51代も遂に先輩となり、各々思い思いに先輩風を吹かせている。
それは拳亭 語に於いても例外ではない。


とある、第百一回農工落語会の合宿初日のことである。
午前4時、拘束時間が終わった。
それまでの現役全員と同数の新入生が入部し、男子たちはシャワーを浴びる順番を巡って熾烈な争いを繰り広げていた。
シャワーを浴びたいのは女子も同じである。 女子たちもシャワーを浴びる順番を巡って綺麗な譲り合いを繰り広げていた。
それは、嵐の前の静寂。 束の間の平穏な時間のことであった。

大部屋で聞き耳を立て、廊下の女子たちの会話を聞く影が1つ。
人生初の女子の後輩に大いに 空回っている 張り切っているあいつだ。

すると、彼はおもむろに声を張り上げた。

「はい、女子がシャワー浴びるから男子は待機ー!!」


威厳に満ちた、まさに鶴の一声である。
しばらくの間、誰一人として声を出す者はいなかった。
時計の秒針の音だけが、五月蠅く響く。


何故このようなことが起こったのか、誰にも分からない。
 彼には、この落研で女子のシャワーシーンに遭遇してしまうという絶望的なトラウマがあるのか。
 心が乙女に、脳が筋肉に染まりすぎて、性別の違いが分からなくなってしまったのか。
謎は深まるばかりである。

ただ1つ、はっきりと分かることがあるとすれば、
この施設のシャワーは男女別であり、彼の入部以降も何人もの女子が利用しているということである。