※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

661 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 18:08:49.27 ID:CBvrYil5o [5/36]

[末原家]

憩「……そう、そんなことが」

恭子「…………」

憩「大変だったね」

恭子「……自分が、弱いせいやからしゃーなしではあるんですけどね」

憩「須賀君って言ったっけ、その人」

恭子「ええ……」

憩「……ねえ、末原ちゃん」

憩「その人より強くなりたい?」

671 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 18:26:16.63 ID:CBvrYil5o [6/36]

[姫松高校校門前]

憧「……やっぱどうやっても四球誘発なんて出来ないわよ、玄じゃあるまいし」

京太郎「うーん、だめか……」

京太郎「でも選球眼自体はいいんだね」

憧「目はいいのよ」

憧「昔はそれを生かしてギリギリまで引きつけたりしてたんだけどねぇ」

憧「今はバッティングが衰えちゃってるからね」

憧「それでもアンタの四球選びのアドバイス聞いてたら、少し自信出てきたけど」

憧「どうせ下位打線だろうし、粘り打ちでも身に着けて相手を疲弊させるように努力しようかしら」

672 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 18:35:09.46 ID:CBvrYil5o [7/36]

洋榎「ただいま帰ったでー」

京太郎「おかえ……って、いちごちゃんめっちゃ息切れてるけど……」

ちゃちゃのん「ど、どうどう帰ろうとしたら……また生活指導の人に……」 ゼーゼー

洋榎「あいっかわらずスタミナ言うほどないやっちゃなぁ」

京太郎「で、どうでした」

洋榎「恭子は家におるらしいわ」

洋榎「漫ちゃんも授業終わったら行く言うてたけど……」

洋榎「どないする? 先行ってまうか?」

京太郎「>>674」

680 名前:外野は尚逸に空目。疲れてんのか俺。[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 18:48:01.27 ID:CBvrYil5o [8/36]

京太郎「先んずれば人を制す……や!」

洋榎「せやな、そういうと思っとったで!」

ちゃちゃのん「じゃあさっきアドレス教えてもらっといたから漫ちゃんにメールしとくけぇ」

ちゃちゃのん(えへへー、またアドレス帳増えたけぇ、ついてきてよかったぁ♪)

憧「あ、家に上がるなら菓子折りとかいるかしら」

京太郎「長野のお土産買ってくるべきだったかな」

洋榎「ええやろ別に、ウチ遊びに行き慣れとるし」

憧「そういうわけにはいかないわよ」

憧「とりあえずデパートに寄ってから行くわよ」

洋榎「めんどくさぁ」

ちゃちゃのん「あ、じゃあ、デパートは遠そうじゃし、フルーツでも買ってったら?」

ちゃちゃのん「それならスーパーでええから時間かからんじゃろ」

京太郎「そうだな、そうしよう」

洋榎「……メロン買うほど余裕ないで、ウチ」 ショボン

憧「……いいわよ、言い出しっぺの私が出すから」

684 名前:相手は尚逸に空目、の間違いやったわ[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 18:50:23.39 ID:CBvrYil5o [9/36]

[スーパー]

京太郎「メロン発見!」

ちゃちゃのん「夏はやっぱりスイカだと思うがのう」

洋榎「まぁ適当でええんちゃう?」

???「……?」

???「あれは……」 コソコソ

洋榎「はよせんと恭子待たせてまうし、荒川憩帰ってまうで」

???「!」

???(末原恭子さんに会いにきたんだ……)

???(荒川憩さんに切り上げて撤退するようメールしておかなきゃ)

687 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 18:55:01.01 ID:CBvrYil5o [10/36]

[末原家]

憩(メール……)

憩(……残念だな、末原ちゃんとは仲良くやれそうやったんに)

憩「ごめんね、いきなり無理言うて」

恭子「ウチこそすんません、ワガママ言うてもうて」

憩「気にせんといて」

憩「……もし、私達の所に来ようって思ったら、メールして」

恭子「はい」

憩「それじゃ、そろそろ帰らないといけないから」

恭子「あ、送りましょか?」

憩「大丈夫」

憩(走って撤退しなきゃいけないし)

憩(それに……須賀君達の時は不在でしたってのもフェアではないしね)

恭子「それじゃ、わざわざありがとうございました」

憩「こっちこそ、急に来たのに歓迎ありがとう」

憩「それじゃあ――――またね?」 タッタッタッタッタッ

694 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 19:04:08.47 ID:CBvrYil5o [11/36]

ピンポーン

恭子「……誰やろ」

恭子「荒川さん忘れ物でもしたんやろか?」

恭子「はいはい今開けるでー」 ガチャッ

洋榎「よ、元気?」

恭子「……何してはるんすか」

洋榎「あれ、何かリアクション冷たない?」

恭子「大会目前なんですよ、こんなところで油売ってる場合じゃないでしょう!」

洋榎「や、ほら、荒川憩もおるって聞いたし、視察も兼ねてやな……」

恭子「荒川さんならついさっき帰りましたで」

洋榎「嘘やん!?」

恭子「今から走れば追いつけるかもしれませんけども」

憧「え、どうすんの、追うわけ?」

洋榎「え、そ、それは……>>697」

704 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 19:08:25.25 ID:CBvrYil5o [12/36]

洋榎「追いかけろ!」

憧「は?」

洋榎「漫が来るし恭子の激励に来たんやから、さすがにウチが行くわけにはいかんやろ!」

憧「むしろいろんな意味でアンタが行くべきじゃ……」

憧(この事態を引き起こした戦犯なんだし)

