12 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 00:26:55.59 ID:0aCPfa6fo [1/53]

【7月1日(日)】

[自宅]

京太郎「うーん……よく寝た」

京太郎「どんどんリアル日時に追いつかれつつある気がするけど、まあ何にせよついに7月」

京太郎「今日という貴重な時間を大事にしないとな!」

京太郎「明日は咲達も帰ってくるし、楽しみだ」

京太郎「さて……今日はどうしようかな」


『どうする? >>14』

18 名前:そういや>>1の最後に追加されてる1文なんじゃあれ[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 00:33:50.28 ID:0aCPfa6fo [2/53]

京太郎「……レッドさんのとこ行ってみるか」

京太郎「昨日はああ言ったけど、気が変わってるかもしれないし」

京太郎「それに本人にヤル気がなくても、草野球時代とかの知り合い紹介してもらえるかもしれないしな!」

京太郎「よし、河川敷に向かおう1」

20 名前:なるぺそ。探し出して編集した方がいいわけじゃないのね。[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 00:38:28.80 ID:0aCPfa6fo [3/53]

[河川敷テント]

洋榎「おーい、レッドー」

杏子「ああ?」

杏子「お前帰ったんじゃないのかよ」

洋榎「ウチこう見えても義理堅いんやで」

洋榎「無言で帰ったりはせーへん」

洋榎「食事はともかく、寝させてもろた恩義は感じ取るしな」

杏子「じゃあせめてサンをつけろよ……」

洋榎「まぁまぁ、それより……」

洋榎「朝食りんごヨーグルトこうてきたんで、一緒に食べましょや~」

洋榎「ウチの奢りやで!」

杏子「……さっさと帰れよ……」

杏子「まぁ、もらえるもんはもらうけど」

杏子(ゴミ箱の中にあったもの以外口にするの久しぶりだな……) モグモグ



22 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 00:44:59.03 ID:0aCPfa6fo [4/53]

洋榎「ごっそーさん」

杏子「うまかったー」

杏子「……一応、言っておく」

杏子「……ごっそさん……ありがとよ」

洋榎「ええよー」

洋榎「こっちこそ泊めてもろてありがとーございますー」 フカブカー

杏子「ったく……そろそろ帰れよ?」

杏子「私ゃトレーニングしてからパトロールに行かなきゃいけないし」

洋榎「パトロール?」

杏子「……面倒だけど、街の見回りとかしなくちゃいけないんでね」

洋榎「……ちなみに時給は?」

杏子「あったらこんなところでゴキブリ貪ってると思うのか?」 ニッコリ

洋榎「……河原がハウスで見回り対象街中とかえらいダイナミックなニートやな」

杏子「そこの河原で強制朝シャンさせてやろか」

26 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 00:55:05.78 ID:0aCPfa6fo [5/53]

洋榎「…………」

杏子「ホントお前早く帰れよ」

洋榎「いやー、槍の修行とか初めてみるもんで」

杏子「家族に心配かけてんじゃねーよ」

洋榎「いや、まあ、うん、心配ごっつかけてるなーとは思うけど、今河原にいることとは無関係っちゅーかなんちゅーか……」

杏子「?」

洋榎「それより、何かフォームがバッティングフォームみたいやな」

杏子「……ま、それなりに野球技能は身についちまったからな」

洋榎「かわええとこあるやないの、このこのー」 ウリウリ

杏子「ちょ、ま、はなせー!」 ジタバタ

洋榎「はっはっはー、ちっこくてかわええやんけー」

杏子「てめ、本気出さねえでいたら調子のりやがってー!」 ドン

洋榎「……おっとっと!?」 ツルッ

バシャーーーーーーーーーーーーーン!

杏子「わ、悪い……大丈夫か?」 手を差し伸べ

洋榎「…………」

洋榎「…………」 ニッコリ

杏子「へ?」 手を引っ張られ

バシャーーーーーーーーーーーーーン!



27 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 01:02:56.61 ID:0aCPfa6fo [6/53]

洋榎「あー笑った笑った」

杏子「ったく……結局着衣泳かよ」

洋榎「久しぶりに水浴びたらごっつ気持ちええわ」

杏子「まーあの河は私の風呂場みたいなもんだからな」 キリッ

洋榎「あんな目立つとこでよう風呂なんて入るわー」

洋榎「通行人めっちゃ見てたやん」

杏子「慣れりゃ気にならなくなる」

杏子「あ、脱いだ服は適当に干して」

洋榎「了解ー」

杏子「しっかしまぁ……」

杏子「私や和より2つも上とは思えない体型だな」 ジー

洋榎「うっさいわ!」

洋榎「自分かて空気抵抗少ないボディしとるやんけ!」

杏子「わ、私のは、スレンダーっつーんだよ!」

洋榎「やかましい!」

洋榎「寝そべってたら減速せずにチョロQ走り回れそうなフォルムしおってからに!」


30 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 01:07:13.10 ID:0aCPfa6fo [7/53]

京太郎「ん?」

京太郎「テントの方が騒がしいな」

京太郎「誰か来てるのかな?」

京太郎「おーい、レッドさんいるー?」 中に入り

洋榎「…………」

杏子「…………」

京太郎「……え?」

洋榎「ひぁぁああ~~~~~///!?」

杏子「な、何覗いてんだテメーッ!」 ドガッ

京太郎「ホデュアーッ!?」

洋榎「で、ででで出てけーっ!」 ポイー

京太郎「う、うう……テントから叩きだされた……」

京太郎「お、俺が悪いのか……?」

京太郎「鍵もない布切れの中で全裸になってる方が悪いんじゃ……」

京太郎「上がった弾道も即座にへし折られるし……うう、厄日だ……」

35 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 01:13:33.48 ID:0aCPfa6fo [8/53]

洋榎「ったく……年頃の娘の住んどる所にいきなりやってきて扉開けるとか最低やで」

京太郎「…………はい」

杏子「お前マジで反省しろよ」

京太郎「……大変反省しております」

洋榎「ったく……絹くらいにしか見せたことなかったんに……」 ブツブツ

京太郎「…………あの」

杏子「ん?」

京太郎「テント越しに話しかけるのすげーやりづらいんですが」

洋榎「しゃーないやろ、服全滅しとって全裸なんやから!」

洋榎「大会前に風邪引くわけにもいかんし、かといってレッドの服もサイズ合わへんのやから」

杏子「まー私は魔法で服着れるしいいんだけどな」


37 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 01:22:00.58 ID:0aCPfa6fo [9/53]

京太郎「せめてテントに背中向けるのはやめさせてもらえないかな……」

京太郎「なんか虚空に話しかけてるすっげー変な人だし」 タラーリ

洋榎「あかんあかん」

洋榎「日差し強いし、シルエット出てまうやん」

洋榎「覗き魔相手にダイナマイトバデ-晒したくないわ」

京太郎「ダイナマイトて……」

京太郎「それに俺は別に洋榎さんみたいな体型はなんとも思わな――」

トガッ!

京太郎「ちょ、フライパンで後頭部は洒落にならな――」

洋榎「ばっ、何振り返っとんねん!」

ガン! ガン! ガン!

京太郎「い、いたいいたい!」

京太郎「ていうか上半身出したのはそっちが勝手に……」

洋榎「殴り飛ばすには出なアカンのやからしゃーないやろ!」 ドガッ

京太郎「殴らなきゃいいだろうが!」

杏子「最悪ソイツを撲[ピーーー]るのはいいけど貴重なフライパン壊すなよ?」

京太郎「いや、俺を[ピーーー]のもよくないからァ!!」

40 名前:しまった、メル欄忘れてた。ピー=殺す、ね。[saga] 投稿日:2012/06/21(木) 01:28:08.25 ID:0aCPfa6fo [10/53]

杏子「……で、お前は何しにきたんだよ」 テントを出

京太郎「え?」

杏子「さっきのリアクションからすると、洋榎が連絡したわけじゃないみたいだが……」

杏子「何か用があったんだろ?」

京太郎「ああ、それは――>>43」

46 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 01:34:36.46 ID:0aCPfa6fo [11/53]

京太郎「あんこちゃん、まだ間に合います!!」

杏子「あんこじゃねえ、きょうこだ!!」

洋榎「へえ、レッドの名前、あんこっちゅーんや」

杏子「きょうこだっつってんだろ!」

杏子「つーか間に合うって何がだよ!」

杏子「私ゃもうだらだら生き長らえるだけの無様な魔法少女なんだよ!」

杏子「間に合わせたいようなことなんて、もう……!」

京太郎「>>50」

55 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 01:51:45.00 ID:0aCPfa6fo [12/53]

