※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《一時休戦》

No.1091 Command <第十二弾
NODE(0)/COST(0)
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

【相手ターン制限】 抵抗(3)

 このカードはこのターン、相手プレイヤーがカードを4枚以上プレイした場合のみプレイ出来る。〔このカード〕を裏向きにしてアクティブ状態でノードに加える。この干渉終了時、このターンを終了する。

良いだろう、貴公の要請を受け入れよう

Illustration:鶴亀

コメント

条件が厳しい代わりに効果も強烈な、ソリティアへのアンチカード。

必要ノード自体は非常に低く、条件さえ満たせば相手の先攻1ターン目でもプレイすることが可能。さらに抵抗(3)を持つため非常に止まりにくい。
特にワンターンキルを仕掛けてくるようなデッキならば、ほぼ確実にマナの生成から複数のカードをプレイしてくるため、劇的に刺さる。相手の手札を使わせた上で、このカードで止めてしまえば、大抵のプレイヤーはそこでゲームを畳むだろう。
もしゲームを続けたとしても、あちらは手札をほぼ使いきり、こちらはあらかじめノードを1枚置いた状況でゲームを始めるようなものである。有利が揺るがないだろう。

しかしそれ以外の状況で刺さるかというと、今ひとつ。かつてこのゲームでは木符『シルフィホルン』新難題『ミステリウム』など、2枚コンボで人が死んでしまうことはざらにあった。相手が八雲 藍/5弾情報戦での前方確認を行ったとしても、まだカードを使わせる必要があるのだ。
また幻想『花鳥風月、嘯風弄月』のようなカードの前には、このカードも沈黙せざるを得ないし、何よりターンを終了させる効果は干渉終了時なので、攻撃などへの干渉で4枚目のカードをプレイされるとこのカードではどうしようもない。先述の木符『シルフィホルン』新難題『ミステリウム』に差し込んだとしても、場に出ること自体には何もできないので、結局は1ターンの時間稼ぎにすぎないという問題もある。

もし今後、ワンターンキルデッキが再び流行するようなことがあれば、このカードが日の目を見ることがあるかもしれないが、出来ればそんな日が来ないでほしい、悲しいカードなのかもしれない。

関連