ちゃちゃのん「あ、じゃ、じゃあちゃちゃのん行ってくるけぇ!」

ちゃちゃのん「憩ちゃんとは友達じゃし!!」

京太郎「どうしよう、いちごちゃん一人で行かせて大丈夫かな……」

洋榎「ほんなら>>705(複数可、ちゃちゃのんの名前入らなかったらちゃちゃのんも留守番)が追いかけたらええやん」

717 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 19:15:39.05 ID:CBvrYil5o [13/36]

洋榎「ガースーちゃちゃのんが追いかけたらええやん」

ちゃちゃのん「!!」

ちゃちゃのん「言うた? 言うた? 今ちゃちゃのんのことちゃちゃのん言うた!?」 キラキラ

洋榎「言うてないわ聞き間違えやろ!」

ちゃちゃのん「絶対言うたて!」

洋榎「あーもう鬱陶しいなはよ行けや!!」

ちゃちゃのん「ちゃちゃのん、言ってください、じゃろ?」 エヘヘー

洋榎「はよ行けやササカマァ!!」

ちゃちゃのん「もはや人名ですらない!?」 ガーン

京太郎「いやほんと早くしないと見失うから行こうか」

ちゃちゃのん「うう……」

恭子「家出て右行ったとこまでは確かです」

京太郎「了解、ありがとう!」 タッタッタッタッタッ

ちゃちゃのん「連れてこられたら今度こそ名前かあだ名で呼んでもらうけぇ!」 タッタッタッタッタッ

722 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 19:29:51.58 ID:CBvrYil5o [14/36]

京太郎「ちょ、いちごちゃんもっと急いで!!」 タッタッタッタッタッ

ちゃちゃのん「そ、そがぁなこと言われてもちゃちゃのん投手じゃから足標準速度しかないよぉ!」 ヒーン

京太郎「とと、あぶねえ! 植え込みに突っ込むとこだった……!」

ちゃちゃのん「京ちゃん早いけど曲がるの下手っぴじゃのう……」

京太郎「だから走塁苦手なんだよ……」

ちゃちゃのん「これで追いつけるんかいのう……」

京太郎「普通に行ったら無理だろうなあ……」

京太郎「ここは先回りだ!!」

ちゃちゃのん「先回りて……?」

京太郎「このへんに住んでなかったら駅とかに行くはず!!」

ちゃちゃのん「バス停の可能性もあるけぇ……」

京太郎「そ、そこはヤマを張るんだよ!!」

ちゃちゃのん「しょうがないのう……ちゃちゃのんは京ちゃん信じたるわ!」

723 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 19:36:47.24 ID:CBvrYil5o [15/36]

[最寄り駅]

京太郎「あ、ここでいいです」

ちゃちゃのん「いやー、運良くヒッチハイク出来てよかったのう」

京太郎「タクシー代出したら帰れなくなる所だったからな……」

ちゃちゃのん「斑鳩とかいう運転手さんのおかげで相当早くついたけぇ、今なら見つかるかもしれんのう!」

京太郎「おう、探すぞ!」 タッタッタッタッタッ

ちゃちゃのん「あ、前! 前!」

京太郎「へ?」

ドーン!

京太郎「いたた……」

ちゃちゃのん「だ、大丈夫けぇ!?」


京太郎がぶつかった相手 >>726


743 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 19:47:13.13 ID:CBvrYil5o [16/36]

豊音「いたた……大丈夫ー?」

京太郎「あ、はい……って、でかっ!」

ちゃちゃのん「ちょ、声に出しちゃ失礼じゃよ……」

京太郎「あ、すんません、つい……」

ちゃちゃのん「もう、京ちゃんはすぐ胸に目が行く……」

京太郎「いや、そこじゃないから! もっと明確に目が行くでかいところがあるから!!」

豊音「確かにこの帽子大きいけど、日よけになって便利なんだよー」

京太郎「いやそこでもなくて」


750 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 19:53:49.34 ID:CBvrYil5o [17/36]

豊音「あ、あの、家老渡の佐々野選手ですよね?」

ちゃちゃのん「ちゃちゃのんは佐々野じゃ」

豊音「ふえ?」

ちゃちゃのん「あ、ごめ、いつもの癖じゃなんでもない」

豊音「あ、あの、去年の甲子園見てましたよー!」

ちゃちゃのん「うっ……!」

豊音「世間では色々言われてますけど、その、頑張ってたと思います!」

豊音「あの、よかったらサインを……」

ちゃちゃのん「ど、どうしよう、ちゃちゃのん達荒川憩探しとるところじゃし……」 チラッ

豊音「荒川さんだったらさっき見かけてサイン貰ったよー」

京太郎「!!」

豊音「ホラ、サイン色紙持ち歩いててよかったよー」 エヘヘー

754 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 19:57:30.79 ID:CBvrYil5o [18/36]

京太郎「そ、それで荒川さんはどこへ!?」

豊音「えっと、1番ホームで電車待ってると思うよー?」

京太郎「よし、行ってくる!」

京太郎「いちごちゃんはサイン書いてあげてて!」 タッタッタッタッタッ

ちゃちゃのん「了解じゃよー」

豊音「……あ、あの」

ちゃちゃのん「ん?」

豊音「今の彼氏ですかー?」

ちゃちゃのん「え、ち、ちちち違うけぇ!」

ちゃちゃのん「……確かにまぁイケメンじゃし優しいし彼氏だったらなぁとは思うけども」

ちゃちゃのん「……そのためにはいつもちゃちゃのんの前に立ちはだかってくる壁を乗り越えなきゃならんけぇ」

豊音「よくわかんないけど大変そうですねー」

763 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 20:03:31.81 ID:CBvrYil5o [19/36]

