※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《チルノ》

No.914 Character <第十一弾
GRAZE(1)/NODE(3)/COST(1) 種族:妖精

(自動β):
 〔このキャラクター〕がプレイされて場に出た場合、目標の〔相手プレイヤーの場のキャラクター1枚〕を裏向きにする。以後、そのカードは以下の効果を持つキャラクター「氷塊(GRAZE0、0/1、種族:なし)」として扱う。

「(自動γ):
  あなたのターン終了時、〔このキャラクター〕を表向きにする。」

攻撃力(4)/耐久力(2)

「本気になれば巫女より怖い、あたいの本気で凍り死ね!」

Illustration:SHO

コメント

相手を凍らせて遊ぶ氷妖精。
自称最強な彼女だが、フレーバーテキスト同様かなり怖いカードとなっている。

(自動β)により、プレイで場に出すと相手キャラクター一体を無力な裏向きキャラクター氷塊に変える。
氷塊は耐久力が1しかないため、チルノのプレイから氷符『アイシクルマシンガン』→起動効果の使用で、キャラクター効果に耐性を持たない裏向きでないキャラクターならば、どれだけ大きくとも2コストで除去できる。
相手ターンの終了時に表向きになってしまうが、一時的なブロッカー封じ・アタッカー封じにキャラクターがついてくると考えれば、比較的お得なテキストである。できれば再起動賢者の封書記憶『DNAの瑕』などで複数回使いたい。

しかし、この効果の本領発揮は他のカードとの組み合わせ。他のカードと組み合わせる事により、このカードは何倍にも強力になるのだ。
代表的なのは封獣 ぬえ/PR八坂 神奈子/11弾とのコンボだろう。前者はこちらのアタッカーを増強しつつ相手キャラクターを処理でき、後者ならば氷塊になった瞬間耐久力が0になるので強力な万能除去に早変わりする。
他にも相性の良いカードは多く、例えばゲーム終盤に腐りやすい不意打ちを腐らせなくしたり、古明地 さとり/9弾と組ませることによってあらゆる相手キャラを2コストで奪い取ることも可能である。

グレイズが1で攻撃力が4あるため、耐久力が低めな点をフォローしてやればアタッカーとしても十分運用も可能。氷符『アイシクルマシンガン』と併用した場合攻撃力が5になり、5回通れば勝つ値である。
使い捨てアタッカーとして運用しても十分強力であるし、他にも耐久力の低い種族:妖精なのを活かして呪精と組み合わせるのも良いだろう。

  • 勘違いされがちだが、氷塊(自動γ)の「あなた」とはあくまで氷塊が場にいる側のプレイヤーを指す。チルノを出したプレイヤーではない。
  • 現環境では連結キャラクターが全くといって良い程見掛けなくなっている。それはだいたいこのカードのせいである。
    • 表向きに戻る際に新たに場に出るとして扱うので、連結の除外コストを支払う必要があるため。


関連