※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《即死》/用語・戦術


定義

10.8 即死
10.8.1即死は戦術である。
10.8.2即死の本来のテキストは以下の通りである。
10.8.2.a(自動γ)このキャラクターが相手キャラクターに戦闘ダメージを与えた場合、戦闘ダメージを受けた相手キャラクターを決死状態にする。
10.8.3耐久力を上回るダメージを与えた場合でも、ダメージの処理により、即死の効果によって決死状態にする。


コメント

キャラクターの所持する戦術のひとつ。
主に毒を持つキャラクターや強烈な一撃を繰り出すキャラクター、死を操る能力の西行寺 幽々子などが持つ。

即死を持つキャラクターから戦闘ダメージを受けると、決死状態となってしまう。

戦闘ダメージを与えさえすれば耐久力がどれだけ高いキャラクターでも決死状態にできるため、戦闘において非常に強力な戦術。
ただし(自動γ)であるため、効果の解決は戦闘ダメージの解決後となる。
先制と違い、この戦術を持つキャラクター自身を守ることは難しい。


この戦術を持つキャラクターは、戦闘によって相手キャラクターを決死状態にすることができない。
10.8.3
耐久力を上回るダメージを与えた場合でも、ダメージの処理により、即死の効果によって決死状態にする。
という総合ルールの一文にもあるように、(累計ダメージ)+(今与えた戦闘ダメージ)≧(耐久力)であった場合でもダメージ処理の段階で即死の効果が解決されるためである。
デメリットになりうる効果であるが、逆に言えば相手キャラクターの「戦闘によって決死状態になった場合」という効果を解決させないというメリット効果でもある。魅魔/7弾のような厄介な自動効果やルーミア/7弾スターサファイア/9弾のリクルート効果を無視出来るため、役立つ場面もあるだろう。

  • 当然ではあるが、攻撃力が0の状態では戦闘ダメージが与えられないので効果を解決できない。特に黒谷 ヤマメは攻撃力1なので八坂 神奈子/11弾あたりで無力化されてしまうため、注意。


関連


即死を所持するキャラクター(第十三弾現在)


即死を得る事が出来るカード