ちゃちゃのん「サイン、これでええ?」

豊音「さすが、アイドルだけあってちょーかっこいいサインだよー!」

豊音「荒川さんのも不慣れって感じでちょー可愛かったけど!」

豊音「あとあと、出来たら『姉帯さんへ』って入れてもらっても……」

ちゃちゃのん「ええよー、あ、日付も欲しいか」

豊音「ちょー嬉しいよー!」

ちゃちゃのん「ちゃちゃのんも、未だにちゃちゃのんのファンでいてくれて嬉しいけぇ」 フフ

豊音「皆佐々野さんを酷く言い過ぎだよー」

豊音「宮永さんへの全打席敬遠とかだって、監督さんの指示だったみたいだし……」

ちゃちゃのん「……そこまでしたのに負けたっちゅーのも、色々言われる原因なんじゃろうなぁ」 アハハ

ちゃちゃのん(これが憩ちゃんやヒロちゃんじゃったらなんだかんだで白糸台に勝っとったかもしれんけどなぁ)

豊音「今年こそ、佐々野さんには頑張ってほしいよー!」

767 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 20:08:29.32 ID:CBvrYil5o [20/36]

豊音「あのあの、一緒に写真もいいですか!?」

ちゃちゃのん「勿論じゃよー」

豊音「良かったぁ、荒川さんには写真は断られちゃったんだよー」

ちゃちゃのん「へえ、意外じゃのう」

豊音「写真が凄い苦手だったみたいだよー?」

豊音「トラウマでもあるのかなー」

ちゃちゃのん「んー、昔は写真普通に撮っちょったけどのう」

ちゃちゃのん(アレから何か写真にトラウマでも出来たのかのう)

ちゃちゃのん(……盗撮とか、やらしー写真撮られたとか、ゆすりに写真を使われたとかかのう)

ちゃちゃのん(……まさかね)

780 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 20:17:02.36 ID:CBvrYil5o [21/36]

豊音「そういえば、私服ですけど、今日は肩を休めてるんですかー?」

ちゃちゃのん「う、うん、まぁ、そんなところじゃ」

豊音「確か佐々野さんって荒川さんとリトルやシニアで何度か対戦してましたよねー」

豊音「それで大会前に視察しに大阪まで来たんですかー?」

ちゃちゃのん「あー、うん、まあ、半分正解じゃけど……」

ちゃちゃのん「ちゃちゃのんもう家老渡の選手じゃないんじゃよ」

豊音「え……ええええええええええええええ!?」

ちゃちゃのん「今ちゃちゃのんは千里山の投手なんじゃよー」

豊音「うわー凄いよー!」

豊音「やっぱり見てる人は見てるんだよー!」

豊音「それに、春の甲子園で鮮烈デビューした園城寺さんと二枚看板ってことだよねー!?」

ちゃちゃのん「んー、なんでも園城寺さんは病弱やし肩がやばいから投手は下りるんじゃと」

豊音「ええ!?」

ちゃちゃのん「何か、前の時も独特の配給で相手のペースを乱すピッチングが売りの首振りPじゃったそうで……」

ちゃちゃのん「キャッチャー育っとらんかった今、捕手に転校するそうじゃ」

ちゃちゃのん(要するにちゃちゃのんは穴埋め要因じゃね)

790 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 20:22:01.02 ID:CBvrYil5o [22/36]

豊音「そっかー……」

豊音「じゃあやっぱり千里山は厳しそうだよー……」 ボソッ

ちゃちゃのん「ん?」

ちゃちゃのん「やっぱり今年は三箇牧ってことかのう」

ちゃちゃのん「確かに憩ちゃんのスライダーは脅威じゃからのう」

豊音「あ、そうじゃなくて……」

豊音「それに荒川さん、三箇牧をやめたってさっき聞いたよー?」

ちゃちゃのん「…………」

ちゃちゃのん「え!?」

791 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 20:23:57.74 ID:CBvrYil5o [23/36]

京太郎「だあああ、階段なげえ!」

プルルルルルルル

京太郎「やばい、電車でちまう……!」

京太郎(飛び乗るか!?)

京太郎(いや、でも、そうしたらいちごちゃん達を置いてくことに……)

京太郎(どうする!?)



>>795
飛び乗る場合、偶数で成功、奇数で失敗し軽いケガ

802 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 20:27:46.76 ID:CBvrYil5o [24/36]

京太郎「試合前に飛び乗るわけにはいかないよな……」 ハァ

京太郎「……行っちゃった……」

京太郎「……あ」

京太郎「今チラッとナース服の荒川さんが見えた……」

京太郎「やっぱり行っちゃったかあ」

京太郎「とりあえず乗り損ねたんでって言って返金できるか交渉してみよう……」

京太郎(……そういえば、誰かと話ししてたな)

京太郎(一緒に居た人、どこかで見たことある気がするけど……誰だっけ?)


