※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《深層「無意識の遺伝子」》

No.766 Spell <Special Collection Vol.7
NODE(7)/COST(3) 術者:古明地 こいし
効果範囲:その他
発動期間:世界呪符

【連結(「古明地 こいし」+記憶「DNAの瑕」)】

【世界呪符】 維持コスト(2)

(常時)(1)(S):
 ターン終了時まで、〔あなたの場のキャラクター全て〕はスペルカード、コマンドカード、及びキャラクター効果の目標にならない。

(自分ターン)(1)(S):
 ターン終了時まで〔あなたの場のキャラクター全て〕は「隠密」を得る。

全ての生物は細胞分裂の際、DNAの複製により遺伝情報の伝達を行っている。

Illustration:三日月沙羅

コメント

【連結】(ユニオン)を持つスペルカード
自分の場のキャラクター全員が古明地 こいし/5弾と同じような状態になれる。

1つ目は防御効果。目標をとらない効果は防げないため絶対ではないが、1枚で大きな防御効果を得ることが出来る。ただし、自分の使用するカードやキャラクター効果からも目標にならないため、強化系のカードとはやや相性が悪い。

2つ目は自分のキャラ全員に隠密を持たせる効果。開海『海が割れる日』と同じような効果だが、デッキではなくそのままライフを攻撃できるため、勝ちまでの計算がしやすい。

弱点は連結条件に術者でもある「古明地 こいし」を要求された上で維持コスト(2)を要求されることと、どちらの効果もスリープを要求するため、1枚では攻撃と防御を完全な両立ができないこと。
基本的には特に強力な2つ目の効果を目的に採用し、場合によっては1つ目の効果を起動するといった使い方が望ましい。



関連