※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《声符「梟の夜鳴声」》

No.519 Spell <第七弾
NODE(4)/COST(2) 術者:ミスティア・ローレライ
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:呪符

【呪符】

(自動γ):
 あなたのメインフェイズ開始時に、あなたの場で最も必要ノードが大きいキャラクターが、相手プレイヤーの場で最も必要ノードが大きいキャラクターの必要ノード未満の場合、〔このキャラクター〕を相手プレイヤーの場に移す。

(自動γ):
 〔このキャラクターにセットされている「梟の夜鳴声」〕が破棄された場合、〔このキャラクター〕を破棄する。

どこからともなく聞こえる梟の鳴き声に敵は翻弄される。
最後に待つのは気配無き一撃による安らかな眠りである。

Illustration:巫女街

コメント

ミスティア・ローレライのスペルカード

非常に軽いスペカ版離反工作だが、コントロールを奪うには条件がある上に、
場合によっては奪い返されるという不確定要素も同時に存在する。

第七弾発売直後の現在、最も多く選択されている大型キャラクターといえば
永江 衣玖であり、大きなエラッタでも出ない限りは選ばれ続けるだろう。
その彼女の指定ノードが8なので、これを超える指定ノードの持ち主を出せれば
自分ターン限定の離反工作として使うことが出来る。
しかし、この条件を満たすキャラクターはわずか3枚。いずれも癖が強く、
使いやすいバージョンが小型化して存在するため、このカードのためだけに
選択してしまうというのも難しいと思われる。

離反工作と決定的に違うのが、このカードが破棄された場合、セット先の
キャラクターごと破棄してしまう点。決死状態を飛び越えて破棄されるため、
解呪八坂 神奈子/5弾と合わせて強引な除去として機能させても面白いかも。
特に前者は、術者であるミスティアを据えれば、4ノード1コストで好きな相手キャラクターを除去できるため、軽量デッキの除去手段としては優秀かもしれない。


公式Q&Aより

  • Q239.「No.519 梟の夜鳴声」をセットしているキャラクターが手札に戻るなどの効果で場を離れる場合、「No.519 梟の夜鳴声」が破棄されることによりそのキャラクターは破棄されますか?
  • A239. はい、破棄されます。
    (参考:IR-11.3.3)


関連