818 名前:乗り損ねたので憩ちゃん完全終了のお知らせ[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 20:36:56.96 ID:CBvrYil5o [25/36]

[車内]

憩「……」

???「どうかした?」

憩「いえ……ただ、見知った顔が追いかけてきただけです」

???「……抜ける、なんて言わないよね」

憩「……まさか」

憩「そら、世界中に絶望したとまでは言いませんけど」

憩「野球も、この世界も……やっぱり好きにはなれませんから」

???「そう……」

憩(……もう、戻れへんわ)

憩(ごめんな、亜子、監督、皆)

憩(――バイバイ、ヒロちゃん、いちごちゃん)

833 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 20:41:57.70 ID:CBvrYil5o [26/36]

京太郎「……はぁ、追いつけなかったって言ったら洋榎さん怒りそうだよなあ」

ちゃちゃのん「あ、京ちゃーん!」 ブンブン

京太郎「ただいま」

ちゃちゃのん「あれ、憩ちゃんは?」

京太郎「……間に合わなかったよ」

豊音「う……ごめんなさいだよー……ぶつかったせいで……」

ちゃちゃのん「アネタイさんが気にせんでええよぉ」

ちゃちゃのん「それにホームの場所聞いとらんかったらどの道多分遠回りして間に合うてなかったし」

豊音「うう、超優しいよー」




840 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 20:45:58.06 ID:CBvrYil5o [27/36]

京太郎「ていうか、二人共ずっと喋ってたのか」

ちゃちゃのん「暇じゃったけぇのう」

ちゃちゃのん「それに……ホラ、言うだけ言うてみ」

豊音「えと、あの、厚かましいお願いなんですけど……」

豊音「き、清澄高校の人なんですよね?」

京太郎「そうだけど……」

豊音「よ、よかったら、原村さんのサインもらってきてくれませんか……!」 ペッコリン

京太郎「え……別にいいけど……」

京太郎「和、そういうサービス悪そうだから貰えるかわからないよ?」

豊音「うう、ありがとうだよー!」

京太郎「でもどうやって渡せばいいの? 郵送?」

847 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 20:50:57.83 ID:CBvrYil5o [28/36]

豊音「あ、えと、郵送でもいいし、取りにいくのでもいいよー」

京太郎「……大阪から長野って結構遠いよ?」

豊音「住んでる所は岩手だから大丈夫だよー」

ちゃちゃのん「ええ、そうなん!?」

京太郎「何で大阪に……」

豊音「えっと、転校先を探して……」

ちゃちゃのん「何かわからんけど、大変そうじゃのう」

豊音「確か明日は名古屋に行くみたいだったし、取りに行く事は出来るよー」

豊音「練習の邪魔になりそうだし、転校先候補を見に行かなきゃだから学校までは取りにいけないから」

豊音「駅までは来てもらわなくちゃいけなくてごめんなさいだけど……」

京太郎(うーん、どうしよう……今日サボってるのに明日サイン渡すため駅行かせてとか言えるのか……?)

京太郎「ええっと、>>851」

877 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 20:58:15.80 ID:CBvrYil5o [29/36]

京太郎「俺のサインで我慢してください」

豊音「えっ」

ちゃちゃのん「へ?」

京太郎「ホラ、俺、和達と甲子園行って大活躍しますから」

ちゃちゃのん(わ、悪いけどそれかなり厳しいんじゃ……憩ちゃん相手に三振連発しとったし……)

豊音「え、あ、その……」

豊音(だったら今この場でサイン貰って原村さんのを別に頼みたいよー……)

豊音(でもでもこれ、遠まわしにやっぱ面倒だからイヤって言われてるのかもしれないし……)

豊音「わ、わかりましたよー」

豊音「今この場でサイン下さい」

京太郎「はいはいっと」

ちゃちゃのん「また見事なノートの殴り書き文字……」

京太郎「しょうがないだろ初めてなんだから」

京太郎「そのサイン、プレミアがつくぞ」

豊音「あ、あはは……」

891 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 21:01:50.12 ID:CBvrYil5o [30/36]

豊音「えと、その、それじゃあこれで……」

豊音「サインありがとうございましたー」 ペコリ

京太郎「どういたしまして」

ちゃちゃのん「こっちこそありがとうじゃよー」 エヘヘ

豊音「あのあの、一応甲子園目指してるんで……」

豊音「甲子園であったらよろしくお願いしますだよー!」 ブンブン

ちゃちゃのん「うん、期待しちょるよー」 ブンブン

京太郎「ふっ……あの恵まれた体、強敵になるかもな!」

ちゃちゃのん「いつまで調子のっとんの……」

910 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 21:05:39.35 ID:CBvrYil5o [31/36]

京太郎「さて、そろそろ戻る?」

ちゃちゃのん「……今気付いたんじゃけど……」

京太郎「ん?」

ちゃちゃのん「裏道ビュンビュン使ってもらって追いついたじゃんね」

京太郎「ああ、凄いドライビングテクニックだったよな」

ちゃちゃのん「……ここから末原さん家まで、どうやって行くかわかる?」

京太郎「…………あ」

919 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/07(土) 21:09:08.31 ID:CBvrYil5o [32/36]

ちゃちゃのん「どうする? ヒロちゃ……キングボンビーに電話して迎え来てもらう?」

京太郎「そうなると憧ちゃんが末原さんと二人っきりか……」

京太郎「迷うところだよなあ、全部あの二人に任せて他のことするか、ちゃんと行くべきか……」

ちゃちゃのん「ちゃちゃのんは京ちゃんに従うだけじゃよー」

京太郎「んじゃあ>>922」

1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/07/07(土) 21:37:08.33 ID:CBvrYil5o [1/9]



バカイヌクンポケットー(子供の声で)