京太郎「後悔なんて、あるわけない?」

杏子「!」

京太郎「どうなんだ、レッド!」

杏子「…………」

杏子「世界に一つしかだけない、金では買えないような貴重なガラス細工が手元にあったとして」

杏子「不注意でそれを粉々に割っちまったとしてさ」

杏子「……それを後悔してるかどうかなんてのは、壊しちまった事実の前じゃ些事なことだと思わない?」

京太郎「…………」

杏子「後悔してても、してなくても、ソレを壊しちまった事実は決して覆らないんだ」

京太郎「でも、次に繋げることはできる!」

杏子「ハハ、そうだね」

杏子「……でもさ、違うんだよ」

杏子「別に、二度とガラス細工を壊したくないわけじゃない」

杏子「別に、金を積んでガラス細工の贋作を作りたいわけじゃない」

杏子「……ただ、壊しちまった“その”ガラス細工が欲しかったんだ」

杏子「それ以外に興味なんてない」

京太郎「…………」

杏子「もう、どうしようもないのさ」


57 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 02:01:01.25 ID:0aCPfa6fo [13/53]

杏子「……巡回の時間だ」

杏子「私ゃ見回りに行くから、服乾くまで好きにしとけ」

杏子「……じゃあな」 ザッザッザッ

京太郎「…………」

洋榎「……なあ、ええんか、あのまま行かせて」

京太郎「…………」

京太郎(そりゃ、俺だって追いかけた方がいいかなとは思うけど……)

京太郎(何も言えないならそっとしておいた方がいい気もするし……)

京太郎(一人で追いかけても、ちゃんと説得できるかどうか……)

京太郎(とはいえ、今の洋榎さんを無理やり連れ出して説得を手伝ってもらっていいものか……)

京太郎(それに、今日は貴重な最後の休日)

京太郎(ここで時間を使っていいのか……?)

京太郎「…………」

京太郎「俺は……」


『どうする? >>60』

63 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 02:05:48.36 ID:0aCPfa6fo [14/53]

京太郎「……悲しいけど、放っておこう」

京太郎「多分、今の俺が突っ込んでで言い問題じゃない……」

洋榎「……そうか」

洋榎「お前がそう思うんやったら、もう何も言わん」

京太郎(今の俺は、事情もよく知らずに首突っ込んだだけの部外者だもんな……)

京太郎(せめて説得するにしても、色々知ったうえでじゃないと……)

京太郎(……大会に誘うのは諦めたとしても、卒業までにはレッドさんとちゃんと友人になりたいな……)

64 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 02:09:58.68 ID:0aCPfa6fo [15/53]

京太郎(……河原までは無駄足踏んだけど、まだ午前)

京太郎(今日という日を有効活用するには十分な時間だ)

京太郎(さて、何をするか……)

京太郎(河原に来たことを無駄にしないために洋榎さんと一緒に何かするのはありだけど……)

京太郎(洋榎さんの服が乾くの待っていたら時間かかりそうなのがなぁ)


『どうする?  >>66』

70 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 02:17:11.97 ID:0aCPfa6fo [16/53]

京太郎「……久しぶりに路地裏にでも行ってみるか」

京太郎(そういえば、あの廃ボウリング場も近くだしな)

京太郎(……前あった子はまだいるのかな)

洋榎「そーいやガースー、この後どーすんねん」

洋榎「うちここでイメトレでもして服乾くの待って単独行動した方がええか?」

洋榎「それともなんか手伝った方がええ?」

京太郎(うーん、どうしよう)

京太郎(一人の方が身軽ではあるし、洋榎さんがいると心強くはあるし……)


『どうする? >>70』

74 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 02:18:35.24 ID:0aCPfa6fo [17/53]
ひゅー!自爆安価とか久々だじぇ。
つーわけでさすがに再安価>>75

78 名前:自爆の場合安価下とどっちがいいんだろ。安価下だと実質早いもん勝ちだけど。[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 02:28:44.70 ID:0aCPfa6fo [18/53]

京太郎「一緒に来てもらっていいですか」

洋榎「かまへんでー」

京太郎「そう言ってもらえると心強いです」

洋榎「へへ、そうかー?」

洋榎「そうやろーそうやろー」 テレテレ

洋榎「まーウチみたいに頼り甲斐のあるヤツがおったら心強いもんなー!」

京太郎(路地裏治安悪そうだし、同じく治安悪いイメージの大阪に慣れた洋榎さんがいりゃなんとかなるだろ)


82 名前:したぎってなあに?[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 02:35:42.62 ID:0aCPfa6fo [19/53]

洋榎「でもうちまだ当分服乾かへんで」

京太郎「別に俺は濡れ制服でも……」

ボカッ

洋榎「アホか!」

洋榎「大体風邪引いて大会に支障出たら困るやろ」

京太郎「まぁ確かに……」

洋榎「ウチ連れてくなら、乾くまで待つか服用意するなり何らかの方法考えてーや」

京太郎「うーん、>>85」

89 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 02:41:15.98 ID:0aCPfa6fo [20/53]

京太郎「じゃあ、ほら」

洋榎「?」

京太郎「上着」

洋榎「……着ろってことか」

京太郎「他にどんな理由があって渡すんだよ」

京太郎「さすがに燃やせってことで渡したりはしないぞ?」

洋榎「それええなー♪」

洋榎「ガースーの服で暖をとりとり服を乾かす……♪」

京太郎「お、おい、その上着高かったんだぞ!」

京太郎「久々にグラウンド行かないからってユニフォームじゃなくオシャレな私服で出てきたんだから!」

洋榎「なるほどなかなかオシャレなやつやん」

洋榎「げっ、これこんな高いんか!」

京太郎「う、い、いいでしょ服にいくらかけたって!」

京太郎「それに、それはお気に入りで着倒してるから元は取れてるんだよ、うん」

洋榎「ふーん」

洋榎「……何度も着とるんか」 ギュッ

京太郎「どうかしました?」

洋榎「んーん、なんでもないで」

98 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 02:55:04.97 ID:0aCPfa6fo [21/53]

洋榎「まー、最悪上着が似合わんくても、ガッコに一端寄ってもらえればええしな」

京太郎「何で荷物を学校にまるっと置いてきちゃうんですか」

洋榎「しゃーないやろー、野球道具ばっかやったし、つい勢いで」

洋榎「その後も特に必要に迫られんかったから忘れとったんや」

京太郎「それにしたって……」

洋榎「どっかの誰かさんが家くれへんおかげで着替えとか考える余裕もなくなっとったしな」 ボソ

京太郎「さ、さー! そんなことより早く着替えて行動に移ろうかー!」

洋榎「…………」

100 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 03:00:00.79 ID:0aCPfa6fo [22/53]

洋榎「とりあえず着はしたけど……」

洋榎「な、なあ、ほんまにこのカッコで外出歩いて大丈夫なん?」

洋榎「かなり変態的というか、100歩譲っても恋人ン家でワイシャツでやるくらいしか許されへん格好やで……」

京太郎「大丈夫だって」

京太郎「ほら、昨日スイカカレーの時司会してた女の子なんて手錠に布切れ装備しただけだったし」

京太郎「それに比べたらこんな格好」

洋榎「いや、さすがにアレと比べんのはどうやろ……」

洋榎「性格のいいブスと性格の悪い美人相手に日本語を解さないボストロール混ぜるくらい悪い方向に突出したイレギュラーやん」

京太郎「まぁ、否定はできないけど……」

京太郎「ミニスカみたいなもんですって」

洋榎「うち短いスカート苦手でこないに短くしたことなかってん……」

101 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 03:04:08.34 ID:0aCPfa6fo [23/53]

京太郎「大丈夫ですって」

京太郎「洋榎さんは会った事無いですけど、ウチの部活にはジャージの上だけしか着てない奴もいますし」

洋榎「えー……」

洋榎「落ち着かなくないんかな」

洋榎「ミニスカワンピとかとちごうて、下履く前提の洋服なのに……」

京太郎(まあ、元が猿だからなぁ……)

洋榎「ま、まあ、ええわ!」

洋榎「とりあえず、不味いかどうかの判断はお前に任す!」

洋榎「おかしくないかどうか……」

洋榎「あと、その、見えてもーてないか、チェックしたって~」

104 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 03:06:25.61 ID:0aCPfa6fo [24/53]

京太郎「良い感じじゃないですか」

洋榎「そ、そうかー?」

京太郎「いやほんと、意外なほど」

洋榎「意外は余計や!」

京太郎「それじゃ、行きましょうか」

洋榎「おー。どこ行くかしらんけど、ついてったるわ」

洋榎「…………」

洋榎(良い感じ、かぁ……このスタイル、ウチに似合っとるんやろうか?)

