※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

買いのシグナルとは、いまが買い時ですよいうことです。

 

では、なにをもって、買いなのかは、膨大な書籍や情報があるので一概に言えません。

それに100%完璧なシグナルがだせるシステムもありません。

(あったら市場が機能しません)

 

システムトレードのサイトで、「Williams System」のサンプルがあります。

<以下のサイト>

VT Traderで外国為替(FX)自動売買 - VT Traderで外国為替(FX)自動売買

http://vt.systemtradefan.com/

 

 

<売買ルール>

 

  • 買いは、Williams' %Rが-70以下の時に仕掛け、Williams' %Rが-30以上の時に仕切ります。
  • 売りは、Williams' %Rが-20以上の時に仕掛け、Williams' %Rが-60以下の時に仕切ります。
  • 0.5ロットのトレーリングストップ機能があります。

     

     

    ということで、買い仕掛けは

     Williams' %Rが-70以下

    となっています。

     

    実際にシミュレートしてみると、使い物になりません。

    (あくまでもサンプルですので)

     

    そこで、ボリンジャーバンドの値を使用します。

    ボリンジャーバンドの下限値が、上値と下根の間にあると買いだとします。

     

    <コーディング例>

    //データのBollinger Band Bottomを返します。
    Bollinger_bottom := BBandBot ( CLOSE , 14 , S , 2 ) ;

     

    //買い仕掛けシグナル
    //
    //Williams'%Rが-70以下になったら、買い仕掛けシグナルON
    BuyOpenSignal := If(a<=-80
     and
     ( Bollinger_bottom < HIGH
     and
     Bollinger_bottom > LOW )
     ,1,0);

     

    とりあえず、この2つを組み合わせて買いシグナルの点灯としています。