灼「というわけで、始まりました。略称不明通称不明のこのスレッド」

初美「このスレッドはタイトルに六本場ってある通り、パートスレですよー」

胡桃「つまりは続き物ってことだねっ」

洋榎「いやーめでたいなー」

久「6って数字が好きだから6本場までいけるかなーとか最初は考えてたはずなのに、思えば遠くに来たもんだわ……」

照「まだ大会は始まってすらいないがな」

洋榎「うおっ、何でラスボス候補がここにおんねん! お前ちょろっとしかこのスレで出てへんやろ!」

哩「……それを言われると我々はもっと困るわけだが……」

怜「ウチ病弱やからしゃーない」

洋榎「ほんでお前らスレに出てすらいないし」

灼「何なんでしょうねこの集まり……」

久「原作で2年に渡る2回戦終了記念+阿知賀アニメ今晩(関西で)最終回記念みたいよ」

哩「花田でなく私ということは……」

久「出場校の部長もしくは部長っぽい人縛りね」

照「というかテンプレで遊んでていいのか、過去スレ紹介とかあるだろう」

初美「親切な人がwiki作ってくれたからそこ紹介したら過去スレ紹介おしまいですよー」

胡桃「VIP時代もいれたらここは7スレ目だよっ!」

洋榎「おー今回は間違えへんかったなーえらいえらい」 なでなで

胡桃「うるさいそこっ!」

照「開始時間が不定期ですけど、適当に新規さんも参加していってくれたらと思います」 エイギョウスマイルッ

胡桃「でも、原作から逸脱しすぎてるから、新規さんには優しくないかも……」

久「気軽に聞いてくれたら教えるけど、大分オリジナル展開だし、初見じゃ何が何だかかもね」

初美「過去ログ完全補完もまだですし、とりあえずあらすじとか書いていこうと思いますよー」

灼「最低限ここさえ読めば前スレをわざわざ過去ログ見るサイトで見なくても済む……の?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1341664628


2 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/07/07(土) 21:40:47.44 ID:CBvrYil5o [2/9]

初美「ここはスレタイからもわかるように、『咲-saki-』を原作にしたSSスレですよー」

哩「空気雑用こと、須賀京太郎が主人公を務めています」

胡桃「そんでもってもうひとつの原作『パワプロクンポケット』みたいに人と会ったり練習したりしながら甲子園を目指すスレだよ!」

洋榎「そんなわけで原作の麻雀部員のほとんどは野球部員になっとるで~」

久「基本的に男女混合で野球をしているわ」

照「女子は甲子園に行けないとか、身体能力がおかしいとか、そんなリアリティ追求した奴はコークスクリューツモな」

洋榎「まぁようするに、このスレはパラレルワールド設定やな!」

怜「阿知賀出身の人らは原作より1学年ずつ上がっとったりするみたいやしな~」

洋榎「結構キャラや設定が変わってるんで、そういうのが苦手な人は注意やで!!」

胡桃「私が龍門渕に居たりね」

洋榎「ところで自分、部長っぽさで言ったら神代かおっぱいお化けかメガネやろうに、なんでおるん」

初美「趣味だそうですよー。その追加トーンで全国がざわめくんですー」 ゴッ

胡桃(気持ち悪い!!)

3 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/07/07(土) 21:45:34.17 ID:CBvrYil5o [3/9]

洋榎「あと、アレやな。安価や」

胡桃「別人28号が量産されてる原因……!」

哩「主人公の性格も安価の蓄積で変わるから注意してください」

初美「周囲の人の畜生度とかにも影響しますからねー」

怜「基本的に再安価はせぇへんからなー」

久「ksk、とかが踏んだらさすがに安価下になるけどね」

洋榎「安価で無事、ウチらを甲子園に導いて下さい」

胡桃「……一人だけ、主人公チームである清澄に入ったんだよね」

洋榎「しゃーないやろ、5人でよかった麻雀と違い野球は9人いるんやから」

洋榎「そら(足りない4人の枠を埋めなきゃいけないんだから)そう(引きぬき行為も多発する)よ」

初美「まぁ、数合わせとかで別作品のキャラがバンバン出てきてたりもしてますしー」

久「移籍とかはもうしょうがないことよ」

初美「銘苅さんとか永水に居ますしねー」

哩「強奪する側はいつもそう言う」

照(どこかの高校にモブとして配属されるか私達の噛ませになって姿を消すかの二択に近い立場だからか実感がこもっているな……)

灼「モブとか適当に好きなキャラの名前使ってるだけだったりするから、深くは考えなくてもいいですよ」

久「別に絡みに行ってもいいけどね」

洋榎「とりあえず簡単に我が清澄高校のメンバーを紹介してくでー!」

4 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/07/07(土) 21:49:50.38 ID:CBvrYil5o [4/9]
【清澄高校野球部】

須賀京太郎……主人公。おかげでときたま口調などがパワポケくんになる。しゃーない。ポジションはレフトだがライトも一応守れなくはない。
           主に安価で行動するせいでぐう聖になるもぐう畜になるも住人次第という有様である。安価のせいもありプレイボーイのニブチンというラノベ体質に。

宮永咲…………ご存知原作主人公。このスレでは京太郎に主役の座を取って代わられた。ポジションはセカンドだが最近ピッチャーも始めた。
           「もいっこ、ボール」と四球を誘発したりエラーを誘発する回転を打球にかけたりが得意であり、
           『安打0なのに1塁到達率100%』とかいう舐めプを行う事もできる。卓上の代わりにグラウンドに(血の)花を咲かせる。
           姉・宮永照の使う黄金の回転を身につけつつある。京太郎とは中学時代からの付き合い。

原村和…………データに基づいたプレイングと堅実なリードで中学ベストナインに選ばれたこともある期待のキャッチャー。そのくせレフティ。
           他に書くことが思い出せない程度に空気化してるが、一応スレの最初期は京太郎に原作レベルには想いを寄せられてたんやで……

片岡優希………元気が取り柄でタコス大好きなロリっ娘投手。スタミナが低く、序盤は神ピッチをするのに5回くらいに炎上するのが持ち味。
           部内で1・2を争う俊足にして、貴重なナックルボーラー。ただしサブポジを持っていないので終始俊足を披露できるのかどうかは……

