黒でよく使われるカード一覧


ユニット


   スペックだけを見てもかなり強力。
   最近では属性で固めるデッキも増えてきたので除去もしやすくなった。

   一昔に比べればそこまで凶悪ではないもののまだまだ現役。
   相手のユニットのBPをマイナスできるのは単純に考えても強い。

   登場時効果は味方のリリース。シンプルだが強力な能力を持っている。
   その奇襲性は高く、また、自身を選択し根性のように使うのも可能。
   小林三平太乱崎銀夏でサポートすれば出しやすい。
   下記のハナ子の歌と比べても、菜野花里の存在により甲乙つけがたい有能性。

   他のカードゲームなら禁止カード級の能力の持ち主。
   ウィニーとしても大いに活躍できるが試合の後半に腐りやすいのが難点か。

   持ちをパンプできるので混色でもデッキを選ばず採用できる。
   単純にこのカードを2枚並べるだけでも十分ウザい。

   黒と緑の混色デッキの要。
   最近では経験の効果は期待できないが場にいるだけで強い。

   リアニの希望でおまけに除去までできる。
   黒メインのデッキなら積んで置いて損は無い。

   「このカードを活かせられれば」と多くの使用法が模索されただろう強力サーチユニット。
   普通に「天使」で組んでも良いが、乱崎千花キャンサー・カリクムを出すのに使っても良い。
   早い段階で来ないと腐りやすいのが欠点。

   スペックは低いが場にいるだけでかなりの仕事をしてくれる。
   勇気も持っているので手札から落としてで登場させるのも良い。

   いまだに高値で取引されている黒のぶっ壊れカード。
   採用する際はデッキコンセプトを選ぶがはまった時は十分に強力。
   その強さは流行の毒島冴子をメインとしたデッキが証明している。

   上記のハーレイ&キリクを捨てれば安全に能力を発動できる。
   Lvが5なので最近増えてきた除去系のストラテジーには若干弱い。
   気合が付いていなければなぁ・・・と言うのは望みすぎである。

   使いたいのユニットにが付いていないときに採用される1枚。
   親切ついでにまでくれる、優秀ユニットでよく見かける。

   どんな高BPのユニットもバトル前に除去できる強力なユニット。
   リアニの希望で相手のターンに登場すれば盤面の大掃除も可能。
   黒のデッキなら2~3枚積んでおくといい仕事をしてくれる。

   低レべ除去ユニットなのに効果対象レベルの制限なし。
   デメリットとして記載されているであろうデッキ削りがにとってはうれしいだけ。
   ぶっ飛んだ効果をお持ちの冴子さんとしかいえない。

   使われればわかるその強力な能力。
   上記のハーレイ&キリクを使えば毎ターン復活できる。
   完全に組み上げられた毒島デッキは本当に強い。
   ハナ歌デッキにおける、天狐空幻(♀)のSPパンプ要員としても見かける。

   毒島冴子(FJ11026)がメインのデッキで活躍する。
   下の能力は使いすぎるとデッキアウトの恐れがあるので注意。

   除去もできるわハンデスもできるわと書いてあることが何かおかしい。
   おまけにBPのパンプまでできるとアンコモンとは思えないユニット。
   学園黙示録きっての○ッ○はただでは済まないようだ。

   下記の石鹸の記憶と同じく、星無しユニットをサルベージする効果の幸運を持つ。
   勇気を持っているので、手札に来ても腐らない。

   ユニットの展開もできる強力なウィニー。
   試合の後半は一緒にデッキに組み込まれるでろうメガネウスをサーチしよう。

   序盤はウィニーとして使えて後半は能力が強いと隙がない。
   除外された毒島冴子(FJ11026)を戻せるのが凶悪すぎる。

   経験注意すれば素のスペックも高い。
   能力も相手の手札を確認しながらのハンデスとなかなかエグイ。
   しかし使われている側としたら隣に大人しくユニットを置く訳もない。
   淡谷舞姫(♀)の隣に置けば相手の♀は否が応でも隣に来るのでそのままハンデスだ。

   ★無しのリリーサー。持ちで使いやすく、リリース能力が容易に誘発できるのが魅力。
   現環境ではのエネブ手段が豊富なので黒緑コントロールでの採用が多い。
   ハンドアドを取りやすくなったためは人気あるが、このカードがもろに刺さる。

   黒を主体とする生徒会デッキのキーカード。
   黒白生徒会デッキならば攻めにはこのカードで守りには淡谷雪国(♀)を使うのが強力。

   低レべで高スペックの信頼持ちユニット。中盤どころか終盤まで使える壊れっぷり。
   デッキに入れると全体的な安定感が増すため、枠が余っていたら入れたい1枚。

   希望持ちの除去ユニット。希望の効果まで除去で抜け目ない。
   使い勝手が非常によく、デッキに入れると安定性が増すため採用率が高い。

   本来相手の手札を削るためにはもっと制限があったはず。と思わせるカード。
   ジャン・プウのようなカードで効果はハンデス。強くないはずがない。

ストラテジー


   各色に見られる定番の除去ストラテジー。
   Lv4なので早い段階から相手の展開を邪魔できる。

   未だ現役のリアニストラテジー。
   希望の効果もリアニと何とも黒らしいカード。

   ご存じ黒を代表する凶悪なストラテジー。
   が無いのが難点だが最近ではデッキからサーチできるカードも増えてきた。

   プチネウスと一緒に組まれることが多い。
   早めにデッキからサーチして相手4ターン目に確実に展開を邪魔しよう。

   ★のない持ちカードをサーチできる優秀ストラテジー。
   効果対象のカードならば、山札を手札に変えたかのように使える使用感が売り。
   コンボパーツを揃える必要があるデッキや混色デッキでの採用が多い。

   を持っていないユニットはこのストラテジーで回収してしまおう。
   黒のどんなデッキにも積むことのできる優良ストラテジー。

   主に毒島冴子(FJ11026)をメインとしたデッキで使われる。
   デッキ圧縮もでき毒島冴子(FJ11026)のBPパンプも助けられるとまさに一石二鳥。

   上記のドロップキックよりもLvが1高い。
   スピードでは劣るがLv5まで除去できるので除去の幅は広まっている。

トラップ


   スタートダッシュデッキC(チャンス!)にも収録された有能トラップ。
   レベル制限なし侵入エリア除去の希望持ちトラップで、腐り難いのが特徴。

   発動すればバトルにも勝ててなおかつハンデスまでお見舞いするトラップ。
   予期せぬハンデスは相手の計算を大きく狂わすことができる。

   黒なら是非積んでおきたいトラップ。
   希望も持っているので全く隙がない。