※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

\sum _{k = 1} ^{n} k + 2
やる気=明確さ×良いリターン-明確さ×悪いリターン-明確さ×コスト


人の行動要因と相互作用を探る。

行動にいたるまでの流れ:
1.興味を持つ
2.やる気を持つ
3. 目標が形成される
4. リターンを見積もる
5. コストを見積もる
6. やる気を再構築して実行

大きなパラメータ:

現在の必要なパラメータ:


基本的な根幹をなすものはやる気
やる気さえ起これば人の行動したいものが見えてくる。
人を動かす一番の要因。

しかし体力がなければ行動できる範囲が決まってしまう。

体力がなければやる気も下がる。
ある程度の体力がなければやる気も沸かない。
金がなければやる気が下がる。
あればあるほどやりたいことがどんどん増える、可能性が増える。
ただしやれる範囲の体力がなければ行動範囲は決まってしまう。

前回の目標のリターンの度合いによりやる気が決定される。
失敗のリターンの場合はやる気が落ち込みやすい。


達成したあと。
  • 良いリターン
  • 残りの体力や金、人間関係により、新しい目標が構築されるまでの時間、目標規模が決まる。

前回よりも
  • コストが少なめ(人間関係を得た場合は新しく構築する必要がなくなるのでコストが減る)
  • リターンが多いか同等ぐらい(規模の大きいリターンの場合は同じようなものがすぐに出来る可能性が低い)
  • 失敗を軽視しやすい(無失敗思考とそれなりの失敗想定の2派に分かれる)
  • リターンの規模が大きいほど失敗を軽視しやすい
  • リターンを得るのが困難であった(成功しにくいのが成功した)ほど、失敗を軽視しやすい(有頂天状態を想定)
  • 成功が続けば続くほど、失敗を軽視しやすい(無失敗思考に陥りやすく、大損害発生の可能性が大きくなる)