竹井久…………清澄高校野球部主将。割りと無茶なことをやったり言ったりしてくれる、試合直前までトーナメント表すら見せてくれないお方。
           タラシポジションは京太郎に持っていかれつつある。ポジションはサード。部長なのに練習内容を京太郎に丸投げしている。

染谷まこ………センター。

原村穏乃………ジャージを着た猿。比喩でもなんでもなく猿。和が奈良にいたころ飼っていた(そして転校時動物園に引き取られた)猿。
           その猿がタコスを食って人間になった模様。自称であるので、ちゃんとした人間である可能性もまだワンチャン。ショート。
           合宿以来人間性を身につけた。永水に偵察に行って守備職人になって帰ってきたこともある。

猿野天国………パライソ。清澄の誇る(?)ミスターフルスイング。ポジションはファーストだがサードも叩き込まれた。溢れるパワーと糞すぎる守備が売り。
           コイツが中心になってギャグ会話が始まると大抵雰囲気が咲から逸脱し別作品の空気になる。

愛宕洋榎………愛宕ネキ。京太郎覚醒時に姫松高校からFAで獲得(と言う名の強奪)をして来た西の天才セサリスト。
           住人の愛を受けているため、彼女候補的なポジションでもあり、攻略される可能性もある。
           なお、現在はホームレスを脱出し京太郎の家に泊まっている模様。作中数少ないぱんつを履いている人物(ただしぱんつは荒川憩のもの)

南浦数絵………ちんぽっぽ。バッセン王を目指していた所、近所のバッセンから獲得。バッセンでエアキャンプしてる無所属を取ることは世間では救済扱いなので転校させたが悲壮感はない。
           アニメで他校生と全然絡まなかったせいでキャラが固まらない迷惑な人でもある。ポジションはピッチャー。永水に偵察に行き無駄にオカルトな技を身につけ帰ってきた。

新子憧…………路地裏で色々やっていたが、京太郎により灼やレジェンドと再開し、清澄で再び野球をすることに。このスレでは2年生。
           去年は阿知賀に通っており、晩成にボッコボコにやられた。ポジションはキャッチャーだが、もっぱらサブポジのライトを守る。

森友子…………監督。主に特技の催眠術で転校手続きや転校生の大会参加をスムーズにさせるために暗躍。

三尋木咏………麻雀部であり野球部ではない。17歳の高3。部員ではないが友子とダベリによく遊びに来る半マネージャー。詳細なんて何もかもわっかんねー。

夢乃マホ………中学生なのに頭数に入れられてたこともあるセカンド。今は練習相手だったり留守番要因だったりの便利屋。
           咲が暴行罪で逮捕されない限りアルプス席が彼女のポジション。

室橋裕子………中学生なのに頭数に入れられてたこともあるショート。今は練習相手だったり留守番要因だったりの便利屋。
           穏乃がキャプテンクルールに誘拐でもされない限りアルプス席が彼女のポジション。

5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/07/07(土) 21:55:49.71 ID:CBvrYil5o [5/9]

洋榎「まー他にもライバル校があったりするけど、その辺は割愛するわ~」

照「その内清澄もその他高校も人物紹介を能力とは別項目ででも作りたいところだな」

灼「……ひ、暇になったら……」

胡桃「とりあえず他校としては、長野最大のライバルとして、清澄とは決勝で当たる私達龍門渕高校を覚えておけばオーケーだよ」

久「他は風越とか鶴賀とかも登場したわね」

洋榎「小料理屋で4校一緒になったこともあるでー」

哩「人数とかの都合で結構学校合併したり、他作品からのゲストが入ってたりするけど了承してください」

怜「ウチにも佐々木さんおるしなー」

久(佐々野じゃなかったかしら)

照「学校や役職は変わっていることもあるということだ」

洋榎「役職についてツッコんだらアカンで、お姉さんとのヤクショク(約束)や!」

胡桃「面白くないそこ!!」

洋榎「」

怜「後は他県として奈良の晩成や鹿児島の永水、千里山が登場済みやね~」

灼「晩成はこのスレでは阿知賀に負けてないうえに、過疎で廃校になった阿知賀を吸収している」

久「おかげで勧誘に失敗した小走やえや、同じく勧誘したことのある松実玄や岡橋初瀬なんかがいるのよねえ」

胡桃「あとは三箇牧と練習試合をしたんだっけ」

洋榎「今も大阪で姫松と絡んだり、大阪とはホンマ縁があるな……」

6 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/07/07(土) 22:00:37.29 ID:CBvrYil5o [6/9]

胡桃「それで、前スレは何やってたの?」

洋榎「ナニって、その……」 ユビクルクルー

胡桃(気持ち悪い!!)

照「大阪からようやく帰ってきたというのに、また大阪に戻った所だ」

胡桃「末原恭子さん達の勧誘に来たんだよね」

久「ま、荒川憩さんは結局闇落ちしちゃったけどね」

胡桃「豊音と遭遇したりもしたんだったね」

灼「今は憧と愛宕さんが二人で末原さんの所にいる」

久「色々ぐだぐだなのは、まぁ、安価スレ故っていうことで!」

初美「今までにタメたポイントを割り振るイベントも一応入れる予定ですよー」

胡桃「戦力が足りない状態で大会直前なのにサボって大阪まで来ちゃった三人組の明日はどっちだ!!」

洋榎(あれ、ウチと憧が二人揃ってガースーん家に泊まりこむことになったクダリ完全スルー?)

