343 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 05:31:05.54 ID:jrLvUqMno [26/56]

【7月5日(木)】

京太郎「いやー、昨日は楽しかったな」

憧「そうね、誰かと泊まるなんてすごく久しぶりだわ」

洋榎「ガースーからオモロイ思い出話もいっぱい聞けたしなー」

憧「私は和の写メとか見せて貰えたのが嬉しかったかな」

洋榎「……原村の写真ちょっと多すぎる気もしたけどな」 ジトー

京太郎「別に他意はないですから!」

憧「対抗して洋榎は姫松語り始めるし」

洋榎「姫松は美少女揃いやからな!」

京太郎「……まぁ、でもアレですね」

京太郎「目覚ましに携帯電話を使ってるなら、寝落ちする前に充電器にはぶっ刺してねるべきでしたよね……」

洋榎「二人揃って電池朝まで持たへんほど弄り倒したのがアカンかったな……」

憧「大会前の貴重な朝練って散々言われてたのにね……」 ゲッソリ

洋榎「テレビつけたらいいともやっとんで……」

京太郎「オヤジ達、俺を起こす間もなく慌ただしく出社してったな……」

憧(うっかり一つの布団で寝ちゃってたから気が動転して起こせなかったとかじゃ……)

349 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 05:43:17.01 ID:jrLvUqMno [27/56]

憧「うーん、もう授業はブッチでいいかなぁ」

洋榎「さすが元中退者、授業不参加に対する抵抗0やな」

憧「言っちゃ悪いけど、清澄レベルの問題なら問題集買って3日も集中すれば追いつくし」

京太郎「憧ちゃん頭よかったんだ……」

洋榎「晩成行けそうやったっちゅーのは伊達やないな……」

憧「二人はどうするの?」

洋榎「監督公認やないから、授業出た扱いにはならへんけど」

憧「まあ、大会前にやりたいことやるなら今がチャンスって気がしなくもないわね」

洋榎「どっちにしろ久達には土下座コースやし、一人でゲザるより皆でゲザった方が気が楽やからな」

洋榎「ウチはガースーに付き合うで」

憧「んじゃまぁ私も泊めてもらう恩があるし、京太郎に従うわ」

京太郎「うーん……」



どうする?  >>353


368 名前:こんだけレスつくと安価どんだけ先に飛ばすのがいいのかさっぱりわからんw[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 05:50:12.97 ID:jrLvUqMno [28/56]

京太郎「せっかくだし、姫松に行きましょうか」

憧「へ?」

京太郎「末原さん達、俺のせいで試合出られなくなったみたいですし……」

京太郎「清澄には必要な戦力ですよ」

洋榎「そうは言うけどな、ガースー……」

洋榎「ウチとしては、ああやって送り出してもらった手前、ちょーっと勧誘しづらいかなぁって……」

憧「っていうか、長野から大阪って、練習までに戻って来れる距離じゃないわよ」

憧「今日の練習サボって大阪まで行くの?」

京太郎「>>368」

371 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 05:51:08.63 ID:jrLvUqMno [29/56]
すまんやらかした再安価>>373

385 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 06:01:03.68 ID:jrLvUqMno [30/56]

京太郎「せやせや。練習は休む!!」

憧「言い切った!!」

洋榎「うう……何か行きにくいわぁ」

京太郎「あ、別に無理しなくてもいいですよ」

京太郎「最悪一人でも、いちごちゃんに案内してもらいますから」

洋榎「い、いちごちゃん!?」

京太郎「あ、佐々木さんのことですよ」

洋榎「いや、そうやのうて、いつの間にそんな呼び方……」

京太郎「いや、メールで間違えられるとアレだから下の名前で呼んでって言われたんで」

洋榎「……あいつ今度泣かせちゃる」

京太郎「え?」

洋榎「別に。ただちょっと最近阪神ざまぁとかいうメールしこたま送ってきとるから張り倒さなアカンなと思っただけや」

394 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 06:11:07.65 ID:jrLvUqMno [31/56]

憧「私も迷うところね……」

憧「しずを差し置いて晩成の人に会っちゃったら気まずいし……」

洋榎「ああ、あのサルもそういや元阿知賀やったな」

憧「それに洋榎と違って私はまだまだ練習しなくちゃいけないからね……」

憧「嫌な言い方をしちゃえば、引きぬかれた人に追いやられる最有力候補なわけだし」

憧「そう考えると残って練習してたくはあるんだけど……」

京太郎「強豪校の練習見るのは大事じゃない?」

憧「それも一理あるのよねえ、しずも永水で守備職人になったわけだし……」

京太郎「……まあ、二人共無理強いしないし、ご飯食べたら答え聞かせてよ」

憧「……うん」

洋榎「わかったわ」

399 名前:安価はいずれも「行く」「残る」の二択。それ以外は安価下[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 06:16:38.77 ID:jrLvUqMno [32/56]

