※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《蓬莱人形》

No.002 Character <第一弾
GRAZE(0)/NODE(1)/COST(0) 種族:なし

人形

(自動γ):
 〔このキャラクター〕がプレイされて場に出たターンの終了時、〔あなた〕は1ドローする。

攻撃力(1)/耐久力(1)

「・・・」

Illustration:佐倉

コメント

上海人形と並んで人形の基本形。
「プレイしたターンの終了時」に発生するドロー効果(自動γ)を持つ。

基本的に上海人形と同様で、非常に場に出しやすく高い展開力を持つが、人形なので攻撃出来ず壁になるしかない。
しかし、こちらは攻撃力1を持つので、同じブロッカーとして採用しても相手の耐久力1アタッカーと相打ちに持ち込める可能性があるので、その分だけこちらの方が優秀で使いやすいとされる。

メルラン・プリズムリバー/1弾スターサファイア/1弾犬走 椛/3弾くるみ/9弾などの速攻デッキ向けの軽量キャラはもちろん、レミリア・スカーレット/1弾によって場に出されたサーヴァントフライヤーレイラ・プリズムリバー/3弾によって場に出された「幻想」など、耐久力1の放置が危険なアタッカーは案外多く、それらに牽制となり得るという点において上海人形より頭一つ分飛び出た汎用性と言えるのは間違いない。
仮にそれで倒せないとしても、攻撃力が「ある」のと「無い」のとでは大きな隔たりがある。例えば浸蝕あるいは狙撃秋の女神などを防御時に干渉で撃ったり、霧符『ガシングガーデン』の影響下で防御したりなどすれば決死状態に出来るキャラクターの幅も広がり、上手く行けば一方的に決死状態にする事さえ可能なのだから馬鹿に出来ない。

当然ながら人形なので、アリス・マーガトロイド/1弾を主軸としたデッキならほぼ必須カードと言っても良い。特に符ノ壱“アリス・マーガトロイド”でサーチしてくる人形としては、その高い汎用性からあらゆる局面で手堅いサポートとして活躍してくれる。
他にも咒詛『首吊り蓬莱人形』のようなピンポイントにこのカードの存在を必要とするカードもあり、人形デッキにおける親和性はかなり高い。

ただあまり多くは無いが、耐久が上海人形より1低いという点が仇になる局面もある。死神『ヒガンルトゥール』でまとめて破棄されたり、秋の女神セット用として使えなかったり、陰陽玉のような1点ダメージを発生させる効果で安定して除去されたりなど防御面では見た目通りかなり頼りない。
またいくらブロッカーとして優秀とは言え、結局は低戦闘力の人海戦術に過ぎないので貫通は天敵。特にフランドール・スカーレット/1弾を対した際、このカードはブロッカーとしてほぼ無意味と化す。

その省エネ+デッキ圧縮ぶりからつい安易にデッキに積みたくなるカードだが、突き詰めると結局は壁として相手の攻撃を一回受け止める時間稼ぎでしかないので、要らないと思うなら下手にデッキスペースを圧迫させずばっさり切る決断力も必要である。



関連


※「蓬莱人形」を参照するカード