あいつはそんなこと考えていない、だからあいつはパウロなんだ


2010年の12月口演初部会後、46代が初執行会議を行っている裏で、
農部室では飲み会の準備と平行して47代の飲み会参加組でこれからの落研についてガチトークを繰り広げていた。
そんな中、『パウロが自身のキャラや立ち位置をどう考えているのか』ということに話題が及んだ際に第壱が発したのがこの一言。

第壱の力のこもった声にその場にいた全員が圧倒され、涙する者もいた。
普段は寡黙で多くを語らない第壱でも言うときは言うじゃん、とタダでさえ高い第壱株がストップ高となったのは言うまでも無い。