※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


■東泉寺晶(とうせんじあきら)の声について


とにかく元気で明るい女の子。コミュニケーション能力は非常に高いですが、小さい頃から親とはうまくしゃべれないという一面も持っています。

声優やアナウンサーを目標にしていませんが、それらに興味をもって一緒に練習するシーンが少しあるので、地声の他に声優、アナウンサーと3パターン必要です。
(もしかしたらアナウンサー部分はカットするかも)
声優は素人にしてはうまくできるな~くらいの感じです。
いずれにせよ、声優やアナウンサーのセリフはそれほど多くありません。

基本、明るくハキハキしゃべってもらえればいいのですが、泣いたり、笑ったり、落ち込んだり、怒ったり、ツッコんだり、ちょびっとエッチだったり、甘えたり、他のキャラクターより若干感情表現が豊かですので、そのときどきの気持ちを汲んで演じてもらえればなと思います。

要求が多くなるかもしれませんが、よろしくお願いします。


【収録する際は()のファイル名で保存して下さい。】


※地声:基本、明るくハキハキしゃべる


  • 日常会話
(v_晶_日01.wav)
「おっはよう! ハ~ヤトン!」

(v_晶_日02.wav)
「ん~? ナルコがアニメが好きだって言うから、アニメのこととか色々教えてもらったの。知らないことばかりだから勉強になったよ~」

(v_晶_日03.wav)
「レッスン楽しみだよ~。ナルコ、今日はよろしくね!」

(v_晶_日04.wav)
「まあまあ、時候のあいさつはこのくらいにしてさ、アタシの話聞いてよ~。お願い! お兄ちゃん!」 ←お願い~はやや甘えた感じで冗談ぽく


  • 喜(日常と割と近いが、場面によりもっと体いっぱい喜ぶ感じ)
(v_晶_喜01.wav)
「ありがとう! じゃあじゃあ、リンコやナルコと一緒に声の練習しよ!」

(v_晶_喜02.wav)
「さっすが~、にぃには理解力があるね!」←やや冗談ぽく

(v_晶_喜03.wav)
「本当は蹴られて嬉しいくせに~。こういうの、ハヤトンのギョーカイじゃ『ご褒美です!』て言うんでしょ? ナルコから教えてもらったよ」


(v_晶_怒01.wav)
「うっさいわねこのホモキング! あんたなんか女装してアキバあたりを徘徊してデブオタクに犯されちゃえばいいのよ」←犬猿の仲のキャラクターとのケンカ

(v_晶_怒02.wav)
「しょうもないことすんな! てか、聞いてないし。最後まで聞いた後でいう台詞でしょ! ていうかいまどき小学生でもそんなことしないよ?」←ボケに対するツッコミです


(v_晶_哀01.wav)
「うっ、痛いよぉ。グスッ……」

(v_晶_哀02.wav)
「グスッ、やだぁ。動きたくない。もういいからどっか行ってよ~」←泣いて、ややすねてる

(v_晶_喜03.wav)
「お父さん、お母さん。ハヤトンをあんまり怒らないでください。ハヤトンはアタシの……アタシの大事な、友達です」

終盤、ボイスレターを親に送るということで収録中。ここは泣いてはいない。
ボイスレターでも両親と話すのが難しかったが、声優やった時のことを思い出し、真剣に演技してしゃべっています。


(v_晶_楽01.wav)
「なにそれ面白そう! アタシはなににしよっかな~」

(v_晶_楽02.wav)
「ねえねぇ、これなんかいいんじゃない? お魚さんの模様がカワイイよ!」


  • 叫び
(v_晶_叫01.wav)
「いっ、痛ひぃ~!!!!」

(v_晶_叫02.wav)
「ぎゃ~~~~!!!! ね゛こ゛か゛あ゛た゛ま゛に゛ぃぃ」 ←猫嫌いです


  • 驚き
(v_晶_驚01.wav)
「うっそ~~~~!」

(v_晶_驚02.wav)
「わ~おぉ!」



※声優:高圧的なキャラ(CDドラマの敵女幹部 ティアナ・ヴァルハラ・フォン・ヴィッセンシャフト) ※本番はセリフが変わります


  • 見下し
(v_晶_声見下し.wav)
「フン。見せる価値もない貧相な棒(デク)女には分からない世界だろうね。キサマはその短いスカートで女をアピールしないと少年と間違えられてしまうのだろう?」

  • 驚き
(v_晶_声驚.wav)
「なっ、この闘気はなんだ? こいつにこのような力がまだ眠っていたというのか?」

  • 必殺技
(v_晶_声必.wav)
「地獄に住む炎の魔人よ、われに力を捧げよ! ファイエル!」



※アナウンサー  ※本番はセリフが変わります カットの可能性もあります


(v_晶_アナ.wav)
「新東京都産業会館では、3月3日土曜日、午前10時から午後3時まで『ひな祭りフェスティバル』を開催します。」