京太郎「……そんな嬉しそうな顔しても、上着はあげませんからね?」 ジトー

洋榎「わかっとるわ!!」

洋榎「大阪人は何でもかんでも欲しがると思うなや!!」

106 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 03:20:58.37 ID:0aCPfa6fo [25/53]

[路地裏]

憧「へへ、またよろしく~」 ヒラヒラ

京太郎「よう」

憧「!?」 ビクゥ

京太郎「どうしたんだよ、そんなビクついて」

憧「ああ、いや、ちょっとビックリして――」

憧「って、アンタ……」

京太郎「よう、久しぶり」

憧「確か前、路地裏で下半身丸出しで倒れてたヤツ!!」

洋榎「!?」

京太郎「ちょおおおおおおおお!?」

107 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 03:24:52.13 ID:0aCPfa6fo [26/53]

洋榎「うっわー……さすがにそれは好感度駄々下がりやで」

京太郎「ご、誤解ですって!」

憧「酷いわー……あんなに戦闘モードのナニを見せつけておいて……」 ヨヨヨ

京太郎「わかった、謝る、何も悪いことしてないけど謝るからもうやめて!!」

洋榎「いや、ほんま、マジで露出とか引くわ……」

憧「その格好でソレ言っちゃうんだ……」

憧(……上着一枚、か……)

憧(穏乃、動物園でも元気してるかな……)

憧(ジャージ脱がされてただの猿に埋没してなきゃいいけど)

112 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 03:38:28.10 ID:0aCPfa6fo [27/53]

憧「しっかしまぁ……背が高くて整ってるからいるだろうとは思ってたけど……」

憧「いざ堂々と彼女連れで現れられると格差にちょっとヘコむわ~」 ヘラヘラ

洋榎「はあ!?」 カァァァァァ

憧「しかも相手があの愛宕洋榎なんて、お兄さん、やっるー☆」

洋榎「だ、だだ誰が彼女やねん!!」

京太郎「あれ? ていうか洋榎さんのこと知ってるんだ」

憧「……え?」

憧「あー、それは、ほら、あれよ」

憧「超有名スター選手だし、みたいな」 エヘ

洋榎「いやー、人気者は辛いわー」

京太郎「てことは、野球やってるの?」

憧「!?」

憧「な、なんで……?」

京太郎「いやだって、猿野とか野球部以外の人は結構洋榎さんのこと知らなかったし」

京太郎「それを知ってるってことは、そこそこ野球に詳しい人かなーって」

憧「そ、その人が誰か知らないけど、あれじゃない」

憧「地域。そう、地域の差よ」

京太郎「ってことは関西の人ってことか」

洋榎「おいおい、まるでウチが関西ローカルみたいな言い回しやな」

京太郎(実際洋榎さんの有名性の話題になる度に千里山とか荒川とかって聞いてるし、その人らに比べると知名度は落ちるんじゃ……)

113 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 03:43:31.90 ID:0aCPfa6fo [28/53]

憧「しゅ、出身地なんてどうだっていいじゃない!」

京太郎「……まあ、確かに」

京太郎(でもこのリアクション、野球やってたか関西住んでたかのどっちかは本当だろうなぁ……)

京太郎(あるいは両方?)

京太郎(まぁでも、実際どうでもいいことではあるしなぁ)

京太郎(話したくない話題なのかもしれないし、放っておく方がいいのか?)

憧「それで、どうしたの?」

京太郎「え?」

憧「偶然通りかかるような場所じゃないわよここは」

憧「こんな奥まで入り込んできて声をかけてきたってことは、私に何か用があるんでしょ?」

憧「そうじゃなくても、何か別の目的があって、それのために顔見知りの私に声をかけたってケースのはず」

憧「お姉さんに話してみ、力になるわよ」 ニッコリ

洋榎「せやな~、ウチも何しに着たのか聞きたいわ」

京太郎「えっと、>>116」

120 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 03:52:00.94 ID:0aCPfa6fo [29/53]

京太郎「救済やよ」

憧「へ?」

京太郎「救済だよ!!」

洋榎(噛んだんか……ごっつ照れとる……)

憧「救済って……もしかして、宗教か何か……?」

憧「あいにく私はそーいうの信じてないタチだから……」

憧「最近流行ってるの?」

憧「そりゃーこの路地裏は荒んだ人らの溜まり場だけど……」

憧「私はあんまり感心しないなぁ、そういうやり方」

憧「この前もなんか自称正義の魔法少女とかいうのが現れたとか聞いてるし」

京太郎「い、いや、俺のは宗教とかじゃなくて!」

憧「?」

憧「そうなの……?」

憧「宗教じゃなきゃ何なのよ」

京太郎[>>125]

127 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 04:07:28.53 ID:0aCPfa6fo [30/53]

京太郎「一緒に野球をしよう」

憧「!?」

京太郎「一緒に甲子園を――」

憧「誰!?」 ガッ

京太郎「ちょ、苦し……」

憧「誰に聞いたのっ!」 ギロリ

洋榎「ちょ、おいおい、何しとんねん」

憧「野球で救済ってことは……」

憧「アンタ、私の過去、誰かから聞いてきたんでしょ!」

憧「誰よ、誰から聞いたか正直に吐きなさいよ!」 ガクガク

憧「灼!? 玄!?」

憧「それとも愛宕洋榎みたいな露出狂とは逆方向で変態的格好してたおねーちゃん!?」





129 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 04:18:34.28 ID:0aCPfa6fo [31/53]

京太郎「……けほっ……てことはやっぱり野球選手……!」

憧「……元、よ」

憧「私はもう野球はやめたの!」

憧「甲子園なんて夢を見て許されるようなコドモじゃなくなったんだから!」

洋榎「いや自分、精々言ってても高校生やないの」

京太郎「まあ、胸で言えば洋榎さんより遥かにオトn――」 ドガッ

憧「大体甲子園なんてイケるわけないじゃない」

憧「私を救済するだけ枠に空きがあるところが甲子園にイケるなんて、よほどの低確率よ」

憧「しかも長野は全体的に弱いとはいっても、今年は龍門渕高校がある!」

憧「全国では3回戦の壁を前に足踏みしてても常連校の鶴賀がいる!」

憧「それでどうやって甲子園に行くっていうのよ!」

憧「……大体、ブランクがあったりする人間が3年間みっちりいい環境でやってきた名門校をそうホイホイ倒せるわけがないじゃない!」

132 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 04:28:46.38 ID:0aCPfa6fo [32/53]

京太郎「やってみなきゃわからないだろ!」

憧「あのね……」

憧「私も貴方くらいの時は分からなかったから強くは言わないけども」

憧「ギャンブルっていうのはね、何かを賭けて初めて成立するものなのよ!」

憧「ましてや弱小校が甲子園なんていうハイリターンなものに本気で賭ける気なら……」

憧「それ相応のリスクってもんが必要なのよ」

京太郎「……」

洋榎「まあ、そらそーやろうな」

洋榎「ウチかて、ノーリスクで甲子園なんてイケると思っとらんわ」

憧「……貴方達は全国区の野球を知らないからそんなことが言えるのよ」

135 名前:>>134 素で間違えてたわ。風越の間違い。[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 04:35:38.49 ID:0aCPfa6fo [33/53]

憧「甲子園に行きたいなら、名門にでも入るべきだったのよ」

憧「そこでレギュラー争いすれば、勝っても負けても爽やかに笑って終われたのに!」

憧「負けたあとも、友達を素直に応援出来たのに!!」

憧「私が変な愛着を優先して、阿知賀になんて行かなかったら――!」

京太郎(阿知賀……?)