京太郎「ごちそうさま!」

憧「はいどうも」

洋榎「いやー美味かったわ」

京太郎「憧ちゃん料理ホントに美味いんだね」

憧「っていっても最低限しか作れないんだけどね」

洋榎「しかし人様ン家でご家族おらん状態で飯食うって不思議な感じやわ」

憧「確かにねえ」

京太郎「はは……」

憧「…………」

洋榎「…………」

京太郎「…………」

憧「あー……大阪、なんだけどさ」

憧「私、>>400」

洋榎「……ウチは、>>403や」

409 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 06:29:19.85 ID:jrLvUqMno [33/56]

憧「私行くわ。何だかんだで恩義はあるわけだし」

憧「あんまり晩成の亡霊にこだわってるばかりじゃ駄目だしね」

洋榎「ウチも行くで」

洋榎「そら正直今更清澄一緒に来んかなんて言いづらいけど」

洋榎「……でもだからって、ウチのいないところで勧誘される方がイヤやわ」

洋榎「ちゅーわけで、ウチも一緒にイカせてや」

京太郎「よし、じゃあ3人で行こう」

憧「特に荷物はいらないわよね?」

洋榎「ぶらり旅みたいで楽しくなってきたな!」

憧「私は大事な大会前にぶらり旅なんてしてていいのか不安になるけどね」 フー

京太郎「ま、とにかく、練習サボって行くんだから、元を取れるよう色々するぞー!」

洋榎「おー!!」

410 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 06:31:30.71 ID:jrLvUqMno [34/56]

[駅]

京太郎「…………」

洋榎「…………今回、部費にならへんのよなぁ」

京太郎「い、一応領収書を切るとして……」

京太郎「問題は、新幹線代出すと相当厳しいってことだ……」

洋榎「最近豪遊が過ぎたな……」

憧「ああ、もう、いいわよ。私が出す」

京太郎「え」

憧「家賃代わりよ。ホラ、洋榎の分も」

洋榎「お、おう、すまんな」

憧「全く……ちゃんと堅実に先を読んでいざって時のための貯蓄をしておくって大事よ」

洋榎「……肝に銘じとくわ」

414 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 06:39:56.48 ID:jrLvUqMno [35/56]

[新幹線内]

憧「あ、そういえば、部活休むってメールした?」

京太郎「あ」

洋榎「そーいやウチ、起きてから充電してへんで」

憧「え?」

憧「じゃあどうやってその姫松の人達と連絡取るのよ」

洋榎「……げ、現地行ったら何とかなるやろ」 震え声

洋榎「ウチ実質顔パスみたいなもんやから」

憧「有名だからこそ他校に引きぬかれた者として速攻バレると思うんだけど……」

ピピピッ

ピピピッ

憧「……何の音?」

ピーーーーーーッ

京太郎「飯の間しか充電してなかったから電池が切れた……」

憧「ちょ……それじゃあ休みの連絡入れられないじゃない……」

京太郎「ま、まあ、どうせもう朝練もサボってるから……」 震え声

憧(ホントに大阪来て大丈夫だったのかしら)

419 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 06:47:22.59 ID:jrLvUqMno [36/56]

[新大阪]

洋榎「いやーひっさしぶりやで新大阪」

京太郎「いやほんと、えらい久しぶりな気がしますね」

憧「いや、アンタらほんの数日前まで大阪居たでしょ」

洋榎「…………ん?」

憧「どうかした?」

洋榎「あっちの改札におるのって……」

ちゃちゃのん「~~~♪」

洋榎「何でアイツおんねん……」

京太郎「ああ、電池切れる前に末原さんとか勧誘しに大阪行くからバッタリ会うかもねってメール送ったからかな……」

憧「まだ授業とかしてる時間じゃないの?」

京太郎「俺らは人のこと言えないけどね」

洋榎「面倒から放置して違う改札使おかー」

憧「え、ひどっ!」

洋榎「それがええて。アイツ連れてくとクッソ面倒になるで」

京太郎「うーん、どうしよう?」



ちゃちゃのんと接触しますか?放置して行きますか?  >>422

429 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 06:52:44.58 ID:jrLvUqMno [37/56]