7 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/07/07(土) 22:06:08.58 ID:CBvrYil5o [7/9]

久「それじゃ、いつものいっときましょうか!」

胡桃「もう慣れてきちゃった」

久「私は久しぶりだからワクワクするわー」

初美「そういえば最初に爆発四散したのは竹井さんでしたねー」

久「四散は余計じゃないかしら」

灼「……どうしたんですか、急にヘルメットをかぶって」

怜「ああ、いや、見えてもうたから。1順先が」

灼「?」

照「……5」

洋榎「アカン、グダグダに業を煮やしてチャンピオンが勝手にカウント始めおった!!」

久「しかもこの人数で5から!」

哩「4」

洋榎「ほんでなんで貴重なカウントお前が取っとんねん!」

初美「3ですよー」

洋榎「ぐっ、取られた……に」

久「2!」

洋榎「おまっ……!」

久「へへー、早い者勝ち」

胡桃「1!」

洋榎「ちょま、ウチにも……」

灼「0」

ドガーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!

怜「ホラやっぱりウチやったーーーーー!!」 ガバッ

ふよん

怜「夢……?」

竜華「とりあえず胸からその手どけぇ」

8 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/07/07(土) 22:08:24.32 ID:CBvrYil5o [8/9]

怜「ウチ寝てもうてたんか……」

竜華「体調ようなった?」

怜「まあ病弱やしな……」

竜華「返事せえ。あとその病弱アピールやめ……」

怜「そういえば、佐々……野?木?」

竜華「ああ、あの新しく来たエース候補?」

怜「まだ来てへんの?」

竜華「まあ、まだ練習開始まではもうちょい時間あるし、授業中かもわからんけど……」

怜「……いきなり1軍抜擢で周りの視線冷たそうやったからなぁ」

怜「ちゃんと来てくれたらええんやけど……」

91 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/07/08(日) 03:32:32.41 ID:cUhqvdDYo [2/63]

京太郎「いちごちゃんの家に泊めてくれない?」

ちゃちゃのん「は?」

ちゃちゃのん「はあああああああああ!?」

京太郎「もういっそ泊まってこうかなって」

ちゃちゃのん「いや、でも、まだ夕方じゃし……」

ちゃちゃのん「ていうか末原さんどうするの!?」

京太郎「どうするって、>>95」

104 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/07/08(日) 03:41:54.48 ID:cUhqvdDYo [3/63]

京太郎「絶対に俺のひろえさんが勧誘成功してくれるさ」

ちゃちゃのん「俺のって……えらい自信満々じゃねえ」

京太郎「そりゃあ、信じてるからね」

ちゃちゃのん「……でも急に泊めるのは無理じゃよぉ」

ちゃちゃのん「ていうかちゃちゃのん、もうちょっとしたら練習行かんといけんし……」

ちゃちゃのん(脱いだ服とか散らかしたままじゃ……)

京太郎「練習があるのか……」

京太郎「>>108」

111 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/07/08(日) 03:49:01.71 ID:cUhqvdDYo [4/63]

京太郎「練習についていくよ」

ちゃちゃのん「ふえ!?」

京太郎「千里の偵察なら立派な大義名分だろうし」

ちゃちゃのん「……見つかって怒られても知らんよ?」

京太郎「大丈夫大丈夫」

ちゃちゃのん「もう……」

ちゃちゃのん「とりあえずその旨メールしといたら?」

京太郎「ああ、いや、電池が切れてて……」

ちゃちゃのん「じゃあちゃちゃのんの携帯貸しちゃるわ」

京太郎「ありがとうございます」

京太郎「えーっと」

メール本文>>115

131 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/07/08(日) 03:59:23.22 ID:cUhqvdDYo [5/63]

京太郎「えーっと、本文はっと」

『千里に行くんで、後出来てください』

京太郎「送信っと」

ちゃちゃのん「それじゃ行くけえ」

京太郎「また改札に逆戻りかぁ」

138 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/07/08(日) 04:12:47.56 ID:cUhqvdDYo [6/63]

[末原家]

洋榎「おっそいなーガースー」

洋榎「お、メールや」

恭子「当たり前のように人ん家のコンセント使ってますね」

洋榎「まぁケチケチ言うなや」

憧「ていうか、久には連絡したの?」

洋榎「……忘れとった。このメール見たら送っとくわ」

洋榎「ガースーからやし」

『千里に行くんで、後出来てください』

洋榎「千里ィ!? 何でまた……」

憧「あー、佐々木さんだっけ、あの人練習時間なんじゃないですか」

恭子「まあ、千里山はそこそこ練習厳しいでしょうしね」

洋榎「んで、出来てって何がやねん」

恭子「誤字じゃないんですか?」

洋榎「出来ての誤字……デキて……!?」 ガタッ

憧「落ち着け」 アタマパシーン

141 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/07/08(日) 04:20:10.21 ID:cUhqvdDYo [7/63]

洋榎「ほんなら、これの訳し方は……」

憧「いや、もうそういうのいいから」

憧「後から千里山に来いってことでしょ」

憧「それより……末原恭子さん」

恭子「ん?」

憧「はじめまして、清澄高校新子憧です」

恭子「はあ、どうも……」

洋榎(あれ、ウチ蚊帳の外?)

