※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


憧れのヒーロー
ドグラの導き
腐り果てた死体



《憧れのヒーロー》

通常魔法
自分フィールド上の「HERO」と名のつかないモンスターを1体墓地へ送り、
自分のデッキから「HERO」と名のつくモンスターを1体特殊召喚する。

  • コンタクト融合デッキに入れて《E・HERO ネオス》召喚が
    まず思い浮かんだ。
    コンタクト融合後デッキに戻った場合でもすぐに特殊召喚出来るので
    かなり使いやすいと思う。
    《E-エマージェンシーコール》と違いコストはかかるがデッキから
    特殊召喚できるので状況に応じて使い分けたいところである。 -- 地竜 (2007-06-14 15:20:26)
名前:
コメント:

《ドグラの導き》

通常魔法
ライフを1000ポイント払うことで発動可能。デッキから「ゲール・ドグラ」
を一枚除外して、融合デッキからモンスターを一体選択して墓地に送る。

☆幻魔ネタの人の鑑定結果

《ゲール・ドグラ》のコストを減らしてくれるカード。
能力的にはそれだけだが、デッキを圧縮してくれる上、サイバー・ダークと絡めることも容易。
使おうとすれば十分に使えるだろう。

名前:
コメント:

《腐り果てた死体》

永続罠
自分の墓地のモンスターを1体選択し、自分または相手フィールド上に特殊召喚する。
このカードの効果によって特殊召喚されたモンスターはアンデット族となり、
攻撃力・守備力が元々の数値の半分となる。
このカードがフィールド上から離れた時、そのモンスターを墓地へ送る。
そのモンスターが墓地へ送られた時このカードを破壊する。

  • 《リビングデッドの呼び声》に近いイメージがあるが別物。
    攻撃力が下がり種族も変更されるが、生け贄にすれば問題なし。
    このカードと相性がいいのはリクルーター全般だろう。
    自分フィールドに召喚し壁にするのもよし、自殺特攻で強力なモンスターを出すもよし、
    相手フィールドに召喚し連続攻撃をしかけるのもよし、と汎用性は高い。
    実際に使ってみたいカードだと思った。 -- 地竜 (2007-06-14 15:30:51)
名前:
コメント: