荒らしに関する話題


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

どの手の掲示板にも荒らしは現れるもので、パソコン通信の時代から存在しています。通信費が馬鹿にならない時代にこういう輩が居るのは意外ではありますが、まあそれほど歴史のある根の深い問題というわけです。


荒らしを完全に排除することは原理的に不可能

最終的に荒らしかどうかを判別しているのは人間なので、厳密なフィルタリングをしようとう思えば思うほど、荒らしのフィルタリングはより困難なものとなる。
それに、荒らしの特徴も年々移り変わるので、やはり完璧な防御は不可能だ。

そのつど自分で防衛する戦略

荒らしを排除するとまではいかなくても、自分に見えなければ荒らしを防御したことになるのではないか。たとえば、メールのスパムフィルタを応用して自動的にあぼーんすることもできるはずだ。その解除はあぼーんされたレスに付帯するURLを踏むことで実現できるだろう。

荒らしに反応してレスを返してしまう過程の中に、そのレスをフィルタリングする機能へのスイッチを置くことで、荒らしの連鎖を防ぐことができるのではないだろうか。

できるだけ、荒らしを強制的に排除するような強権的な処置は採るべきではないと著者は思っている。掲示板は自由で、信用をベースにしたシステムであるべきだと思う。その信用を構築するためには、掲示板上でしか流通しない、2ちゃんねるで言うところのIDを導入するべきではないだろうか。そのIDに対して信用を付加することで、能動的に荒らしから掲示板を守るべきであり、利用者全員がその使命を帯びていると自覚するばきであると思う。