146 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/07/08(日) 04:29:46.63 ID:cUhqvdDYo [8/63]

憧「まず一つ、聞かせてください」

憧「末原さんは、野球を辞めるつもりですか?」

洋榎「ちょ、ま……!」

恭子「……」

恭子「いや……」

恭子「辞めようか思ったこともあるけど、やっぱり辞められへんわ」

恭子「野球を世界から消す、とかいうことも考えたんやけどな」 ハハ

恭子「……でもやっぱり、ウチは野球と野球で得た仲間達が好きやから」

恭子(だから、ごめんな、荒川さん……)

恭子(ウチやっぱ、野球と世界を消滅させるのには手伝えんわ)


149 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/07/08(日) 04:37:20.04 ID:cUhqvdDYo [9/63]

恭子「まあ高校はあんなことになってしもうたけど……」

恭子「大学とか手はあるしな」

恭子「もうちょい頑張ってみるわ」 ハハ

憧「……未練、あるんですね」

恭子「まあ、そら、な」

憧「ねえ、末原さん」

憧「清澄で、野球やってみませんか」

155 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/07/08(日) 04:46:58.39 ID:cUhqvdDYo [10/63]

洋榎「え、あの……」

恭子「……」

憧「……」

洋榎「それはウチがタイミングを見てやな……」 コソコソ

恭子「すんません」

恭子「やっぱり……清澄に移籍するには、思う所が多すぎます」

洋榎「あ、えっと、それやけどな……」

憧「そう言うと思っていました」

憧「……私も、色々負い目を背負っていた立場ですから」

憧「ですから、同じ立場だった身として言います」

憧「清澄は、良い所ですよ」

憧「決断は辛かったし、正しかったかはまだ分からないですけど」

憧「それでも今が楽しいですし――幸せです」

憧「それに、目指していてよかった……甲子園はそう思える場所ですし」

憧「何より野球は、そこまでして続けてよかったと思うに見合うスポーツです」

161 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/07/08(日) 04:56:01.26 ID:cUhqvdDYo [11/63]

恭子「……ウチは……」

憧「迷いますよね」

憧「どんなにやりたくても、一歩が踏み出せませんよね」

憧「わかりますよ、痛いほど」

憧「だから――私のお話はここまでです」 スッ

洋榎「え、ここで諦めて立ち上がってまうん?」 ヒソヒソ

憧「なので後は、センパイからお話があるそうです」

洋榎「へっ」

恭子「……!」

憧「私の経験だけで言うと……仲間が原因で移籍しにくい場合ってね」

憧「その仲間の言葉に背中を押してもらえると、すっと前に進めちゃったりするものなのよ」

憧「だから……後は洋榎に任せたわ」

洋榎「……!」

166 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/07/08(日) 05:03:18.42 ID:cUhqvdDYo [12/63]

恭子「主将……」

洋榎「ん……?」

恭子「……すんませんでした」

洋榎「……何が」

恭子「あの時、打たれて」

洋榎「何言うてん」

洋榎「言うたやろ、お前が抑えられないんやったら誰も抑えられへんて」

恭子「……その時だけやないです」

恭子「秋季大会も去年の夏も……」

洋榎「……」

洋榎「そんなことを、ずっと引きずっとったんか」

恭子「そりゃあ、地味に引きずりもしますよ」

恭子「まだ来年があった自分がセンパイの枠を奪って、挙句センパイ全員の夏を終わらせてもうたんですから」

171 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/07/08(日) 05:07:46.65 ID:cUhqvdDYo [13/63]

洋榎「それが恭子の本音なんやな」

洋榎「ほんならウチも本音で語るわ」

洋榎「ウチはホンマに気にしてへん」

洋榎「未だに恭子が史上最強のストッパーやと思っとる」

洋榎「荒川憩より宮永照より、ウチは恭子を信じとる」

恭子「主将……」

洋榎「世辞やないで、本音や」

洋榎「ま、四球癖とか、ロクでもないところもあるけどな!」 ガハハ

恭子「……言うてくれはりますね」 フフ

洋榎「……なあ、恭子」

恭子「……はい?」

洋榎「>>175」

198 名前:名選手野村謙二郎を出すのは卑怯。[sage] 投稿日:2012/07/08(日) 05:20:38.53 ID:cUhqvdDYo [14/63]

洋榎「ウチと清澄でまた野球やろうや、楽しくさ」

恭子「…………」

洋榎「そないに色々引きずっとったら、おもろないやろ」

洋榎「恭子は色々考えすぎやで」

洋榎「でも、そこが恭子のええとこでもある」

洋榎「そんなええとこ殺さんようにしながらもおもろく野球やらせられるのは……」

洋榎「この天才愛宕洋榎しかおらへんやろ!!」

恭子「……」

恭子「……ふふ、そうですね」

恭子「めげることもたくさんあったし、投げたい時もありましたけど――」

恭子「それでもなお、辞め難かった野球ですもん」

恭子「そら――ウチも、楽しくやりたいですわ」

恭子「姫松ではもうやれませんもん、できることなら、主将と」

洋榎「もう主将やないけどな!」

210 名前:大阪名古屋間が新幹線使わないと3時間やからまぁ妥当な距離ではある……?[sage] 投稿日:2012/07/08(日) 05:27:25.51 ID:cUhqvdDYo [15/63]

恭子「……でも、素直に行くとはやっぱ言われませんわ」

洋榎「えー、なんでやねん」

恭子「常に最悪の事態を考えてまう癖があるんで」

洋榎「まぁそうやけど……」

恭子「だから――安心させてください」

洋榎「ふん……?」

恭子「言い換えるなら、一つ条件出しますんで、命にかえてもそれを果たしてください」

恭子「果たすと誓ってください」

恭子「そうすれば――ウチはきっと、頑張れます」

恭子「主将――いや、洋榎さんの果たしてくれた約束を糧に」

洋榎「……ええやろ」

洋榎「ウチに出来んことはないしな!!」

恭子「それでこそ洋榎さんですわ」 フフ

洋榎「ほんでその条件っちゅーのは何やねん」

恭子「それは>>215」