京太郎「さすがに可哀想だし、ちょっと行ってくるよ」 タッタッタッタッタッ

憧「……いいの、止めなくて」

洋榎「ええよ、ガースーなら放置せぇへん気はしとったし」

憧「本命の余裕、か」 ボソッ

洋榎「ん? 何か言うたか?」

憧「べっつにー」



京太郎「いーちーごちゃんっ」 背後からぎゅっ

ちゃちゃのん「ひぁあ!?」



洋榎「な、なななななななぁ!?」

憧(……前言撤回しておこうかな)

433 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 06:58:50.93 ID:jrLvUqMno [38/56]

ちゃちゃのん「な、なに!? なんじゃ!?」 アワアワ

京太郎「あれ、大阪とかのフランクなノリ、再現間違えた?」

ちゃちゃのん「もう、いきなりハグとかそんなん考慮しとらんよぉ……」

京太郎「いやー、驚かせようと思って」

ちゃちゃのん「驚きすぎて心臓止まるかと思っt――――」

洋榎「そんなにお望みやったら心臓止めたらー!!」 ステミタックルッ

ちゃちゃのん「あいたーーーーーッ!?」 ドガッゴロゴロ

憧「うはー綺麗に転がったわね……」

ちゃちゃのん「な、何をするんじゃいきなりィ!」

洋榎「こっちのセリフじゃボケー!!」

洋榎「ついてそうそうウチの貴重な戦力に色仕掛けとか喧嘩売っとんか!!」

ちゃちゃのん「いやハグしてきたのそっちからじゃよ!? ちゃんと見とった!?」

438 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 07:12:57.64 ID:jrLvUqMno [39/56]

京太郎「それで……よかったんですか、わざわざ抜け出してきて」

ちゃちゃのん「いいんじゃよー、微妙に居場所なくて暇を持て余しちょったし」

洋榎「大義名分ないと抜ける勇気がないとかどんだけチキンやねん」

ちゃちゃのん「しょうがないじゃろ、ちゃちゃのんじゃって千里に馴染みたくないわけじゃないんじゃから!」

憧「それで……わざわざ来て下さったってことは、何か情報とか持ってるんですか?」

ちゃちゃのん「へ?」

憧「いや、だから、探してる姫松の人らがどこにいるかとか、どんな状況だからどうしたらいいかとか……」

憧「そういうのを持っているからわざわざ来てくれたのでは?」

ちゃちゃのん「え、あ、ああ、アドバイス?」

ちゃちゃのん「アドバイスとか情報ね、ええと……」

憧「……」

洋榎「……」

京太郎「……」

ちゃちゃのん「……」

ちゃちゃのん「……>>442」

451 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 07:23:43.74 ID:jrLvUqMno [40/56]

ちゃちゃのん「……末原さん退部したらしいで」

洋榎「はあ!?」

京太郎「え、嘘!?」

ちゃちゃのん「千里の部員が話しとったん聞いただけなんじゃけどね」

ちゃちゃのん「その……」 チラッ

京太郎「?」

ちゃちゃのん「色々、あったそうじゃ」

憧(……エースの洋榎を奪われた責任を全部押し付けられて、それにめった打ちにされた精神的ショックが重なって、ってとこかな)

憧(そりゃ、言えないわよねえ)

459 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 07:35:27.94 ID:jrLvUqMno [41/56]

ちゃちゃのん「……そこに加えて先日の大怪我じゃけぇ」

憧「ケガ?」

京太郎「ああ、うん。世紀末藪医者にボッコボコにされたみたい」

憧「よくわかんないけどよくそんな状況の人を引き抜こうなんて思ったわね……」

洋榎「恭子のヤツ……辞めるなら辞めるでウチに相談くらいしてくれたってええのに……」

京太郎「気を使ったんじゃないですか?」

京太郎「あの日の見送りとか見てると、結構洋榎さんには気を使ってくれてるみたいでしたし」

洋榎「せやろか」

京太郎「そうですよ」

憧「退院とかも連絡はもらってないの?」

洋榎「そうなんよ」

洋榎「漫の奴も気を使ってんのか、『大丈夫なんで大会に集中してください』としかメールくれへんかったしなぁ」

ちゃちゃのん「どうするん? 病院探すのもガッコ行ってみるのも手としてはあるけど……」

京太郎「そうだな、ここは>>462」

469 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 07:42:55.06 ID:jrLvUqMno [42/56]

[姫松]

洋榎「久しぶりやなぁ姫松」

ちゃちゃのん「相変わらず大きいのう」

憧「……で、今見事に授業中なわけだけど……」

憧「どうやって中に入るの?」

洋榎「そりゃこう、足を前に踏み出して……」

憧「そーいうことじゃなくて」

京太郎「確かに、放課後ならこっそり入れそうではあるけど……」

憧「授業中の教室覗きこむなんて真似してたら速攻捕まりそうだけど」

洋榎「ふむ、ここは姫松に詳しいウチに任せとき!!」

京太郎「おお、頼もしい!!」

洋榎「ここは>>473」

479 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 07:50:36.65 ID:jrLvUqMno [43/56]

洋榎「この制服を着るんや!!」

ちゃちゃのん「通ってる高校でもないトコの制服持ち歩いてるとか引くのう……」

洋榎「こないなこともあろうかと持ってきとっただけや!!」

洋榎「ちゅーても、冬用は実家に置きっぱなしやったからなぁ」

洋榎「2着しかあらへん」

京太郎「じゃあ俺待ってるよ」

京太郎「二度と女装したくないし」

憧「……私も待ってようかなぁ」

憧「ここで不法侵入がバレて実家に連絡行きでもしたらシャレにならないし」


481 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 07:52:23.13 ID:jrLvUqMno [44/56]

洋榎「え、アカンてそんなん」

洋榎「ウチ佐々木には制服貸したくないんやけど」

ちゃちゃのん「ひっど!!」

洋榎「だってなんかもみじ饅頭臭くなりそうやん」

ちゃちゃのん「もみじ饅頭言うほど独特の匂いとかしないから!!」

ちゃちゃのん「ていうかちゃんと洗濯して返すって」

洋榎「お前嗅ぎそうやもん」

ちゃちゃのん「か、かぐわけないじゃろっ!!」

憧「ふ、二人とも、あんまり騒ぐとまずいからそのへんで……」

487 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 08:00:34.48 ID:jrLvUqMno [45/56]

洋榎「でもどうすんねん、このままやと誰が行って誰が残るか決まらんぞ」

ちゃちゃのん「じゃあもう京ちゃんに決めてもらえばええんじゃ?」

洋榎「……京ちゃん?」

ちゃちゃのん「何か学校でそう呼ばれちょるっちゅーから」

洋榎「…………」

憧「はいはい脱線しない」 パンパン

憧「で、京太郎。どうする。2人までしか姫松には入れないけど」

憧「誰と誰が行く?」

洋榎「え、ウチは確定とかじゃないん?」

憧「まあ、一応ね」

京太郎「>>491」

500 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 08:10:54.59 ID:jrLvUqMno [46/56]

京太郎「洋榎さんといちごちゃんの仲良しコンビで」

洋榎「誰が仲良しコンビやねん!」

ちゃちゃのん「そうじゃよー、ちゃちゃのん達は水と油じゃ」

洋榎「むしろ生命の水とアポリオンって感じやで」

ちゃちゃのん「そうそう、明日のナージャと笑っていいともみたいなもんじゃ」

洋榎「メントスとコーラみたいなもんやで、混ぜるな危険」

ちゃちゃのん「そうそう、二種類の洗剤みたいなものじゃ」

洋榎「酢豚とパイナップルやな。勿論ウチがメインの酢豚で佐々木はいらない子のパインや」

ちゃちゃのん「キングボンビーがスベタでちゃちゃのんがバインバイン?」

洋榎「難聴か!!」

京太郎「楽しそうだなお前ら」

506 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 08:20:24.69 ID:jrLvUqMno [47/56]

京太郎「とりあえず着替えたら?」

ちゃちゃのん「着替えたら……って言われても……」

憧「どこで着替えるのかって話しよねえ」

洋榎「……まあ、着替えに適した場所がないでもないけど……」 チラッ

京太郎「ん?」

洋榎「…………」

洋榎(ガースー近くにおる状況で野外着替えはちょっとなぁ……)

憧「……ん、私は京太郎と人が通りかからないか見張ってるから」

憧「二人はその死角になるってスポットで着替えてきて」

憧「私は二人の近くで声かけられるようにスタンバるから、京太郎は割りと離れた場所で見張りをして」

憧「人がこっちに来そうだったら手でも振ってくれたらいいから」

京太郎「了解、行ってくる」 スタスタスタ

憧「……」

洋榎「すまんな」

憧「いいわよ気にしなくて」

憧「そのかわり早く着替えてよね」

ちゃちゃのん「へー姫松の制服ってこんななっとるんやーふへー」 オメメキラキラー

509 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 08:29:33.77 ID:jrLvUqMno [48/56]

