※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

part15-175


《杖の神官》

永続魔法
「青眼の白龍」がフィールド上に表側表示で存在する場合のみ発動可能。
発動後モンスターカード(星3/光属性/魔法使い族/攻200/守700)として
フィールド上に特殊召喚される(このカードは魔法カードとしても扱い、
あらゆる生贄にできない。また、攻撃も行えない。)。
発動時100ポイント単位で好きなだけライフポイントを払う。このカード
がフィールド上に存在する限り、フィールド上の全ての「青眼の白龍」の攻撃
力・守備力は支払ったライフポイントの数値分アップする。
フィールド上に「青眼の白龍」が存在する限りこのカードは相手の攻撃対象に
ならず、「青眼の白龍」がフィールドから自分の墓地に置かれた場合、このカ
ードを墓地に送ることで「青眼の白龍」をフィールドに特殊召喚できる。
発動したこのカードが上記効果以外でフィールドを離れた場合、手札・デッキ含
む全ての「青眼の白龍」を破壊し墓地に送り、デッキをシャッフルする。

part15-175

  • いくつかおかしな点がある。


    1:好きなだけライフが払えるので即死効果になる。
    2:身代わり効果で特殊召喚される青眼の白龍の枚数
    に制約が無い。つまり3体同時展開が可能。

    この2点だけで充分壊れているとオレは判断した。
    しかし評価はかなり分かれそうな気がする。あと永続魔法
    にした割には名前が普通にモンスターっぽいのも気になる。 -- 鑑定人 (2007-08-17 05:39:22)
    名前:
    コメント: