しおり雌豚肉便器化計画(実戦篇)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。








部屋中でしおりの喘ぎと淫猥な水音が響き渡る。



赤黒い肉杭がしおりの幼い赤く色ついた膣口を押し広げ出入りしていた。



差し出された赤黒い肉杭を躊躇いもなく咥え尿道を吸う。



「あん…オチン〇いっぱぁい…んふぅ…」
「今日もたっぷり肉便器として使わせて貰うよ」
「はぁ…はぁ…あん」



ズチュズチュズチュズチュ



容赦なく自分達が型を覚えさせ精液で毎日マーキングした膣内は加齢臭漂う中年モブ忍達に掻き回された。



ズチュズチュズチュズチュパンパンパン



「あぁん…んふぅ…んあぁぁぁぁっ」
「ほら食らえ淫乱しおり今日朝イチの精液でイケぇ!!」
「んほぉぉぉ~朝イチの濃厚な精液で…イグゥゥゥゥ」



ブビュブュルルル



中年モブ忍者は喘ぐしおりに思いきり吸い付くように口吸いをする。



「んふぅ…んんぅ…」
「ぷはぁ~ディープキスしてる間もしおりちゃんのオ〇ンコがオジサンのオチン〇ぎゅうぎゅう締め付けてるよ」
「はぁ…はぁ…ん…ありがとう…ございます…」
「ほら…しおりもっと欲しいのなら誘いなさい」



たっぷり注ぎ込み肉杭が膣口が名残惜しそうに白濁の糸をひいた。



「あぁん…しおりの…雌豚肉便器を使って下さいぃ…」
「ほうらオジサンのオチン〇はさっきより極太だぞぉ~」
「あん…オチン〇大きいぃ…肉便器オ〇ンコが広がっちゃうぅ」



ズチュズチュズチュズチュ



「しおりぃぃぃロリオ〇ンコ気持ち良い」
「何でって制服の裏に教科書に名前描いてあったから」
「そ…そうですか…んあぁぁぁっ」












数時間後――――







全身を加齢臭漂う中年モブ忍達の精液塗れにされ膣口は入りきれず溢れ出ている。



「すげぇしおりちゃん立派な雌豚肉便器に成長したね」
「俺のチン〇咥えて離さないよwww」
「また肉便器たっぷりつかってあげるからね」
「あぁ…オチン〇…」



うっとりした目で赤黒い肉杭を舐めるしおり。










翌日―――――







しおりは身体を清められ忍術学園に帰る事が出来た。



しかし夜中になると呼び出され廃寺で加齢臭漂う中年モブ忍達の肉便器として犯され続ける。



ズチュズチュズチュズチュ



「あっ…あっ…あぁん」
「この肉便器最高!!」
「あ…ありがとうございます…」
「しおりちゃんに彼氏出来たらオジサン達の精液の臭いが染み付いた中古オ〇ンコを彼氏が使う事になるねwww」
「そんな事…んあぁぁぁっ」
「まぁ彼氏が出来てもしおりちゃんのオ〇ンコは我々のモノだからね」



ズチュズチュズチュズチュズチュズチュズチュズチュズチュズチュズチュズチュブビュブュルルル



「は…はひぃ…」



しおりは雌豚肉便器の表情でそう答えた。






しおり雌豚肉便器化計画(実戦篇)・終