京太郎(どっかで聞いたことがあるような)

憧「貴方にわかる!?」

憧「チームメイト皆の人生を狂わせた私の気持ちが!」

憧「ばかみたいに夢見てて、無理やり引きぬいた一般生徒にどう思われてたのかにすら気付けなかった」

洋榎(……まあ、引き抜きっちゅーのは、難しいもんやからな)

憧「ただひたすら勝つためだけにトレーニングを続けてたら、熱中症で集中治療室に運ばれた先輩もいる!」

憧「私の親友なんて、私が誘ったせいで決勝戦で頭蓋骨にヒビまで入った!!」

憧「仲がよかったお猿さんも知らない間に脱走しちゃうし……」

憧「唯一人心身ともに健康で病んでた私を救ってくれてた部長も、4月になった途端に失踪しちゃった!」

憧「もうあんな想いはしたくないのよ!」

京太郎(気のせいじゃなきゃ、後半は野球関係ない気がする……) タラーリ

140 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 04:47:01.82 ID:0aCPfa6fo [34/53]

憧「はぁ……はぁ……」

洋榎「よーけまくしたててくれたなー自分」

憧「あまりに生っちょろいことを言われたからつい、ね」

京太郎「生っちょろい、か……」

京太郎「確かに、そうかもしれない」

京太郎「でも……!」

京太郎「>>144」

148 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 05:02:51.85 ID:0aCPfa6fo [35/53]

京太郎「灼ちゃんとお猿さんはいまでもがんばってる!」

憧「!?」

憧「な、何でその名前を……」

京太郎「阿知賀……どこかで聞いたことがあると思ったけど、去年決勝まで残った奈良の高校だったな」

京太郎「無名校で甲子園を目指す――」

京太郎「あれを主導してたのは君か」

憧「……半分正解」

憧「小さい頃の親友が、中学大会大車輪の活躍でね」

憧「あまりにも悔しくって、じゃあ私達は甲子園、なんて考えたのよ」

憧「ほーんと、我ながら短絡的だったわ」

憧「それなら晩成行けばいいのに、あのお猿さんと玄につられて阿知賀に入っちゃうなんて」

憧「よく考えたら、3人しかいない状況で夏までに9人集めて全国になんて無茶もいいとこだったのにっ!」

洋榎(ほんまにな……)

152 名前:単行本少なすぎて阿知賀メンバーの二人称・三人称はボロボロ[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 05:18:25.85 ID:0aCPfa6fo [36/53]

憧「それで……私のチームメイトの名前を知ってた理由は分かったわ」

憧「でもね……あの二人が活躍するなんてありえないのよ!」

憧「それ以上ふざけたこと言うとぶっ飛ばすわよ!」

京太郎「え、いや、そのりアクションの方が酷いような……」

憧「玄が言ってたのよ!」

憧「灼さんを最後に見かけたあの日――何やら大荷物を持って走っているのを見たあの日!」

憧「灼さんの家のボウリング場が、県大会で無様を晒した影響で経営不振に陥ったって!」

憧「それで夜逃げしたって!」

京太郎(そ、そんなヘビィな話ししてたっけ?)

156 名前:情報サンクス。クソッ!手元の百合SS参考にさん付けに修正したのが裏目ったか![sage] 投稿日:2012/06/21(木) 05:25:47.42 ID:0aCPfa6fo [37/53]

憧「逃げたっていい、連絡が取れなくなったっていい!」

憧「一緒に野球をやってくれて、大敗後も色々ケアしてくれた灼を慕っていたから!」

憧「だから生きていてほしかったのに!」

憧「阿知賀が晩成に吸収されて最初の春! 新学期になる直前に聞いちゃったんだ!」

憧「夜逃げから一年、灼はどうしてるんだろうねって思わず口にしちゃった突起に!」

憧「灼が首を吊ったって!」

京太郎「!?」

憧「同学年の玄とだけ連絡を取ってたこともショックだったけど!」

憧「それ以上に、そこまで追い詰められてるのに頼ってもらえなかったことがショックだった!」

憧「あんな勝ち目のない戦いに最後まで付き合ってくれた恩を返すどころか、知らないところで仇で返してたのよ!」

憧「灼、どこに行ってもあの時の公開レイプとそれを遠因とした高卒という学歴のせいで碌な仕事にありつけなかったんだって……」

憧「私の無謀な挑戦が、人を死にまで追いやったのよ!」

憧「今更野球なんてできるわけないじゃない!」

洋榎(それ時期的にエイプリルフールちゃう、とは冗談でも言えへん空気やな……) タラーリ

160 名前:唐突に呼び捨てに戻るのはあれよ、第三者に言う手前最初は先輩をさん付けしてたのよ。それが感極まり素に(ry[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 05:32:39.22 ID:0aCPfa6fo [38/53]

京太郎「あの、何がどうしてそうなったのかわかんないんだけど……」

京太郎「灼ちゃん、生きてるよ?」

憧「…………え?」

京太郎「ていうか、昨日だか一昨日だかにも普通に会ってるし……」

憧「そ、そんなはずは……!」

京太郎「いや、絶対本人だって」

京太郎「奈良の決勝戦の話とか聞いたから間違いない」

憧「嘘……なんで……」

京太郎「それに灼ちゃん、阿知賀のレジェンドこと赤土さんのこと慕ってたんじゃない?」

憧「!」

憧「なんで……そのことまで……私と玄、あと宥ねえしか知らないはずなのに……!」

京太郎「本人から聞いたからだよ」

憧「まさか……一命をとりとめてたの……?」

洋榎(アカン、何言うてもあの小娘よりオモロくなる気がせーへん)

洋榎(ここまでツッコミすら出来ない空気に飲まれるのは久々やで……)

洋榎(下手したら、人生初かもしれん……胡桃の時とは毛色がちゃうしな……)

164 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 05:44:09.36 ID:0aCPfa6fo [39/53]

京太郎「よし、会いに行こう」

憧「え?」

京太郎「灼ちゃんの現住所、この近くなんだ」

京太郎(だからここに最初は俺を捨てたんだろうし)

憧「え、ででででも……」

憧「私のこと、恨んでるかもしれないし……」

京太郎「そんなの本人に聞かなきゃわからないだろ」

憧「そ、それにお風呂はいらないと今の私多分臭いし……」

京太郎「確かに何でかちょっと生臭いけど、別にいいじゃないかそのくらい」

憧「で、でも……」

洋榎「あーもうじれったい!」

洋榎「ガースー、ビシっと説得したれ!」

京太郎「俺かよ!」

京太郎「……まあいいや」

京太郎「>>167」

171 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 05:54:35.96 ID:0aCPfa6fo [40/53]

京太郎「ノープロブレムドンウォーリー」

憧「……は?」

京太郎「ミスアラータイズベリベリアマチャーン」

京太郎「アナタートキットナカヨクデキール」

憧「……」 イラッ

洋榎(!?)

洋榎(ガースーがふざけたことで、会話に混ざりにくい空気が消えた!?)

洋榎(今なら、ふざけられるっ!)

洋榎「ガースーの言う通りやで~」

洋榎「ノープロブレムどうとんぼーりー」 食い倒れ人形のジェスチャー

憧「ふざけんなっ!」

洋榎「!?」 ビクッ

憧「こっちは……こっちは真剣に悩んでたんだ!」 グスッ

憧「それを……それをっ!」 キッ

京太郎「」

洋榎「」


176 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 05:58:57.68 ID:0aCPfa6fo [41/53]

洋榎「お、おい、どうすんねん」 ヒソヒソ

洋榎「あれ、めっちゃマジギレしとる目やで」 ヒソヒソ

京太郎「し、しかもちょっと泣いてる……」 ヒソヒソ

洋榎「ガースーがふざけるからやで!」 ヒソヒソ

京太郎「ええ!? いや、そっちが乗っかってきたせいで爆発したんじゃ」 ヒソヒソ

憧「……」 スタスタ

洋榎「あ、アカン、行ってまうで!」 ヒソヒソ

洋榎「止めるんやったら、おそらくこれがラストチャンスや!」 ヒソヒソ

洋榎「いけ、ガースー!」 ヒソヒソ

京太郎「>>180」


182 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 06:05:24.48 ID:0aCPfa6fo [42/53]

京太郎「君が欲しいんだ!」

憧「」 ピタッ

洋榎「」 ピタッ

憧「……は?」

洋榎「……は?」

京太郎(思わず言ったはいいけど、なんかヤバイ空気になってきたぞ……)

京太郎(何か良い感じに次に繋げる言葉は……!)