ちゃちゃのん「えへへー、どう?」 クルクルー

京太郎「おお、似合ってる!」

ちゃちゃのん「へへー、アイドルはどんな服来ても似合うんじゃよー」

京太郎「ほほう、さすが……!」 ジロジロー

洋榎「……」 ムスー

憧「……」

憧「洋榎もすっごく似合ってるわよ、まるでほんとの生徒みたい」

洋榎「いやいらんからねそういうフォロー」

洋榎「ちゅーかほんとの生徒だったことのが長いし」





514 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 08:34:03.15 ID:jrLvUqMno [49/56]

洋榎「とりあえず行ってくるわー」

京太郎「いってらっしゃ~い」

ちゃちゃのん「お土産こうてくるよー」

憧「そういうボケいらないからホンットーに気をつけてね?」

洋榎「わあっとるわ、ホームグラウンドやで」

ちゃちゃのん「うん、胸がきつくて歩きにくいけど頑張ってくるけぇ」

洋榎「何なら今すぐボタン全部外して放り出したろか」

ちゃちゃのん「そんなセクシーなことしたら姫松の男子全員悩殺してまうからいかんのう」

洋榎「カーッ、ペッ!」

憧「……」

憧「ね、ねえ、京太郎……」

憧「ほんとにあの組み合わせでよかったの?」

京太郎「……自信なくなってきた」


521 名前:スレの本編に出たことないくせに雑談で頻繁に出てくるキャップ。サンキューキャップ。[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 08:40:58.27 ID:jrLvUqMno [50/56]

憧「……そういえばさ」

京太郎「ん?」

憧「末原さんって人、打ち込んだんでしょ」

京太郎「まぁ、一応」

憧「で、三箇牧でも大活躍と」

京太郎(三振めっちゃしたけどね)

憧「……あのさ」

憧「よかったら、待ってる間暇だし、打撃について教えてよ」

憧「こっちで勧誘してくなら、自分の仕事を見つけるためにもやれることは増やしておきたいし」

京太郎「……おっけ」

京太郎「憧ちゃん、勉強熱心だねぇ」

憧「……熱心になりすぎなくらい熱心でも簡単に行けるわけじゃないトコロを目指してるんだもん」

憧「そりゃあ、ね」

525 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 08:46:52.94 ID:jrLvUqMno [51/56]

[姫松高校校内]

洋榎「なっつかしいなー姫松」

ちゃちゃのん「結構いい設備じゃのう」

洋榎「せやろーさすがやろー!」

ちゃちゃのん「ま、家老渡や千里山に比べたらアレじゃがのう」

洋榎「何やとォ?」

新田「そこ! 何を騒いでる!」

洋榎「げ、生活指導……!!」

ちゃちゃのん「……今気付いたんじゃけど……」

ちゃちゃのん「生徒と見られるような格好で授業中にうろつくって、また別の意味で大問題になるんじゃあ……」

洋榎「アホなこと言っとらんで、逃げるで!!」 タッタッタッタッタッ

ちゃちゃのん「ちょ、待ってよぉ! 手を引いてくれるとかしてもええじゃろうがー!」 タッタッタッタッタッ


527 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 08:49:26.56 ID:jrLvUqMno [52/56]

 ・ ・ ・ ・ ・ ・

洋榎「……行ったか?」

ちゃちゃのん「……の、ようじゃ」

洋榎「しっかしようこんな所に隠れるなんちゅー発想が出てきたな」

ちゃちゃのん「ふふふ、学校で見つかりにくい場所については熟知しちょるけえ!」

ちゃちゃのん「…………」

ちゃちゃのん「自分で言うちょってちょっとばかし傷ついたわ……」

洋榎「ホンッマ面倒くさいやつやなお前」

529 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 08:53:23.09 ID:jrLvUqMno [53/56]

