※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


《ライフ判定による勝敗決定》

通常罠
相手の攻撃宣言時に発動可能。自分ターンから数えて3ターン後の
エンドフェイズにライフが多い方がデュエルに勝利する。
ライフが同じ場合、引き分けとする。

part19-526

作者(2007/09/08 ID:8gxtbhGw0)の他の投稿

part19-501 / part19-528

コメント

名前:
コメント:

《偽物の魔法》

通常魔法
自分フィールド上にはったりマジシャンが存在するとき、発動可能。
このカードの発動に成功したとき、相手魔法、罠ゾーンに存在する魔法カードを
1枚選択し選択したカードを自分の手札に加える。
その後、このカードをそのカードが存在した場所にセットする。
このカードが相手魔法、罠ゾーンにセットされた場合、このカードは永続魔法と
して扱う。また、相手は自分手札を捨てる必要が発生したときにそのカードの
かわりにこのカードを墓地へ送ることができる。

part19-526

作者(2007/09/08 ID:8gxtbhGw0)の他の投稿

part19-501 / part19-528

コメント

名前:
コメント: