※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《八雲 藍》

No.806 Character <第十弾
GRAZE(2)/NODE(5)/COST(2) 種族:妖怪/獣

(常時)(2):
 あなたの場に「橙」がいない場合、〔あなたのデッキ〕全て見て、「橙」1枚を抜き出し、あなたの場にアクティブ状態で出しても良い。その後、デッキをシャッフルする。この効果で場に出た「橙」は、ターン終了時にデッキの下に戻る。この効果は1ターンに1度しか使えない。

(自動α):
 あなたの場に「八雲 紫」がいない場合、以下の効果は無効になる。

(自動α):
 〔このキャラクター〕の戦闘力は、あなたの場の戦闘力が最も高い「八雲 紫」と常に同じになる。

攻撃力(4)/耐久力(5)

「ここは、今度は強くなった橙にやられるがいいわ」

Illustration:灰柑

コメント

主人である八雲 紫/9弾と式の橙/10弾とともにサイクルを形成する。
性能としては決して悪くは無いが、上記2種や八雲 藍/1弾に比べてどうにも半端で地味な印象がぬぐえない。本当の敵は自分自身という事なのだろう。

単純な戦闘力だけを見ると5ノード2コストで4/5と、やや不安が残るものの無難な水準は持っている。さらに自動効果によって場の「八雲 紫」の戦闘力に等しくなるので、扱いやすい八雲 紫/9弾で5/6、最も大きい八雲 紫/1弾で8/10まで伸びる。だが八雲 藍/1弾が、「八雲 紫」がいるだけで8/10になれるので、特別魅力的な能力とはいえない。
各サイクルを同時に使えば、紫一人の強化で3倍のリターンが見込める。それはそれで魅力的ではあるが、それにしても総戦闘力で見ればやはり八雲 藍/1弾で十分代替可能である。

そのため、このカードを扱う場合、常時効果が肝になってくる。
しかし、現時点で「橙」のサーチならば式神『橙』他いくらでも方法があり、そもそも橙は比較的軽いので、特別この効果に頼る必要性はそれほど高くもない。むしろ、さっさと橙をプレイした方が手っ取り早い。
毎ターン効果を継続して使えれば強力なのだが、要求されるコストも2コストとバカにできず、使いどころに意外と頭を悩ませる事になる。そのため、この効果は「保険」として考えて、あまり依存しすぎない方がよいだろう。

関連


※名称に「橙」を含むカード

※名称に「八雲 紫」を含むカード

※「八雲 藍」を参照するカード