災害時のトラブル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

災害がおきる。

当日:外傷、crush症候群が多い。

1日後:透析患者の問題。(水が必要)

1週間後:感染症、食中毒、トイレ

 

→水がでなくなる。

→トイレに行かなくなる。水を飲まなくなる。

→脱水になる。車中泊をする人も多くなる。

→DVT(deep venus thrombosis)がおきやすくなる。

→ということで、災害がおきたら、エコーと採決(FDP,D-dimer)の測定

→ちなみにDVTが一番おきやすいのはヒラメ静脈。