※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《響符「マウンテンエコー」》

No.942 Spell <第十一弾
NODE(5)/COST(3) 術者:幽谷 響子
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

 目標の〔相手プレイヤー1人〕のデッキの上のカードX枚を破棄する。Xはあなたの冥界にあるカードの枚数の半分(端数切り下げ)に等しい。

山に向かって発した音を妖怪山彦が応えたものを幽谷響という。

Illustration:とり

コメント

幽谷 響子のスペルカード。
ライブラリーアウトデッキの新たなるホープ。

自身の冥界の枚数に依存して相手デッキを削る効果を有しており、ライブラリーアウトを狙うカードの中でも両者のデッキを削る光の春エコー洪水『ウーズフラッディング』などと相性が良い。
冥界が肥える終盤でも高い効果を期待できるため、ライブラリーアウトデッキの新たなフィニッシャーになりえるカードである。

ただし、終盤は相手のデッキも相応に削れているため、Xが相手のデッキ枚数をオーバーして解決不可能になることも多い。また、通すために干渉合戦した挙句にオーバーする可能性もある。ギリギリまで欲を張らずに、2~3枚残す程度に考えてプレイする必要がある。

関連