だーんしゃく!

2005年度6月口演において鮮烈なデビューを飾った男爵を呼ぶ掛け声。
6月の男爵が余りにも強烈だったため、それ以来いじられキャラと化した男爵。
誰かが何かミスを犯したりすると、必ずこのセリフとともに男爵に責任が押しつけられる。

ちなみに当の本人がミスした場合、その批判量は指数関数的に増加する。