※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《サボタージュの泰斗》

No.623 Command <第八弾
NODE(2)/COST(1)
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:呪符

【呪符】

(自動γ):
 〔このキャラクター〕はあなたのメインフェイズ開始時にスリープ状態になる。

(自動γ):
 〔このキャラクター〕はあなたのメインフェイズ終了時にアクティブ状態になる。

この休暇が、仕事の効率を上げるんだ

Illustration:ちるく

コメント

自分のメインフェイズが始まるとキャラクターがサボってスリープ状態になる。
メインフェイズが終わるとやる気を出してアクティブ状態になる。
この二つの効果のどちらに主眼を置くかで運用法が変わってくる、応用範囲の広い呪符コマンドカード

まずはスリープとなる効果から。
メインフェイズ開始時にスリープ状態になるため、何らかの手段なしには攻撃が行えなくなる。
これにより相手の大型キャラクターなどに貼って、攻撃を抑制できる。

次にアクティブとなる効果。
一つめの(自動γ)とは独立しているため、キャラクターがどんな手段でスリープ状態になったのだとしても、メインフェイズが終われば勝手に起きてくれる。なので、以下のような運用が可能になる。

1.アクティブフェイズでアクティブ状態になったキャラクターで、
2.メンテナンスフェイズ終了までにスリープ起動効果を使用する。
3.メインフェイズが終わると同時に再びアクティブ状態になり、
4.ディスカードフェイズに再度効果を使用する。

具体的には、1ターンに2回のマナチャージを行ったり、キャラクター効果を使用しながらブロッカーを残すことができたりする。まさに『この休暇が、仕事の効率を上げるんだ』ということ。

相手キャラクターに貼りつけるときはスリープ起動効果を持たないキャラクターに、自分の場に使うときはその逆を心掛けると安心。

  • 自動効果には干渉できない。このため「メインフェイズ開始時に、(自動γ)の発生に干渉し攻撃するorスリープ起動効果を使用する」などと言ったプレイングは不適正。


関連