※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【灼眼のシャナII】【ラノベ】【アニメ】【萌え】【2008】【3】
公式 wiki ニコニコ
2学期の最終日。池速人はある決意をしていた。一美が悠二を好きだと知ってはいるものの、自分の気持ちに決着をつけるためにも自分も行動しなければ、と。その夕方、一美もまた自分の気持ちに決着を付けるため、同じ思いを抱くシャナと待ち合わせをしていた。怖いけど、悠二にどちらかを選んでもらおう、と。一方、佐藤啓作も選択を終え、結論に至っていた。サブラクとの戦いの最中マージョリーの質問に対し出した答えを、確固たる意思に変え、最も頼りたくなかった父親の力も借りる決意をもし、マージョリーに宣言する。「アウトローで働きたいんです」と。決意を固めたのは、悠二も同じだった。急用で帰って来た父・貫太郎から告げられた吉報。その事実が彼の思いを後押しする。「この世界を守りたい」と。


あっさり出来ちゃった発言。
年の差16歳の兄弟ってどうなんだろうなあ。
良き兄良き弟になりそうな気がするぜ。
それにしても両親は学生結婚って言ってたしやっぱり若い。
実のところいくつぐらいなんでしょうね。


どうやらここは僕の出番のようだな。
そう思った男性視聴者(一部女性もいそうだが)に乾杯。
でも、頭脳明晰という設定のシャナにしてはちょっとあざといと感じてみたり。
まあ萌えればいいんですよね!みなさん!


娘を嫁に出したくない母親の気持ちですか。
永遠を生きるゆえの悲恋を知ってる女の気持ちですか。
悠二、ここはヴィルヘルミナルートで行こうじゃないか。
そう心の中でアドバイスをした矢先、浮かび上がるヘカテールート。
能登がいたな……、そう言えば。

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|