最後の晩餐

42代執行による最初で最後の同期会。
本来はこれからの落研の行く末を決めるはずであったが、
何故か途中から暴露大会になった。

この日、我々が入ったときの落研の終焉を感じた。
それは新たな落研の幕開けなのかもしれない・・・