※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《エリー》

No.679 Character <第九弾
GRAZE(2)/NODE(4)/COST(2) 種族:妖怪

警戒

(自動α):
 あなたのノードが6枚以上の場合、〔このキャラクター〕は「戦闘修正:+2/+2」を得る。

(相手ターン)(1):
 この干渉終了時まで、〔このキャラクター〕が相手プレイヤーのスペルカード、コマンドカードの効果で決死状態になった場合、直ちにその決死状態を無効にする。その後、ターン終了時まで〔このキャラクター〕は「戦闘修正:+1/+1」を得る。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

攻撃力(3)/耐久力(3)

「人間がこんなとこきちゃだめよ」

Illustration:t2

コメント

初代大鎌持ちにして幽香の部下2号。
自身を強化する効果と除去耐性を有している。

スペルだけでなく、コマンド除去に対しても耐性を持ってはいるものの、相手ターンに限定されるため、基本的にコマンド除去に耐性を持っているとは考えない方がよい。ブロック干渉の除去で飛ばされないため、一応まったくの無意味というわけではないのだが、やはり万全とは言いがたい。
決死状態を無効化した場合にプラスの戦闘修正が入るものの、マイナスの戦闘修正による決死状態を無効化することは出来ない。そもそも効きもしないこのキャラに除去を撃つようなプレイヤーが早々居るわけもないので、この戦闘修正に関しては無いものと割り切ろう。
キャラクター効果による決死状態は防げず必要ノードも4であるため、西行寺 幽々子/5弾に対しては無力。10弾環境現在、幽々子をそこそこ見かけるので、扱う場合は気をつけたい。

上手く運用すれば5/5警戒という非常に高いスペックを秘めているものの、安定して6ノードを維持しなければならず、やや不安定。またそういった高いノードを維持するデッキにこのカードがマッチしているとは言いづらいのも厳しい所。
このカードと同様に4ノード2コストで警戒を持ち優秀な除去耐性を持ち、条件つきではあるが6/6になる紅 美鈴/9弾や、ノーコストで場にアクティブインしてデッキ操作もできる永江 衣玖/9弾などと比べるとやや苦しいが、除去耐性を上手に生かせば活路は見出せるかもしれない。

一応は元の攻撃力が3点なのでルーミア/7弾で呼び出す事も可能。ただ、ルーミアが軸になるデッキで、このカードのスペックをフルに発揮できるかは疑問が残る。除去耐性に優れる3/3警戒といえば、それほど悪くはないが、それほど魅力的というわけでもない。

どうにも中途半端な印象がぬぐえず、「帯に短く襷に長し」を地で行くキャラクターと言える。


関連