える為、軽量デッキの足を止めるのに大いに役立つだろう。

一方で耐久力4以上のキャラクターには無意味で、すでに場に出てしまったキャラクターにも対処できないため手札で腐ることも多い。
また、無効にするのは自動βの効果だけである点、決死状態になるのは干渉終了時である点も思わぬところで欠点となりうる。例えば奇襲速攻持ちキャラクターでの防御宣言は、このカードでは止められない。


  • 2012/10/24付けのエラッタで効果範囲が「目標を取らず、複数のカードに及ぶ効果」となった。エラッタ前は「目標のカード1枚に及ぶ効果」であったが、そもそもこのカードは目標を取っていないため、当然の変更といえる。
  • 場に出る時点での耐久力が3以下かどうかがポイント。眠れる恐怖チームのような「戦闘力X/Xが自動αで定義されるタイプ」もひっかかる。
    • 罔両『ストレートとカーブの夢郷』があっても、本来の耐久力3のキャラクターは決死状態になる。場に出る場合の効果の解決時には、まだ耐久力が3だからである。
    • 逆に、八坂 神奈子/11弾がいても、本来の耐久力が4のキャラクターは決死状態ににならない。場に出る場合の効果の解決時には、まだ耐久力が4だからである。


公式Q&Aより

  • QA-398.No.1099 ミステリアスジャックの耐久力が3以下のキャラクターとは、場のカードに適用される戦闘修正などを含んで耐久力が3以下のキャラクターですか?
  • A.いいえ、場に出る場合の効果を解決する時点では場のカードに適用される効果が有効になっていません。
    (参考:IR-11.3.9.b)
    • コメント
      • ミステリアスジャックは場に「出る」場合に耐久力をチェックする。この時点ではキャラクターはまだ場に出ていない。このため、場のカードに適用される効果はまだ影響していない。


関連