※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《惨禍の閃光チーム》

No.762 Character <Special Collection Vol.7
GRAZE(3)/NODE(6)/COST(3) 種族:妖怪/獣

【連結(「古明地 さとり」+「霊烏路 空」)】

抵抗(2)

(自動γ):
 〔このキャラクター〕が決死状態になった場合、〔あなた〕は〔相手プレイヤーの場のカード及び手札を合わせてX枚まで〕を選び、破棄する。Xはこのキャラクターにセットされているカードの枚数に等しい。

(自動γ):
 あなたのターン終了時に、〔あなたのデッキの上のカード1枚〕を裏向きにして〔このキャラクター〕にセットする。

攻撃力(7)/耐久力(5)

「・・・・・・随分と警戒してるわね」
「さあどうしたの?私が居なければ火焔地獄は元通りになる」

Illustration:仄柑

コメント

【連結】(ユニオン)を持つカードの一枚。
高攻撃力と決死状態をトリガーにした大量破壊能力をもった特攻キャラ。

1つ目の能力は決死状態と同時に相手の場と手札を破棄する効果。目標を取らず数もX枚までで選べるうえ、相手の手札も対象に取れるため、大量のセットカードがある状態でも無駄になることが少ない。
ただし、相手の手札も対象としてしまっているため、禁弾『カタディオプトリック』で無効化されてしまうという弱点も含む。

2つ目の能力で自分へのセットカードを増やすことが出来るため、必要以上にパーツを積む必要がないのもありがたいが、禁薬『蓬莱の薬』等コンボになるパーツも多いので、何か考えてみてもいいだろう。
毎ターン裏向きカードがセットされていくのを活かして新難題『エイジャの赤石』鬼神『ミッシングパープルパワー』と組み合わせてみるのも面白い。伊吹 萃香/9弾と比べると安定性と爆発力に劣るが、こちらは除去されても(自動γ)によるバックアップがあるので心強い。

このカードは【連結】(ユニオン)を持つにも関わらず決死状態になる事で真価を発揮するカードなので単体では非常に扱いづらい。
しかし、その効果の関係上二つの炎との相性は抜群である。二つの炎自体もセットカードとして扱われるので、2つ目の効果のサポートにもなる。このカードを主力とする場合、二つの炎は必須カードと言ってもいいだろう。

  • 耐久力はそこまで高く無いので神霊の劫火で自身を決死状態にしても旨味が少ない。霊烏路 空/5弾とは違い、逆転の一手というよりはトドメの一撃や緊急回避用と考えておいた方がいいだろう。
  • 2011/03/28にテキスト修正が施行され、1つ目の効果が(自動β)から(自動γ)に修正された。細かい変更点だが挙動が全く違ってくるので注意したい。


公式Q&Aより

  • Q352.No.762 惨禍の閃光チームの自動γ効果で、相手プレイヤーの手札を選ばない場合でも、手札は対象になったものとして扱われますか?
  • A352.はい、扱われます。手札が0枚だった場合や、この効果のXが0だった場合でも、対象にはなっています。


関連