※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アナザーブラッド


出典:デモンベイン
CAST:神田 理江

必殺技 血刃を放つ、刎ねよ(空中可) 236+AorBorC
血刃を放つ、断て 214+AorBorC
血の水面に魅入る、写せ 63214+AorBorCorD
血風を纏う、抱け(包め) 623+AorBorC
超必殺技 禁忌の血を解放つ、侵せ 236236+C
(?) 4123641236+C
リーブアタック レムリア・インパクト 236236+D

出現条件:アーケードモードを6週クリア

  • ボス版と違い、プレイヤー側は防御力が低い。被ダメージが他キャラの125%程度になる。

通常技解説

  • 立ちA
爪で引っかく。連打不可。
キャンセルがかかるわけでもないので別に使わなくてもいい。

  • しゃがみA
爪で引っかくしゃがみ版。こちらは連射可能。
だがキャンセルがかかるわけでもないので、こちらも別に使わなくてもいい。

  • 6B
前に小ジャンプのち血で出来た鎌で相手を突き刺す。
中段技。

  • 立ちB
血で出来た球を飛ばす。1.5キャラ分くらいまで届く。
中距離の牽制に。

  • しゃがみB
相手に3Hitする血をかける。
リーチは短いものの使い勝手は良い。

  • ジャンプB
斜め下に血の輪を放つ、発生は5Hitだが当たるのは3Hitまで。
登り最速~下りで連射するとけっこう嫌らしいかも。

  • 立ちC
しゃがみB+目の前を血でアッパー
出が遅いものの、判定はデカイので飛び込みor前ダッシュにあわせると良い。

  • しゃがみC
マ○ハンドがあらわれる。
ダウンが取れる。

  • 6C
自分の3~4キャラ前に血を噴出させる。
見た目はゲー○ッツのよのかぜ。
単発ヒットで技後の硬直が激しい。
だが、遠距離下段、対空、壁して使えるため結構ウザイ

  • 4C
自分の1キャラ前に血を噴出させる。
見た目は○ーニッツのよのかぜ。
単発ヒットで技後の硬直が激しい。
こちらは飛び込みの対空位にしか使えない。
もしくは封印で、【血風を纏う、抱け(包め)】でもいい。

必殺技解説

【血刃を放つ、刎ねよ(地上)】      
飛び道具。相手の攻撃判定で相殺可能。
Aは真ん中を過ぎたところから失速。
Bはそのままのスピードで。
Cはタメモーションの後、発射。Cのみヒットすると多段ヒットする。
発射位置がほかの飛び道具よりも高いため、キャラによってはしゃがまれて終わることもある。
タメモーションの小さな赤い球にも当り判定が存在するが、飛び込みの敵に稀に当るくらい。

【血刃を放つ、刎ねよ(空中)】      
コマンドリストにはない必殺技。
空中で飛び道具を放つ。
Aは斜め30度の角度で発射。
Bは斜め45度の角度で発射。
Cは真横に発射。
AおよびBは対地の牽制に、Cは空対空の時に使うべきなのだろうが、
ダメージ量が地上版の約半分しかないので、この技自体、封印でもいい。

【血刃を放つ、断て】
Aは腕を振る。中段技。ヒットなら壁に叩きつける。
Bは腕を振るモーション(中段技)の後、1キャラ分くらい前にバックダッシュのエフェクト追加。      
Cはつかみ技。
Bのみ腕を振るモーションがガードされても、バックダッシュのエフェクトは出る。
タメモーションの小さな赤い球にも当り判定が存在するが、飛び込みの敵に稀に当るくらい。

【血の水面に魅入る、写せ】
コマンド入力後、4人のアナザーブラッドが現れる。
各ボタンに対応した場所が本体となる。出現位置は背後側からA・D・B・C。
言葉を言い終えた後、残りの3人は液体に戻る。
この液体自体に攻撃判定があるものの、それほど強くもない。
技終了後の隙もデカイので封印でもいい。
ちなみに、相手に使われた場合はキャラの向きで本体を見分ける方法がある。

【血風を纏う、抱け(包め)】
当身技。
飛び道具ですら取ることが出来る当身技。
当身成立後、ダメージを与えるがダメージを与える方法が違う。
B及びCは当身成立後、位置関係なく自分の目の前に持ってきてダメージを与える。      

超必殺技解説

【禁忌の血を解放つ、侵せ】      
血刃を放つ、刎ねよの高さで飛び道具を発射する。ガード可能。ヒットすると演出の後、大ダメージが入る。
キャラにもよるがコンボで繋いだ時、アナブラ&セイバーには7割近いダメージを与える。
ただし、血刃を放つ、刎ねよと同じようにしゃがまれるとキャラによっては終わる。

【レムリア・インパクト】      
判定がでるまで完全無敵なのだが、
  • 発生が遅い(見てからでも余裕でかわせるレベル)
  • 判定が出る場所が常に一定(自分の1.5キャラ分位のところに判定が出る)
  • ガード可能
死に技。

【?】
1ゲージ消費の隠し超必殺技。
画面の6分の5程度の距離を前進し、前進中に相手に接触すると相手を掴んだまま突進、
画面端に衝突(?)して血飛沫を上げる。
外見はル○ールのギガン○ックプレッシャーそのまま。
ダメージはアナザーブラッド、セイバーに4割、それ以外のキャラには3割程度。
しかしガードが可能であり、更に前進中無敵判定も無いので飛び道具で止められてしまったりもする。
なので通常は同じ消費ゲージ量で高威力、かつ入力もこの技に比べて短くていい
【禁忌の血を解放つ、侵せ】を使う方がいいだろう。

立ち回り

どの距離でも基本的にはこなせる。
取り合えず、どの距離でも飛び込み&飛び道具に関しては【血風を纏う、抱け(包め)】を合わせる。
ただし、飛び道具まで取れる当身を持っているキャラに対しての飛び道具は慎重に。

  • 近距離
コンボから【禁忌の血を解放つ、侵せ】へ持っていく。

  • 中距離
4Cや通常技を振って牽制。

  • 遠距離
6Cや【血刃を放つ、刎ねよ】で牽制。

コンボ

A血刃を放つ、断て→C血刃を放つ、断て or 禁忌の血を解放つ、侵せ or 隠し超必殺技
血風を纏う、抱け(包め)C→禁忌の血を解放つ、侵せ(7割安定)

その他

他のキャラより重い
ダメージ時の硬直が長い