購入前・旧作比較


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


プレイ前の準備

ゲームソフトと本体以外に必要なものは?

  • セーブにメモリーカードは必要ない(本体にセーブされる)ので、基本はソフトと本体だけでプレイ可能
  • ただし通信機能を利用するにはネット環境が必要

対応コントローラは?

3つ(縦持ち含めて4つ)のプレイスタイルに対応。要はWiiリモコンさえあればプレイ可能

  • リモコン…本体付属。基本は横持ちだが縦持ちも可能
  • リモコン+ヌンチャク…本体付属
  • クラシックコントローラ…別売り。製作陣推奨コントローラ

何れにせよ電池が必須なので、充電池の購入を強く勧めます。
シレンに限らず、Wiiを使用している限り充電池は必須と考えた方が良いです。

シレン3の仕様

通信機能は具体的に何ができるの?

  • シリーズおなじみの「風来救助」「番付」システム
  • ダンジョン内で通信し友達と道具を交換できる「サーバの壺」が登場
  • ただし、現時点では利用者数の問題か殆ど機能していない
  • 友人がいない限りまともにアイテムをやりとりすることは困難
  • 発売後に追加ダンジョンの配信を行う予定あり

Wiiの通信機能は、他にも本体の更新やバーチャルコンソール(VC)等で使いますので用意する価値はあります。
VCでは初代風来のシレンが購入可能です。興味がある人は買ってみるといいかも。

レベル継続らしいけどゲームバランス大丈夫?

  • イージーなら程よいバランスで進めるでしょう。
  • 過去作同様に、装備品をじっくり育ててラスボスを瞬殺するようなプレイもできます
  • ノーマルで全滅した場合、アイテムを全て失い、レベル継続でありながら経験値もダンジョン突入前の状態に強制的に戻されるという仕様です。
  • 以前のダンジョンに戻れない場所で全滅すると立て直すのに時間がかかります。
  • 予備のアイテムを用意しておくといいでしょう。
  • レベル継続とは言っても、シナリオクリアまでの難易度は過去作と比べて全く遜色のないもので、ケンゴウや亡霊武者といった嫌らしい敵も序盤から出現します。
  • シナリオクリア後はレベルリセット制ダンジョンが待ち構えています。

難易度による違いは?

イージー ダンジョンで倒れても、リセットすれば最後に記録した状態からはじまるので、アイテムロストの心配がない
初期アイテムに復活の草5個が追加
セーブデータに【易】のマークが付く
ノーマル ダンジョンに入るときに自動セーブがあり、リセットするとアイテムが消滅する

難易度の違いは上記のみ。敵の強さ等のゲームバランスは一切変化しません。
難易度選択後は途中変更変更不可(クリア後も同様に変更不可)
システム的にノーマルを選ぶメリットは微塵も無いのでイージー推奨です。

ボイスはあるの?あるとしたら声優は誰?

ありません。
今作に限らず現時点ではシレンシリーズにボイスを導入する予定は無いそうです。

セーブデータはいくつ?

最大3つまでです。
SDカードの使用、セーブデータの複製は不可能です。

二刀流時にそれぞれの武器をどちらの手に持っているかわかるの?

右手装備は「右」、左手装備には「左」のアイコンがつきます。

セーブはいつできるの?

ステージ選択画面でメニューを開けばセーブできます。これに加えノーマルモードはダンジョン突入時に強制セーブされます。
ダンジョン内ではいつでも中断セーブができるので長時間プレイする時間の取れない方でも大丈夫です。

キャラの行動順は?

基本は 操作キャラ→仲間→敵 です。
一部のモンスター?に限り、操作キャラと仲間の間に割り込んできます。

動作・モーションについて

  • 動作はしっかり剣を振ったり二刀流、武器によっては効果のエフェクトがあるため従来より遅いことが多いです。
  • ですが慣れるレベルでそこまで気になることもありません。
  • 歩き速度以外はトルネコ3よりもテンポが良くなっています。
  • アイテムを拾う動作はカット可能。
  • レベルアップ時の動作はカットできません
  • AB同時押しのターン経過の見た目が変更され、わかりやすくなった
    • 時計が表示され、針の回転速度で敵の接近が分かる
  • iダッシュが無くなった

操作性はどうなの?

