鏡の中のあの日の私


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

薄暗くどこか邪悪な雰囲気すら漂う一室。
その中央でノートパソコンが淡い光を放っている。
ノートパソコン自体には、彼女もメモリーセンター等で馴染みがある。
が、そこに表示されている文字は、彼女が触れてきた多くのコンピューターに一度も表示されたことのない文字列だった。

......Transport Program Set up.

......Ready.

......Please Show Key.

見たことのない文字列に一瞬困惑しながらも、頭にあるアスラ王の記憶を頼りにそれらを解読していく。
どうやらこのノートパソコンは転送装置を代用しているようだ。
その代償として、参加者の心臓を要求しているらしい。
アスラの記憶を頼りにここを探索した際に、立ち寄った店にいた霊体も心臓を求めるようなことを言っていた。
あの合体の施設以外は、利用の対価として人の心臓を求めているようだ。
人を殺すものに力を与え、殺し合いを促進させるようにしているのだろう。
普通の人間なら、この恩恵を大きく受けるだろう。
だが、自分は違う。
アスラ王、マハ・ヴィローシャナの力を手にし、戦闘を経たとはいえ疲労はそこまでもなく、物資も余裕がある。
特にあの施設達の力を借りる必要もない。
「…………気配は無い、な」
意識を集中させ、カテドラル内に生物が居るかどうか探っていく。
全階層察知できるわけではないが、付近に生き物の気配は感じられない。
つまり、この阿呆がカテドラルにいた最後の生命体ということになる。

足りない。
手が、足が、肉が、血が、力が疼く。
これだけ強力な力を持っているのに、こんなところでくすぶっている場合ではないのだ。
もっと闘争を、もっと血と汗を、もっと命の鼓動を、もっと、もっともっともっと。
欲しい。

力と快感を求め、彼女は天使だったものの心臓だったものを抜き出し、ノートパソコンへ翳した。
その瞬間、ノートパソコンから光が溢れだし、彼女の体を包み込んでいった。




東京タワーのようで東京タワーではない不思議な塔の中の一室。
ターミナルを模したかのような部屋に、何時しか辿り着いていた。
ああフツオと旅をしていた時には、何度も何度もお世話になった。
何度経験しても、パソコンからパソコンへ転移するというのは慣れなかったが。
そんなことすらも、もう懐かしい出来事だ。

ふと、思い出す。
先ほどの戦闘はそういえば久方ぶりの"一人"での戦闘だった。
フツオ達と旅をしていたときはもちろん、悪魔と合体し力を手に入れてからも"手下"がいた。
最後の最後にもゆりこが傍にいたし、結果として一人で戦うということはしばらく行っていなかった。
先ほどの戦いの感覚を、より細かく思い出していく。
前衛を突き抜けるフツオもいない。
後衛で銃を撃ちながらサポートするヨシオもいない。
ここにいるのは、魔法を駆使しながら冷静に戦うワルオただ一人。
自分のほかに誰もいない戦いというのは、こんなにも重い戦いだっただろうか。
「馬鹿馬鹿しい……」
思わず、自嘲気味に笑う。
支給されたタバコに覚えた魔法で火をつけ、すうっと煙を吸い込んでいく。
肺に広がる息苦しさが、今自分が生きているということを証明しているようで。
その心地よさが溜まらず、一室の隅で夢中になって吸い続けていた。
息を吸う、肺に煙が溜まる、口から煙を吐き出す。
なんてことはない、何時もどおりの事なのに。
これほどまでに、美味いと感じたタバコも無かった。
どれ、もう一本とタバコの箱を軽く叩いたとき。
部屋の中央に置かれていたノートパソコンが、光を放った。

笑いが止まらなかった。
現れた相手に向けて、そしていつかの自分に向けて。
彼はひたすらに笑い続けた。
突然の訪問者は、当然それを快く思わない。
「何がおかしい」
魔王のような少女の声に動じることなく、彼は笑い続ける。
なぜなら今目の前に現れた少女が、宿しているのはかつて自分を手駒として扱っていた存在だから。
「ザマぁねぇな、アスラ王よぉ」
なぜなら今目の前に現れた少女が、昔の自分と同じ眼をしているから。
「あれだけ驕り高ぶってたあんたが、人間に手を貸すなんてな」
なぜなら今目の前に現れた少女が、望んでいるのは"力"だから。
おかしくて、おかしくてしょうがない。
今、昔の自分を見てもこれほど笑えるのだろうか。
そう思うくらいには、腹の底から笑いが止まらない。


戦いの合図を告げる、一発の炎。
カオスヒーローは、それを難なく切り捨てる。
「はっ、求めた力ってのはその程度か。ベヒモスにでも食わせた方がマシだな」
勿論、これが乱入者の全力だとは思っていない。
軽い挨拶程度の攻撃で全てを判断するほど、彼の思考も甘くは無い。
ただ、分かることが一つある。
"ナメられている"ことは、はっきりと分かる。
伝説の魔楽器、ストラディバリを持った少女が地を駆ける。
力を追い求め、力に狂い、力に溺れる少女が地を駆ける。
いつか、自分に力を与えた存在を宿す少女が地を駆ける。
昔の自分と重なってしょうがない襲撃者に向け、タバコに火をつけてから刀を向ける。
「オレは、自分の足で歩く」
力に溺れることのない、未来を見据えた眼差しと共に。

【B-8/東京タワー・ターミナル/1日目/黎明】
【カオスヒーロー@真・女神転生Ⅰ】
[状態]:魔力消費・中
[装備]:ムラサメ@LIVE A LIVE
[道具]:基本支給品1式、ちいさなメダル@DQ5、不明支給品0~1
[思考・状況]
基本行動方針:もう何かに従う気はない、当然この殺し合いにも。
第一行動方針:少女(ミシカ)の殺害
[参戦時期]:本編死亡後

【ミシカ@メタルマックス2:リローデッド】
[状態]:健康
[装備]:ストラディバリ@真・女神転生Ⅰ
[道具]:基本支給品*3、青酸カリ@現実、強化外骨格『零』不明支給品(2~9、アスラ王、モズグスの物を含む)
[思考・状況]
基本行動方針:生き残る
第一行動方針:殺す
第二行動方針:力を手に入れる
[備考]:『零』に宿る三千の英霊が現在成仏しているため、『零』を装着することは出来ません。


037:Dragon Hello 投下順 039:見えない境界線
036:Himmlisch Atem 時系列順 041:楽園の素敵な妖精と通りすがりのお侍の話
025:天を仰いで ミシカ heat beat
003:世紀末救 世/星 主伝説 カオスヒーロー heat beat
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。