※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《姫海棠 はたて》

PR.047 Character <PRカード
GRAZE(1)/NODE(4)/COST(2) 種族:天狗

先制

(自動β):
 〔このキャラクター〕がプレイされて場に出た場合、〔あなた〕はカード名を1枚宣言する。〔相手プレイヤー〕はあなたの宣言した名称のカードが手札にある場合は以下の効果の1を、無い場合は以下の効果の2を解決する。

 1.手札にある宣言された名称のカード1枚を破棄する。
 2.手札を公開する。

攻撃力(3)/耐久力(4)

「私が出てきたからには文の新聞もここまでよ!」
(PR.064:「私がもっと面白く書いて新聞大会で優勝するんだから!」)

Illustration:黒鴉(PR.064:きゃっとべる

コメント

情報の遅さに定評がある(?)花果子念報の編集者。
念写を行う程度の能力を持つが、そのカメラの形状とキーワード入力という方法的にどう見ても…。

戦闘能力は射命丸 文/5弾と同じで3/4と先制持ちだが、こちらのほうが1コスト軽く、グレイズも1低い。このスペック「だけ」に用があるのならば、選択肢に入るかもしれない。
だが、能力はカード名の宣言から始まり、相手の手札にそれがあるかどうかで結果が分かれるギャンブルカードの一種である。ピーピングカードと組み合わせる他にも相手の動き方から手札を予測したり、使われたくないカード名を宣言したりしよう。

宣言したカードがあった場合は1の効果で、それを手札から破棄させることが出来る。確実に抜くならば他の方法で一度手札内容を確認してから行いたい。倫敦人形などサーチカードが豊富な今なら、相手がサーチしてきたカードを叩き落すという役割も持てる。

宣言したカードが無かった場合は2の効果により、相手プレイヤーの手札を公開させる。ただし、『公開』を条件に誘発する特殊効果を持つカードのトリガーになり得るため、外れても手札は見れるなどという甘い考えでいると、手酷いしっぺ返しを受けることもありえる。特にイリュージョナリィブラストには要注意。

外れると手札を見れる為、記憶『DNAの瑕』と組み合わせると手札を覚えている限りハンデスを行うことが可能になる。

  • 宣言が成功した場合手札を公開する必要は無い。
    • 破棄するカードは相手が選択するので同名異種カードが相手の手札に複数ある場合、思っていたカードを破棄する事が出来ない場合がある。
  • 読みは「ひめかいどう はたて」。


関連