京太郎「>>185」

187 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 06:22:04.52 ID:0aCPfa6fo [43/53]

京太郎「灼ちゃんは今赤土さんと夢を追いかけてる!」

憧「!」

京太郎「憧ちゃんを恨んでるなんてことは絶対にない!」

憧「…………」

『私からもお願いします、灼さん!』

『……そんなに力があるわけじゃないけど、それでいいなら、参加するよ』

『はるちゃんがしたように、私も甲子園に行ってみたくなったから』

憧「そう……」

『今度は日本一になることで、はるちゃんに胸を張って会いたいんだ……』

憧「灼が……」

『あのね、憧ちゃん……驚かないで聞いてね?』

『灼ちゃん、その――亡くなったって』

『お焼香、部を代表してあげてきたよ……』

『甲子園に行けなかったこと、赤土さんに最期まで会えなかったこと、ずっと心残りだったみたい……』

『灼ちゃんの遺品の日記に、色々綴られてたよ……』

憧「会えたんだ、ハルエに……」

『日本一になって、凱旋して、誰より早くはるちゃんの元に報告に行って――――』

『それで、伝えたい』

憧「そう……そうなんだ……」

『はるちゃん、本当に、すごくカッコ良かったよって』

『奈良の恥なんかじゃない。私にとってのスーパーヒーローなんだよって』

『私が優勝出来たのは、はるちゃんが勇気をくれたからなんだよって』

憧「よかった……」

『そしたらはるちゃん……あの甲子園を行ってよかったって思ってくれるようになるかな……』

憧「ホントに……よかっ……」 ポロッ

憧「…………」 ポロポロ

憧「うう…………」 ポロポロ

洋榎「…………」

京太郎「…………」

憧「……………………会いたいよぅ、灼ぁ」 ポロポロ


190 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 06:41:34.57 ID:0aCPfa6fo [44/53]

[廃ボウリング場]

憧「……ここ、なんだ……」

憧「どうしよう……すごく緊張する……」

洋榎「大丈夫やって、昔のダチに会うだけやろ」

洋榎「リラックスリラックス~」

京太郎「そうそう、そんなに不安にならなくても、灼ちゃんは今幸せだし、再会を喜んでくれるよ」

憧「そう……かな……」

憧「でも……そう、だよね」

憧(だってあれだけ憧れてたハルエと一緒に夢を追ってるんだもんね)

憧(……どんな形で夢を追いかけてるのかな……)

憧(野球を見なくなったと同時に球界入りしたハルエのサポーターとか?)

憧(灼のアンダースロー投法は目を見張るものがあるし、二人で必勝リレーしてたりして)

憧(まーそこまではないとしても、社会人野球とかやってるのかな……)

憧(それか、また少年野球のコーチでもしてるのかな……灼まめだし、右腕として活躍してそう)

憧(野球を離れて新たな夢を追ってても、素直に祝福してあげたいな……)

憧(その場合、どんなお仕事かな。二人対等な立場で夢を追いかけてるのかな、それとも灼は右腕としてハルエの夢を支えてるのかな……)

憧(いっそ、幸せな家庭が夢とかなってても嬉しいかも)

憧(灼はきっといいお嫁さんになるわ。バリバリ働くハルエを支える良妻……うん、いい感じ)

憧「ふふ……不思議ね。ちょっとだけ、心臓バクバクワクワクに変わってきたわ」

京太郎「そ、そう……」

京太郎(不思議だね、何でかワクワクが心臓バクバクに変わってきた……)

京太郎(謎の『会わせちゃいけない』的な第六感やらを感じる……)

京太郎(どうしよう……何故だかすごく緊張する……)

193 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 06:47:03.32 ID:0aCPfa6fo [45/53]

憧「……そういえば、休日とはいえ、アポ無しで来て会えるのかしら」

洋榎「確かに、おる保証はないわな」

京太郎「大丈夫……だと思うよ」

京太郎「仕事、コーチやスポーツ医学だから」

憧「へぇ……やっぱり、野球との関わりは消せなかったんだ」 フフッ

京太郎(何って嬉しそうな笑み……)

京太郎(隙を見て看板代わりの書道用和紙引剥しておいてよかった……)


195 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 06:52:39.84 ID:0aCPfa6fo [46/53]

ピンポーーーーーーーーーーーーーーーン

憧「…………」 ドキドキドキドキ

京太郎「…………」 ドキドキドキドキ

洋榎「…………」 ドキドキドキドキ

憧(や、やっぱりお風呂入って菓子折り持ってくるべきだったかな……) ドキドキドキドキ

京太郎(頼むからまともな状態で出てきてくれよ……) ドキドキドキドキ

洋榎(阿知賀のレジェンドってどないな人なんやろうな~)ドキドキドキドキ

晴絵「ふゎ~~~~あ……だぁれよこんな朝っぱらからァ……」 ガチャ

京太郎(いや、もう昼の2時を回りますけど!?)

洋榎(アクビ寝癖すっぴんノーブラ学生時代の体操服……休日のだらけスペックとしては跳満は硬いな)

憧「」


197 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 06:55:37.73 ID:0aCPfa6fo [47/53]

憧(あ、あれ、ハルエ……?)

憧(いやいやそんなまっさか……)

憧(きっとこれは住み込みのお手伝いさんとかそういう……)

晴絵「あれ? 憧?」

晴絵「うっは、懐かしジェンド!」

晴絵「私よ私、はるえー。覚えてる?」 ヘラヘラ

憧「」


200 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 06:58:30.17 ID:0aCPfa6fo [48/53]

憧(ま、まあ、イップスで沈んでた時に比べたら全然マシよ)

憧(灼がここまで治療したのだと考えたらむしろ喜ばしいことだわ)

京太郎「そういえば、灼ちゃんは……」

晴絵「あー、今ちょっと出払ってて……」

憧(ハルエは寝てたのに灼だけ出てる……?)

憧(もしかして二人は夫婦で、たまの休日だからって憧が買い物行ってたりってことかしら?)

洋榎「ちなみに何しに?」

晴絵「あ~バイトよバイト」

憧「え?」

晴絵「いや~経営が厳しくて。これだけじゃやってけないのよ」

憧(そうよ、夫婦支え合ってるのよ、そうに違いないわ……)

201 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 07:04:15.11 ID:0aCPfa6fo [49/53]

晴絵「いやー灼にはホント頭あがんないわ」

晴絵「何でもかんでも任せっぱなしになってるし」

憧「」

京太郎「……ち、ちなみに、灼ちゃんは今何のバイトを?」

京太郎(さ、さっさと離脱してバイト先に顔見せに行った方が絶対いいそうしよう)

晴絵「今まさにやってるバイト?」

晴絵「えーっと、確か……」

晴絵「>>205」

207 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 07:13:08.43 ID:0aCPfa6fo [50/53]

晴絵「ミゾットスポーツの店員、だっけな」

京太郎「ミゾットスポーツか……割りと近いな」

憧「一応、スポーツ関係なんだ……」

晴絵「私はもっと割のいいバイトしろって言ったんだけどねー」

晴絵「まだ野球には未練があるらしくってさ」

晴絵「どうしても働きたかったみたい」

憧「…………」

憧「私、灼を迎えにいってきます!」 タッタッタッタッタッ

京太郎「あ、おい! 待てって!」 タッタッタッタッタッ

洋榎「お、置いてかれても困るて!」 タッタッタッタッタッ

晴絵「…………」

晴絵「なんだったのかしら?」

晴絵「……まあいいや、二度寝しましょう」

晴絵「ニチアサタイムのあとくらいゆっくり寝かせてくれジェンド……」 グーグー

210 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 07:17:50.79 ID:0aCPfa6fo [51/53]
きりよく憧イベントくらい終わらせたかったけど、時計みたらクッソ朝やん。
というわけで、キリは悪いけど『セーブして終わる』したいと思います。
有難いことに「深夜は過疎とは何だったのか」状態で人が深夜に居るんで今日も夜遅くになりそうな模様。
今日も長々お付き合いありがとうございますですわー。

216 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 23:49:25.16 ID:0aCPfa6fo [52/53]
>>214
合宿明けはパワーアップしてる予定だから、とりあえずお留守番組のデータでも