  • 据え置き機なので携帯機のようなレスポンスの悪さはありません
  • コントローラは公式からクラシックコントローラを推奨されているので、実際リモコンではきついでしょう
  • クラコンでしか出来ない操作として視点変更があります

もっさりしてない?処理落ちとかロードとか

  • ほぼ気にならないレベルです。
  • 操作周りのレスポンスも上々でストレスを感じることはないでしょう。
  • 処理落ちというかモンスタ?ーの国士虚無僧の能力で履歴が大量に出て若干遅くなることがありますが
  • そこまでどのダンジョンにでも出るモンスター?でもないので実質処理落ち等もないといえるでしょう。
  • 町に入ったときのロードが若干ありますが旧作と比べても違いはありません。

階段やアイテムを吹き飛ばしの杖で吹き飛ばすことはできるの?

階段・アイテム・罠の吹き飛ばし効果はありません。

もっと不思議はあるの?

クリア後持込なしダンジョンはサヌキノ竹林?(30階)、ヲチミヅ峠?(50階)、ツヅラの迷宮?(99階)の3つがあります。
現時点では未定ですが、配信ダンジョンで補強される可能性もあります。

他の不思議のダンジョンシリーズとの仕様変更点(未検証情報含む)

全滅時の仕様

  • 持ち込み可ダンジョンで全滅した場合
    • 強制的にタイトル画面まで戻され、最終セーブから再開となります
    • ダンジョン内で起きたイベントは無かった事になります
    • 死亡時の番付も残りません
  • 持ち込み不可ダンジョンで全滅した場合
    • 救助を要請するか村に戻るかの選択しか出ず、その場でリトライする事ができません
    • こちらも死亡時の番付は残りません

敵の仕様

  • 取得経験値
    • トルネコ3同様レベル継続性だが、トルネコ3と違い経験値テーブル?はシレン旧作と同じ
    • 敵を倒した時の取得経験値はシレン達のレベルが高いほど減る
  • 敵の動き方が変わった
    • パコレプキンのようなフラフラ移動する敵がいなくなった
    • ポリゴンのようにワープして接近してくる敵がいなくなった
    • 敵と隣接しながら通路に逃げ込んでも追ってこないことがある
  • 透明なモンスター?が近づいても、通常モンスター?と同じターン経過の早さのまま
    • 特に理由もなく透明なモンスター?の存在を感知できるようになった
    • つまり、足踏みして何の前触れ無く先制攻撃されることが少なくなった
  • モンスタ?ーの行動ごとの優先順位がなくなった
    • 前回までは 移動→攻撃 だったが、今回は 攻撃→移動 もある
  • 倍速2回攻撃のモンスター?の2回目の行動は、全モンスター?の1回目の行動より絶対に優先されなくなった
  • ゲイズ系の催眠がトルネコシリーズでの催眠と同じになった。(装備品や壷を投げることがある)
  • コドモ戦車、ボウヤーは10マス以上離れると矢を撃たない
    • コドモ戦車は部屋の外に逃げてもしっかり追いかけて攻撃してくる
  • オヤジ戦車系は直線状にいないと大砲を撃たなくなった
    • 大砲の飛距離は無制限になった
  • 小サイズの部屋でもプレイヤーのいる部屋中に敵が沸く(恐らく仲間・竜脈システムによる仕様変更)
  • 高飛び草で同じ部屋に飛ぶことがある(敵沸き仕様と関係あり?)
  • モンスターハウス?に遭遇しても地獄耳(フロア内全ての敵がMAPに表示される)状態にならない

ダンジョンの仕様

  • 水たまりの床がなくなった
    • 水がめの水をかけても床は乾いたまま
  • 封じの床(ワナ・特殊?床参照)
  • 風の警告が3回に増えた
  • 風が吹いても明かり状態(マップが殆ど把握できる状態)にならない
  • 一定確率で壊れる罠が無くなった
  • 壺が割れたときによる中身のばら撒き、アイテムがアイテム等の上に落ちたときによる移動の落下でも罠が発動するようになった。(トルネコ3仕様)
    • 壺を割る際は要注意。
    • これを利用して敵を罠にかけることも可能。
  • 毒矢のワナはランダムな方向から飛んでくる(主に正面)
  • 店の商品を拾っても店主は通路をふさがない
    • 部屋を出ようとするとワープして精算を要求してくる
    • 店主の立ち位置が通路の横では無くなり、操作キャラとの場所替えも可能になった
  • 今までほぼ不変だった店・モンスターハウス?のBGMが一新された

