※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《「反魂蝶」》

No.611 Spell <第八弾
NODE(5)/COST(0) 術者:西行寺 幽々子
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

 この効果の解決時、あなたの冥界にある「西行妖」の枚数により、以下の効果を解決する。

 ・3枚以下…〔ゲームから除外されているあなたの「西行妖」全て〕を
         裏向きにしてあなたのノードにアクティブ状態でセットしても良い。

 ・4枚…〔あなたのデッキ〕を全て見て、「西行妖」1枚を抜き出し、
      あなたの場にアクティブ状態で出しても良い。その後、デッキをシャッフルする。

 ・5枚…あなたの場に「西行妖」がいる場合、〔あなた〕はゲームに勝利する。

私、西行は人恋しさが募り、浮世を離れて花や月の情趣を共にする為、人間を造ってみようという気になった。 ~撰集抄

Illustration:ideolo

コメント

西行寺 幽々子のスペルカード
プレイヤーの冥界にある「西行妖」の枚数により効果が変わる。
中でも目を引くのは、一定の条件を満たしていればゲームに勝利するというもの。

3枚以下の場合、ゲームから除外されている「西行妖」をアクティブでノードにセットするというもの。
この効果はノード加速というよりもゲームから除外されてしまった「西行妖」を再利用できるようにするという意味合いが強いが、西行妖原初の闇で除外してこの効果で一気にノード加速するのも良いだろう。

4枚の場合、デッキから「西行妖」をサーチし、場にアクティブ状態で場に出すというもの。
西行妖、開花…と比べると西行妖/1弾を出す手段として優秀であり、また5枚ある時の効果を解決するための下準備としても便利である。
ちなみにキャラクターカードと指定されていないので西行妖、開花…を場に出す事も出来る。勿論キャラクターではないので戦闘に参加させる事は出来ないが、どうしても場に「西行妖」を出さなければならない状況ならば狙ってみる価値もあるだろう。

そして5枚あるときの効果は、そのプレイヤーの場に「西行妖」があれば勝利するというもの。このカードは主にこの効果を目当てて使うことになるだろう。
除去や冥界対策カードのことを考えると、冥界に西行妖西行妖、開花…を全て落としてこのカードをプレイし、さらに死霊の復活群青の祟り神を干渉でプレイする、というプレイングが望ましいか。
とはいえ、そこまで持っていくためには黄泉の舟香霖堂原初の闇等のサーチカードを使うなどそれなりに労力が必要である。



公式Q&Aより

  • Q189.カードの効果で本来場に表向きで存在する事が不適切なカードが場に出た場合や、場のカードに表向きでセットされることが不適切なカードがセットされた場合、それらのカードはどのように扱いますか?
  • A189.キャラクターカードと幻想生物の場合はキャラクターとなります。装備/場、世界呪符の場合は効果が有効になります。その他のカードの場合、そのまま場に残り続けますが、一切の効果を持たず、何の影響も及ぼしません。(参考:IR-5.4 IR-5.5 IR-5.6 IR-6.1.8)


関連


※名称に「西行妖」を含むカード

※特殊勝利効果を持つカード