左/右  須賀 弾道3 FCDFEF 帳尻合わ ケガ△ パワーヒッター サヨナラ男 代打○ 体当たり 走塁△ エラー 慎重打法 選球眼
一/三  猿野 弾道4 GACCFG パワーヒッター 満塁男 サヨナラ男 三振 走塁△ エラー 併殺
一/他  愛宕 弾道1 BDBCBB 人気者 ムラッ気 広角打法 固め打ち アベレージヒッター サヨナラっ娘 逆境○ チャンスメーカー ムードメーカー
                       対左打者◎ ヘッドスライディング 体当たり ゲッツー崩し 天然芝○ 送球○ サブポジ○ 
投     南浦 弾道3 ECDEGF サヨナラっ娘 逆境○ エラー

投 愛宕 100km コントロールD スタミナD カーブ1 フォーク1
ピンチ○

投 南浦 106km コントロールA スタミナE 超スローボール
低め○ 軽い球 尻上がり スロースターター 寸前△ ランナー△ テンポ○


217 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/21(木) 23:59:54.05 ID:0aCPfa6fo [53/53]

[ミゾットスポーツ]

灼「…………」 モクモク

「ああ、それ俺やるよー重たいっしょー?」

灼「あ、どうも」

「鷺森さーん、あの、これやっておいてあげるから休憩行ってきなよ」

灼「……ありがとうございます」

「ねえちょっと、あの子また休んでるわよ」

「若くて可愛いからって調子乗っちゃって、やーねー」

「バイトだからって仕事をナメられたら困っちゃうわ」

灼「…………はぁ」

灼(陰口ならせめて聞こえない所でやってほしいな)

灼(まあ、聞こえるようにやってるんだろうけど)

灼「…………」

灼(この仕事、やめたいな……)

灼(でも、もう飛び込み自殺の死体処理の仕事はしたくないし……)

灼(はるちゃんだって色々頑張ってくれてるんだろうから、私も我慢しなくちゃ……)

灼「…………」

灼「よし、仕事に戻ろう」

ウィーーーーン

灼「いらっしゃいま」

灼「せ……」

憧「…………!」

219 名前:守備練習して来なかった連中ばっか残ってしまったうえに唯一守備教えられる愛宕ネキ連れ回してるから……[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 00:07:08.71 ID:n2f5YQCso [1/29]

憧「あ、らた……」

灼「憧……」

憧「灼ぁ!」 ガバッ

灼「ちょ、ここではやめ……」

憧「灼ぁ……灼ぁ……」 グスッ

灼「……憧……」

憧「心配……したんだからね……」 ギュッ

灼「……ごめん……」

憧「……でも……よかった……」

灼「?」

憧「灼が死んでなくて……」 グスッ

灼(何でそんな唐突に死んだことにされたんだろう)

221 名前:まーたダークスピアさん大暴れか。クッソ重い。[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 00:22:49.16 ID:n2f5YQCso [2/29]

憧「……ごめんね、急に」

灼「いいよ、別に」

憧「バイト中に行っちゃったのも、ごめん」

灼「ビックリしたけど、それも別に気にしなくていいよ」

憧「……いきなり騒いだせいで、店を追い出されたのも、ごめん」

灼「それはちょっと怒ってるかも」

憧「あと、駆け寄る際にボール蹴っ飛ばして、それに躓いた私の連れが棚にぶつかって店内を壊滅させるレベルのピタゴラスイッチが始まっちゃったこともごめん」

灼「それはむしろありがとう」

憧「え?」

灼(これで後腐れなくバイト先変えられるし)

226 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 00:42:18.69 ID:n2f5YQCso [3/29]

灼「でも……よく分かったね。私が長野にいるって」

憧「……偶然よ、完全に」

憧「電話すら通じなくなった相手の居場所を即特定なんて、エスパーじゃなきゃできないわ」

灼「……ごめん。一時期電話代すら払えてなかったから」

灼「今もバイト面接に使う用のPHSとクリニックの黒電話しか持ってないけど」

憧「……そう」

灼「…………」

憧「…………」

灼「…………」

憧「ねえ、灼」

灼「…・・・ん?」

憧「今、しあわせ?」

227 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 01:04:04.82 ID:n2f5YQCso [4/29]

灼「……幸せだよ」

灼「そりゃあ、嫌なこともたくさんあるけれど」

灼「今は徹夜で重労働をして歩いてる時に気絶することもないし……」

憧「そ、そう……」

灼「それに……はるちゃんがいてくれるから」 テレッ

憧「…………」

憧「ねえ、灼」

灼「ん……?」

憧「もういっこだけ聞いていい?」

灼「……どうぞ」

憧「正直に言ってほしいんだ」

灼「…………」

憧「私のこと、恨んでない?」

灼「……え?」

憧「阿知賀で甲子園に行くー、なんて無謀な夢に付きあわせちゃったからさ」

憧「そのせいで世間から白い目に見られたりしたし……」

憧「そのせいでボーリング場も潰れちゃうし……」

灼(なんかさっきから現実以上に私のことを悲惨な有様に思っているような気がする……)

232 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 01:14:14.43 ID:n2f5YQCso [5/29]

灼「……そりゃあ、まあ……嫌なことがなかったって言ったら嘘になるかな」

憧「…………」

灼「つらい目にもあったし、多分、野球部をやってなかったらもっと違う人生だったと思う」

憧「…………」

灼「だけど――」

灼「後悔なんて、あるわけない」

憧「灼……」

灼「……楽しかったから」

灼「辛いことや悲しいことよりたくさんの楽しかったこと嬉しいことがあったから」

灼「心残りはたくさんあるけど、あの日々がなければよかったなんて思ったことはないよ」

憧「…………」

灼「……憧は、どう?」

憧「え?」

灼「憧は……後悔してるの?」

235 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 01:22:16.99 ID:n2f5YQCso [6/29]

洋榎「なーガースー」

京太郎「んー?」

洋榎「なんかごっつ蚊帳の外で暇やねんけど」

京太郎「俺だって暇だよ」

洋榎「商品棚ドミノ倒しした申し訳なさから適当に商品こうたはいいけど、もうちょい考えて買うべきやったな」

京太郎「まぁ練習に使えなくはなさそうだけど、野球道具を買わなかったのは失敗だろうなあ」

洋榎「…………ビーダマン、このトシでやってもおもんないなぁ」

洋榎「別のもんやろーや」

洋榎「他何こうたー?」

京太郎(あの店なんでビーダマンとか売ってたんだろう……ビーダマンってスポーツか?)

京太郎「あまぁいいか……」

京太郎「なんかあっちで真面目な話し合いしてるから、あんま五月蝿くないやつな」

洋榎「はーい」

238 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 01:41:39.81 ID:n2f5YQCso [7/29]

憧「……後悔……してたのかな」

憧「わかんない」

憧「ただ……愚かだったかな、とは思う」

憧「皆を巻き込んだこと」

憧「にも関わらず、無謀なことを無策で実行しちゃったこと」

憧「……まぁ結局の所、自分に酔って周りが見えなくなってた所は反省だわ」

灼「………」

憧「馬鹿だよねえ」

憧「灼にしても、しずにしても、和にしても――」

憧「……初瀬に、しても」

憧「皆ちゃんと私のことを好いててくれて、気にかけてくれてたのに」

憧「何で、自分のことでいっぱいいっぱいで見落としちゃってたのかなぁ……」

灼「……それで……」

灼「逃げるようにして長野まで来た、ってこと?」

憧「はは、手厳しいね」

憧「……まあ、でも、間違ってないか」

憧「私はきっと、トドメをさしてほしかったんだよ」

憧「いろんな物を見落として、ふらふらふらふら迷走してきた私に」

憧「誰か“正しい人”がさ、『お前は馬鹿だー』『間違ってるー』って言って、全否定してくれることを望んでたんだろうね」

239 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 01:49:53.14 ID:n2f5YQCso [8/29]