ちゃちゃのん「とりあえずチャイムが鳴ったから休み時間じゃのう」

洋榎「つっても逃げる時確認した限りじゃ、恭子教室におらんかったしなぁ」

ちゃちゃのん「花瓶のお花を置かれたクラスがなかったことが救いじゃな……」

洋榎「せやからウチらが捕まえるべきは――――」

漫「あれ、何してはるんすか!?」

洋榎「よう、漫ちゃん」

ちゃちゃのん「ああ、あの時の」

漫「あ、その節はお世話に……」 ペコリ

ちゃちゃのん「いえいえこちらこそー」 ペコリ

漫「で、ここまで何しにいらしたんですか?」

漫「服まで姫松のですし」

洋榎「……ちょっと恭子に会いにな」

洋榎「今どうしとるん?」

534 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/06(金) 08:59:14.16 ID:jrLvUqMno [54/56]

漫「そ、それが……退院はしたんですけど色々あって……」

洋榎「……やめた……って聞いたで」

漫「……はい」

漫「色々な不幸が重なってもうて……」

漫「それでも今でもロードワークはしてるみたいですし、まだ野球に未練があるんやと思います」

洋榎「ふむ……」

漫「厚かましいお願いですけど……よかったら、末原先輩何とかしたってください」

ちゃちゃのん「うん、よくわからないけどちゃちゃのんも協力するけぇ」

洋榎「ま、ウチとしても恭子に塞ぎこまれたないしな!」

漫「よかった……少しでも早く復帰してほしいですからね」

漫「今の時間は、盗難事件で学校休みだとか言って、あの荒川憩が末原先輩に直々に会いに来てくれてるんですよ」

654 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 17:35:12.73 ID:CBvrYil5o [2/36]

洋榎「へえ、荒川憩が……」

漫「何でも、主しょ……洋榎先輩がいるからって姫松はチェックしていたみたいで……」

漫「その時目に止まった末原さんが野球をやめそうだって聞いて様子を見に来てくれたんだとか」

洋榎「はっはっはー、せやろーせやろー、やっぱり荒川憩のライバルっちゅーたらウチやもんな!」

ちゃちゃのん「ていうか憩ちゃん元気でよかったわー」

ちゃちゃのん「最近メールくれへんから心配しとったけぇ」

洋榎「嫌われとるんやろ」

ちゃちゃのん「そ、そがぁなことないもん!!」

洋榎「……まぁ、アイツ元からメール不精やからなぁ」

洋榎「河原で1球勝負しようやってメールしても3日後くらいに『ごめん寝てた』って返ってくるし」

漫「冬眠じゃないんだから……」

ちゃちゃのん「嫌われとるんじゃろ」

洋榎「そ、そんなわけあるかい! ライバルやでウチらは!!」

656 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 17:48:31.70 ID:CBvrYil5o [3/36]

洋榎「とりあえず恭子に会わないとな」

漫「末原先輩でしたら家ですよ」

ちゃちゃのん「あ、学校来てないん……?」

漫「……まだちょっと学校自体色々と荒れ気味なもので……」

洋榎「……悪いな」

漫「しゃーなしですよ」

ちゃちゃのん「末原さん、大丈夫やろか……」

漫「今朝様子見に行った時は普通にしてましたけど、ちょっとまだ無理してる感がありましたね……」

漫「その後メールで荒川さんが会いに行きたい言うてはったから昼休みに抜けて案内したばっかです」

洋榎「何でお前がケータイ番号知っとんねん」

漫「あ、えと、ホームラン打ったあの試合の後その日の投球について意見聞きたいから連絡くれって言われてアドレス渡されまして……」

洋榎「なんでやねん! ウチは自分から聞き出したっちゅーんに!」 グリグリ

漫「あああ八つ当たりぃ~~~」

657 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 18:00:26.72 ID:CBvrYil5o [4/36]

ちゃちゃのん「それはともかく……」

洋榎「ともかくゥ!?」

ちゃちゃのん「末原さん家、知っとるん?」

洋榎「そらそうよ」

洋榎「ウチと恭子はマブダチやで」

ちゃちゃのん「意外じゃのう……」

ちゃちゃのん「てっきり学校で絡む分には面白いけど面倒だから家は教えない、とかされとるかと思ったんに」

洋榎「よーし喧嘩やな上等や屋上出ろ」

漫「まぁまぁ……」

漫「あ、あと1時間ほど待ってくれたらウチも行きますよ」

ちゃちゃのん「……どうする?」

洋榎「うーん……どうせサボっとるからゆっくりすべきか、少しでも早く長野戻るためにはよ恭子ンとこ行くべきか……」

洋榎「まぁ、そのへんはちょっくらガースーに聞いてくるわ」

ちゃちゃのん「チャイムも鳴ったしのう」

漫「じゃあ授業行きますんで、どうなったかはメールで教えて下さい」

洋榎「了解~」