左近が着たらもう着れない(音色)


南米舎音色氏の自宅でその年の夏合宿のお土産である「ドMTシャツ」を左近に渡そうとした際の同氏の発言。

その日、音色氏の自宅に宿泊することとなった左近氏だが、突然、音色氏の無地のTシャツを見つけそれを自分に売ってくれるように言い出した。それを聞いた音色氏は、代わりにと件の「ドMTシャツ」を左近氏に差し出したが、渡した後、「左近が着たらもう着れないな、、、」と発言した。