灼「正しいとか、正しくないとか、そんなの誰が決めるの」

灼「私ははるちゃんと幸せに暮らしてるし、この生活を正しくないとは言いたくない」

灼「でも……“世間”なんていう曖昧で強大な数だけの集団には、正しくないって思われてるのは知っている」

憧「…………」

灼「多分、憧は――本当は、肯定してほしいんだよ」

灼「大多数にお前は間違ってたって言われるってわかってて」

灼「自分自身、間違ってたってわかってて」

灼「それでもなお、受け入れたくなるくらいにその選択肢が愛しいから」

灼「だから胸を張ってそれを肯定できるよう、誰かに認めてほしいんだ」

憧「…………」

灼「でも、今のままじゃ誰も認めてくれないよ」

灼「一見失敗したような過去を肯定してほしいなら、それを糧に今をしっかり生きないと」

灼「……またやったらいいんじゃない、野球」

憧「灼……」

憧「…………」

憧「私は、野球を――――」

ゴスッ

京太郎「ば、ばか! どこ飛ばしてんだよ!」

洋榎「しゃーないやん! フリスビーとか人生で初やねんから!」

洋榎「やっぱりハイパーヨーヨーにしとくべきやったんて!」

京太郎「どうせループザループとかいってヨーヨー飛ばしてただろうが!」

244 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 02:02:25.38 ID:n2f5YQCso [9/29]

灼「だ、大丈夫?」

灼「どこぞの誰かさんみたいに滝のように血が出てるけど」

憧「フリスビーってこんな鋭利に突き刺さるものだったかしら……」 ダクダク

灼「…………」

憧「…………」 プッ

憧「あーあ、なんだかあほらしくなってきちゃった」

灼「……それでいいんじゃないかな」

灼「憧は頭がいいせいで、複雑に考えすぎなんだよ」

灼「勢いに任せて行動できるのなんて、今だけだよ?」

灼「そのせいで失敗を犯して、ごめんなさいで許されるのも、今だけだってはるちゃんが言ってた」

憧(嫌な実感がこもってるわね……)

灼「憧も、部活作った時みたいに、また勢いに任せちゃえば?」

灼「……それでどれだけ失敗して、迷惑をかけたとしても、私は受け入れてあげるから」

憧「灼……」

灼「あ、『ちゃんと謝れば』ね」

灼「目を背けずに問題に直面することも大事」

憧(ハルエの現状という問題点から目を逸らしてなきゃ説得力あったんだけどな……)

246 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 02:08:57.89 ID:n2f5YQCso [10/29]

灼「だから、さ」

灼「頑張れ、憧……」 ニコッ

憧「……」

灼「何なら、ブランク埋めるために当レジェンドクリニックで能力のパワーアップを……」

憧「それは遠慮しとくわ……」

憧「……野球か……」

憧「そうね……」

憧「また、やってみようかな」

灼「それでこそ、野球バカ」

憧「うっさいなー」 ホッペタプクー

247 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 02:17:26.22 ID:n2f5YQCso [11/29]

灼「……もし晩成に戻ったら、あのアホに一発蹴りを」

京太郎「って、ちょっと待ったァァァァァァ!」

憧「!?」 ビクッ

京太郎「黙って聞いてれば、勝手に話を進めやがって!」

灼「黙っては居たけど煩かったうえ目障りではあった……」

洋榎「すまんな」

京太郎「とーにーかーく!」

京太郎「これ以上晩成に持っていかれてたまるか!」

京太郎「さっき言ったよな、灼ちゃんもお猿さんも頑張ってるって」

憧「そういえば……しず……」

京太郎「そのジャージモンキーは、ウチの高校にいるッ!!」

憧「!!」

灼「!!」

248 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 02:23:08.36 ID:n2f5YQCso [12/29]

京太郎「それに、原村和もいる」

憧「!!」

灼(誰?)

京太郎「穏乃と、和と、一緒に遊ぼう、憧ちゃん!」

憧「…………」

憧「でも晩成には玄や初瀬がいるのよね……」

憧「黙って阿知賀に行ったせいで、亀裂が入っていた初瀬と、一緒のチームになれるチャンス……」

京太郎「でも、和や穏乃と一緒にやれるのだって今年しかないぞ!」

京太郎「多分だけど、今までのパターン的に甲子園で優勝しなきゃ穏乃はただの猿に戻るし」

憧(パターン?)

京太郎「だからほら、清澄に!!」

憧「うーん……」

洋榎「迷っとるで、あと人押しや!」 ヒソヒソ

京太郎「よし!」 ヒソヒソ

京太郎「>>"50!!」

249 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 02:24:01.76 ID:n2f5YQCso [13/29]
ミス。>>252に訂正。

260 名前:君が欲しいの汎用性高すぎィ![sage] 投稿日:2012/06/22(金) 02:34:47.75 ID:n2f5YQCso [14/29]

京太郎「野球で勝負だ!!」

憧「は?」

京太郎「憧ちゃんだって、なんか色々吹っ切るためにも甲子園に行きたいはずだ」

京太郎「ここで俺を倒せるようじゃなきゃ、晩成でレギュラーを掴むことなんて出来ない!」

憧「……いや、レギュラーじゃなくても、甲子園は甲子園なんだけど」

京太郎「うっ」

憧「しかも、どうせなら名門校に入ったほうが云々って言ったばかりだと思うんだけど」

京太郎「ううっ!」

憧「しかも、その言い方だと晩成より弱いってことじゃない」

憧「ホントに甲子園行けるの?」

京太郎「うううううっ!」

263 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 02:36:31.20 ID:n2f5YQCso [15/29]

京太郎「い、いいんだよ!」

京太郎「野球バカなら意見は野球で押し通してみろ!!」

憧「無茶苦茶なことを……」

京太郎「さあ、とにかく勝負だ!!」

洋榎「ちゅーてもポジション次第じゃ勝負にならんで」

洋榎「自分、ポジションどこなん?」

憧「私? 私は>>266」

273 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 02:44:11.78 ID:n2f5YQCso [16/29]

憧「私はキャッチャーよ」

憧「……リトル時代は和とタメを張ってた時期もあるんだから」

京太郎「げ、投手じゃないのか」

洋榎「あ、ウチ投手できるでー」

憧「清澄が投げて清澄が打って私が商品とか鬼のようなマッチポンプね」

京太郎「じゃあどうすれば……」

憧「ちゃんと本職ピッチャーがいるじゃない」

憧「奈良のサブマリン投手」

憧「脅威のボーリング投法で多くの打者を倒した猛者」

憧「鷺森灼とは彼女のことよ――!」

灼「え……私ブランクが……」

憧「それを言うなら私も出し大丈夫だって」

灼(大体別に私は憧がどこい行こうとわりとどうでもいいんだけどな)

灼(憧が行きたい所に行くのが一番だし)

275 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 02:59:09.21 ID:n2f5YQCso [17/29]

憧「まぁ、愛宕さんは本職投手じゃないし……」

憧「そっちが打者、こっちが投手の一騎打ちにしましょう」

憧「一打席勝負ってことで」

洋榎「自分の進退かかっとんのに、人任せでええんか?」

憧「まぁ、清澄と晩成で行きたい気持ちは半々だしね」

憧「それに、リードは私がするから」

憧「結構捕手も大事なのよ?」

憧「ま、それもこれも構えた所に投げてくれる灼あってのものなんだけどさ」

灼(憧のリード、相手の弱点をいやらしくつくかわりに、ストライクゾーンぎりぎりばっかりでシビアなんだよなぁ……)

洋榎「ほんならウチも見てるだけってのはアレやし、審判やったるわー」

京太郎「ようし、来い!」

279 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 03:03:50.40 ID:n2f5YQCso [18/29]

バシーン!

洋榎「ットライィーク!」 卍

京太郎(うへぇ、あんな所に決まるのか……)

京太郎(しかもアンダースローって、見る機会がないだけにすごく打ちにくい……)

灼(…………) ピュッ

ギュオオオオオオオオオオオオオオ!

ガキーン!

洋榎「ファー!」 モルスァ

京太郎(ストレートは結構ノビてくるし、重い感じだなー)

京太郎(……疲れるし、マモノ相手にゃ全然きかないけど、一応ファントムっとくか……)

ズバーン!
ズバーン!
ズバーン!

洋榎「BOW!BOW!BOW!」

憧(まさか、灼がこんな連続でボール球を投げるなんて……コントロールも落ちてる……)

憧(ひょっとして、能力!?)

灼(一球だけならともかく、肩作ってもいないのに、いきなりそんな厳しい所に変化球を投げ込めっていうのは無茶……) グッタリ

284 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 03:20:41.26 ID:n2f5YQCso [19/29]

憧(勝負は次の一球)

憧(臭い所に自信を持って放らせる!)

灼(もう……外れても知らないから……!) ビュッ

ギュオオオオオオオオオオオオオオ!

京太郎(完全勝利をするためにも――――ここは、打つ!!)


