使役法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 「誰かに何かをさせる」という文を作るときには、特別に、動詞の前に使役助詞を置いて表現する。
  • 使役助詞は、"kous"である。
  • 使役法においての主語は、使役させられる人間や物になる。
  • 使役させる方の人間や物は、前置詞"fe"と組み合わせて前置格で表す。
  • 直後の動詞をhaで否定すると、「~させないように仕向ける」となる。
  • kousを変形させて、"akos"とすると、「~させようとはしない」となる。

  • Kous lebesa fe painis.
 親が私に勉強させる。

  • Kous ha-nesa lisis.
 手紙を書かせてもらえない。
 lisis;名詞lis(手紙)の対格単数C形

  • Akos lemeso shertis fe magis lesae persek.
 私の先生は、無理やり本を読ませようとはしない。
 magis;名詞mag(先生)の前置格単数C形
 persek;副詞persek 無理やり。