備豊堂 紺透(びぶんどう かんと)と読む。
静かに部室に現れ静かに去るその姿は忍者を彷彿とさせるが、しばしば紫蕉と激しくタイマンを張っているのが目撃される。

54代期待の新人