アイテムの仕様

  • ギタンの価値上昇
    • ダンジョンごとにある程度、落ちているギタンの額が固定(中盤までは200程度)
    • アイテムの売値は買値の1/10か1/5
    • どちらの売値かはアイテムの種類による
    • 合成の壷 5000G→1500Gなど値段設定が大きく変わっている
    • クリア後の持ち込み不可ダンジョンは500~800ぐらい落ちているのでそこは問題ない
  • 修正値を下げる攻撃・ワナは1割程度の確率で対象装備品のメッキを剥がすことがある
    • 完全防御するにはサビよけの腕輪が必須ということになった
  • 腕輪の仕様
    • ヒビが入ったり壊れたりすることがなくなった
    • 武器や盾と同じように合成できるようになった
  • 祝福・呪い?に関する仕様(詳しくは祝福・呪い?参照)
    • 祝福された時の効果はアイテムごとに異なるようになった
      • 祝福された巻物でも1回読めば無くなる
      • 祝福された杖でも回数は減る(一部の杖は減らない)
    • 呪われた装備品はその印の効果が一切発動しなくなった(トルネコ3仕様)
      • 今回は装備品本来の能力も印として表示されるので、呪われた金の剣が錆びるといった現象も起きる
      • マイナス効果の印も発動しないが、おはらいの巻物が単体になったこと、また印が重要なゲームになったこともあり、持ち込み不可ダンジョンの序盤ぐらいでしか使えない
    • 祝福・呪い?状態の飛び道具は別扱いになり、通常品とまとめられない
    • 呪われた投擲武器は撃つこと自体ができなくなった
    • 呪われた壺はアイテムを入れられない。保存の壺はアイテムを出すこともできない
  • 壺の仕様
    • 今作の壺の最大容量は[7]。
    • モンスター?に壺をぶつけても中身が消滅せずに床に撒かれる(割れない壺とうっぷんの壺を除く)
    • 手封じの壺は壁を殴っても割れなくなり凶悪化
      • 敵を殴る、敵に殴られる、装備外しの罠を利用するという方式になった
    • 強化の壺は中身が限界値に達すると割れる(割りたくないなら直前に吸い出す必要あり)
  • 杖の仕様
    • 未識別/名前付きの杖(緑色)を振っても[-1][-2]等振った回数をカウントしてくれない
      • 未鑑定でも合成すれば回数だけは表示される
      • 同タイプの札は未鑑定でも枚数表示で差別化か
    • 杖の壁反射が無くなった(前2作に存在した仕様)
    • 杖の魔法弾で罠が見えるようになった(トルネコ3仕様)
    • 吹き飛ばしの杖で階段やアイテムが移動しない
    • 転ばぬ先の杖は回数分転倒を防ぐ杖になった
      • 回数0だと機能しない
      • ただし今回は竜脈で容易に回数が増やせる為、回数に困ることは殆ど無い
      • レア度も大きく下がり、回数が切れるまでに新品を拾える事も多いし、祝福も狙いやすい
      • 敵に杖の効果を与えても2ダメージのみで転倒しない
  • ぬれた巻物の仕様が変更
    • 巻物はぬれるとしばらく使えない
    • フロア移動時ランダムで乾き、白紙の巻物になる
      • これを利用してダンジョン内での白紙の巻物量産が可能になった
  • 矢は1束100本。それ以上所持すると新しい束が作られる
    • これに応じて壺が無くても複数の束を所持できるようになった
  • 大砲の弾の爆発でアイテムが消える仕様に戻った
  • にぎりへんげ系におにぎりを投げても必中ではなくなった
  • 焼きおにぎりも腐るようになった
  • 肉(ブフーのダンジョン)はデロデロの罠でくさった肉に。炎で焼けた肉に。
  • 印スロットの殖やし方
    • 白紙の巻物が入手しやすい為か、今作ではこれが異種合成対象外になった
    • 今作では鍛冶屋で10000G&指定された道具(ランダム)を渡すことで可能
  • 命中率
    • 命中率は92%(初代シレン・トルネコは87.5%、トルネコ3は92%)
    • トルネコ3と同じで回避率が高い敵(鳥など)がいる
    • 二刀流は通常時よりも命中率が下がり87.5%になる