※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《雲山》

No.792 Character <第十弾
GRAZE(3)/NODE(2)/COST(2) 種族:妖怪

貫通

(常時)0:
 〔このキャラクター〕を目標の〔あなたの場のキャラクター1枚〕にセットする。以後、このカードは以下の効果を持つ装備カードとして扱う。

 「戦闘修正:+3/+2 貫通」

攻撃力(3)/耐久力(2)

「…」

Illustration:きゃっとべる

コメント

貫通を持ってはいるが、コストも重く、グレイズも3とやたら高く、戦闘力は1コストレベル。とても攻撃に参加させれそうにないキャラクターだが、装備カードへと化ける能力を持つ。

雲山/7弾と比べると奇襲やハンデス効果を失いコントロール性が非常に損なわれているが、その代わりに全体的に使いやすい効果になった。
このカードのプレイ自体には2コストが掛かるものの、装備カードになる効果は常時なうえコスト0で使用出来る。さらに3/2という高い戦闘修正に加えて貫通付与のオマケ付き。
2ノード2コストで是非曲直庁の威令でカウンターをされない装備カードがこの性能だと考えれば、性能としては十分だろう。

真価を発揮したければ雲居 一輪/10弾と組み合わせたい。2コストを踏み倒すリクルート効果と共に、リアニメイト効果によりアドバンテージを失いやすい装備カード化の欠点を補える。
そのまま雲居 一輪/10弾に装備させればマナチャージも付加されるが、単純にフィニッシャーを強化させてやるだけでも十分強いだろう。

第七弾版同様孤高の監視者と組み合わせてもいいだろう。
また、雲居 一輪/10弾とはお互いに必要ノードが2点以内なので、デッキに猫符『怨霊猫乱歩』とあわせて投入すると中々洒落にならない事になる。

関連