犯人は茶緒事件

2007年学祭合宿中の水曜の夜、ひょんなことから鉄鍋のおっちゃんに
追われる羽目となった部員三名。

なんとか「散っ!!」に成功し、おっちゃんを撒けたのだが、
いざ落ち合ってみると一名の異変に気づく。

「マフラーが…ない……」

呆然としているその人を(注;先輩です。)、残りの二名は必死に励ますが
だんだん妄想はひろがり、
「見つからないんではないか?」
「もしやマフラーは店の前に落ちてるのではないか?」
「ひょっとして鉄鍋のおっちゃんが付けているのではないか?」
「万が一DNA鑑定でもされたら…持ち主がバレてしまうのでは…」
「しかもこのマフラーは…茶緒のだっ!!」

犯人は…茶緒だっ!!!!




ちなみにマフラーは新聞屋さんの前で無事保護されました。