※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《魔法「紫雲のオーメン」》

No.846 Spell <第十弾
NODE(3)/COST(1) 術者:聖 白蓮
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

 〔任意の枚数のあなたの手札〕をデッキに戻し、シャッフルする。その後、〔あなた〕はXドローし、メインフェイズを終了する。Xはこの効果でデッキに戻したカードの枚数に等しい。

幸運の兆し。白蓮の救いはよりよい世界をもたらすのか。

Illustration:キレロ

コメント


聖 白蓮のスペルカード

任意の手札枚数をデッキに戻して同数をドローする手札交換カードだが、戻してシャッフルするのが先なので、最悪戻したカードを引きなおす可能性が生まれる。また、Xドローとされているため、運命のダークサイドを重ねられると眼も当てられない状況になる。

また、効果解決と同時にメインフェイズが終了するので引いても即使えない、ドローは出来るがこのカード分手札総数は1枚減ってしまっている等、ドローソースとしては欠点が多い。山札にある必要があるカードを引いてしまった場合の保険として採用する程度にとどめたい。

逆転『リバースヒエラルキー』と組み合わせて相手のターンに使うことで『永夜返し -夜明け-』のようなターンスキップとして運用できる。飛ばせるのはメインフェイズのみで手札も減ってしまうが僅か1コスト+術者要らずはなかなかに強力。罪人の金鉱床に引っかからないのもポイント。
同条件下でメインフェイズ以外に打った場合の処理は裁定待ち。


関連