【京太郎の狙い球 >>287】
基本威力がコンマの数値
球種が当たれば+60、外せば-5
A:ストレートと叩き返す
B:シンカーを狙い打ち
C:ドロップを弾き返す


【灼の基本威力】
>>288のコンマ数値

【灼の投球】
>>289のコンマ秒数により、下記の数値だけ灼の数値に追加
00~29:ストレート +40
30~59:シンカー +30
60~89:ドロップ  +30
90~99:スローボール +10

297 名前:お前ら対決強すぎるだろwwwww ※ただし勧誘は除く[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 03:30:04.76 ID:n2f5YQCso [20/29]


 打 須賀(清澄高校)  VS  投 鷺森(レジェンドクリニック)
   120(60+60)           82(42+40)




グワラガキーーーーーーーーン!!

灼「…………!」

憧「嘘……」

京太郎「文句なしのホームラン、だな」

洋榎「あのエグいコースにえぐい球威の球放られてあんだけ飛ばすとかやっとれんわなー普通」

ガシャーーーーン

憧「…………」

洋榎「窓ガラスダイレクトのホームラン、やな」

京太郎「と、とりあえず逃げよう」 タッタッタッタッタッ

洋榎「せやな」

憧「え、ボールはいいの?」

洋榎「ええて。またあの店でこうたらええし」

302 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 03:35:56.11 ID:n2f5YQCso [21/29]

[清澄高校]

京太郎「と、いうわけで、ここまで逃げてきたわけだけど」

憧「い、一直線にどこ向かったかと思ったら……」

咏「お? 何やってんだお前らー」 ブンブン

京太郎「三尋木先輩」

咏「ん? そっちのエンコーでもしてそうな少女は誰だ?」

京太郎「あ、えっと、彼女は新子憧。新しいチームメイトです」

憧「灼もいるのに迷わず私を紹介しやがったなオイ」

咏「ふーん。んじゃ一緒にコモリンとこ行こうぜー」

洋榎「コモリン?」

咏「監督だよおたくの。トモコ・モリでコモリンなー」

京太郎(だせぇ……)

305 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 03:45:35.97 ID:n2f5YQCso [22/29]

友子「はい、というわけで、憧ちゃん入部手続き完了っと」

憧「ありがとうございます、これからよろしくお願いします」 ペコリ

咏「まぁ気楽にしろよ新入り-」 ヒラヒラ

京太郎(何でこの人こんなに偉そうなんだろう)

友子「しずちゃんと和ちゃんは明日には学校帰ってくるから」

洋榎「猿野とちんぽっぽに紹介するんはそれからでええかー」

京太郎「合宿始まってからこれで3人目ですしねぇ」

憧「……そういえば結局今何人なの?」

憧「そんなに大きくないみたいだけど」

京太郎「ええっと、咲が入ってきた時点で6人しかいなくて……」

京太郎「それからダブルモンキーが入って8人」

京太郎「洋榎さんと憧ちゃんと南浦さんで、11人かな?」

京太郎(さすがにもうムロマホコンビやエトペンは考慮しなくてもいいだろ)

洋榎「ふーむ……二人はベンチか」

307 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 03:52:05.74 ID:n2f5YQCso [23/29]

憧「私は別にベンチでもいいよ」

京太郎「え?」

憧「引きぬかれたエリートってわけでもないし、いきなりレギュラーくれっていうほど厚かましくはないし」

憧「それに、その場の空気に流されて長いこと一緒にいた相手を疎かにしたら後悔するわよ」

憧「奥さん放置して浮気相手に入れこむようなもんだからね」

京太郎(その例えはどうだろう……)

憧「ま、初瀬の気持ちに気付かずに色々やっちゃった私が言えることじゃないけど……」

洋榎「?」

憧「まぁとにかく、引きぬいたんだし~なんて温情はいらないから」

憧「こう見えてクレバーにプレイしたり練習したりできるつもりだから、ま、便利屋としてでもこき使ってよ」

憧「使う方向性が決まれば、言ってくれたらそっち方面の練習するし」

憧「……野球ってのは、ベンチも大事なんだから」

308 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 04:00:23.77 ID:n2f5YQCso [24/29]

洋榎「さて、色々回ってもう夕方やけど」

洋榎「このあとどうするー?」

憧「私はちょっと清澄見て回りたいけど……」

洋榎「ウチは別にアコスの練習付きおうてもええしなー」

京太郎「うーん、どうしよう」

京太郎「遠出は流石にできそうにないけど、近場なら行ったりできそうではあるな……」

京太郎「でも合宿組に置いていかれないためにも練習したい気もするし……」


『どうする?  >>310』

314 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 04:07:09.93 ID:n2f5YQCso [25/29]

京太郎「……実を言うと、外野が足りてないんだ」

洋榎「は?」

京太郎「いや、なんというのかな……」

京太郎「ここ数日で補強に補強を重ねたのはいいんだけど……」

京太郎「ファーストピッチャーキャッチャーとどこも先人がいるやつでさ」

京太郎「肝心要のライトは補強できてないんだよね」

憧「……なるほど、それで私にコンバートしろと」

京太郎「まぁ、猿野よりは遥かに守備できるだろうし……」

憧「まぁいいわ。必要ってんなら、外野守備の練習しとくわ」

洋榎「んじゃウチがマンツーマンで教えたるわ」

洋榎「一応外野守備全体を叩き込んだるわ」

憧「っていっても所詮一朝一夕だし、あんまり期待しないでよね」

憧「……守備の穴になる可能性は大きいし」

京太郎(染谷先輩過労死するかな……)

317 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 04:16:34.70 ID:n2f5YQCso [26/29]

友子「猿野君とかは呼ばなくていいの?」

洋榎「ちんぽっぽに実践的な打撃を覚えさせたいですし、あっちに付いててもらいますわ~」

洋榎「どーせどっかで野試合でもしてるんでしょうし」

咏「しらんけど、まあ、高校生にもなったんだし、呼びださなくても上手く特訓くらいしてるだろー」






[公園]

猿野「オラァかかってこいや幼児ども~~~~!」

数絵「遊んでくれたらムシキングのカードをあげよう。大丈夫、怪しくないぞ」

緋菜「なんか変な奴がいるし!」

菜沙「おまわりさん呼んでくるし!」

城菜「じゃあ私はババァ呼んでくるし!」







[部室]

友子(なんだろう、なんか警察に呼び出されるんじゃないかって第六感が告げてる……)

320 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 04:26:40.74 ID:n2f5YQCso [27/29]

京太郎「そういや憧ちゃんってどんな能力なの?」

憧「え、あ、それは……」

灼「データにするとこんな感じ」


補  新子 弾道2 FEEDED ハイボールヒッター 連打○ バント○ 送球○ キャッチャー○


京太郎「うわぁ……」

憧「な、なによ!」

咏「お前よっわいなー」

憧「ば、Dって一応高校生上位なんだからねっ!」

憧「インフレしてるせいでわからないけど、私は肩とキャッチングが上位高校生くらいでしかも送球やリードはいい方なんだからっ!」

洋榎「扇風機の素質あるで」

憧「だ、だってもう1年くらいバット握ってなかったし……」

憧「ぜ、全盛期の私と同じくらいの選手だった親友は、名門じゃアルプス席になる程度だし……」

京太郎(まあ、風越のアルプス席部員と同じくらいの能力とか考えたら残当なのかなぁ)


322 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/22(金) 04:32:17.36 ID:n2f5YQCso [28/29]

洋榎「しゃーない。せめて便利屋くらいやれるよう、外野守備鍛えたるわー」

憧「う、うう……よろしく頼むわ」

洋榎「ほんならウチがお手本見せたり指示したりするわ」

京太郎「じゃあフライ打つのは俺やりますよ」

洋榎「お、ええのん?」

京太郎「最近ようやく狙ってフライ打てるようになってきましたし、むしろやりたいっす!」

京太郎「ミートの練習にもなるだろうし」

友子「あ、球拾いのお手伝いくらいならするわよ」

咏「んじゃ私は今晩動きをチェックして反省できるようビデオでも回しておこうかー」

灼「じゃあ私は上手く捕れた時にイイコイイコしてあげる役を……」

憧「私は小学生か!!」

京太郎「無表情でしれっとボケてきますね……」

洋榎「くっ……大オチ持っていくとか、なかなかどうしてやるやないか!」

灼(え……イイコイイコなでなでしたりって普通はしないものなの……?)