神の壁画


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セスナと柚木、2人が大きいほうのピラミッドを捜索し始めて早4時間が経過しようとしていた。

ピラミッドの中は思った以上に複雑怪奇な迷路となっていた。

「困惑。このピラミッド少し道を間違えると入り口に戻るな。」

「そうだよね~?あたしももう疲れてきちゃったよ……歩きっぱなしつらいよー」

2人の足取りが段々に重くなる。しかし2人は足を止めようとはしない。

ピラミッドという不思議の中での好奇心というものが2人を動かしているのだろう。

「本当にこのピラミッド何なんだろうね?何かありそうなんだけど……」

「同感。だけどここはバーチャル世界、そこまでのものがあるとは思えないけど。」

「うーん……」

柚木は唸り声を上げて石の壁にもたれかかった。

その時だ。

ガコン

「うゎぁあああ!?」

「柚木ッ!?」

何かが外れるような音が聞こえた瞬間、柚木のもたれかかっていた石の壁がまるで引き戸のように開き始めた。

柚木はもたれかかっていたので重力に逆らえず開かれた戸の中をゴロゴロと転がった

「あぅわあわわわわわ!!」

何秒か転がった後

ゴツン!!と鈍い音が聞こえた。

セスナは開いた戸を覗き込み

「質問~柚木、大丈夫かー!?」

予想以上にセスナの声は空間の中に広がった。

「大丈夫ー!でもセスナっち!来て来て!面白いもの発見!」

柚木の無事で元気そうな声を聞いて安堵の表情を浮かべたセスナは柚木の指示通り中へと入った。

空間では柚木が頭を摩りながら壁を見ていた。

どうやら頭を思いっきりぶつけたようだ。

「質問。柚木面白いものとはなんだ?」

「あれ。」

柚木が指差した壁そこには

青く描かれた巨人型モンスター、紅く描かれた2つ口があるように見える竜型モンスター、黄色く描かれた巨鳥の様なモンスター

「まさか……『オベリスクの巨神兵』『オシリスの天空竜』『ラーの翼神竜』!?」

「そーなんだよ!三幻神なんだよ!!凄い発見じゃないコレ!?」

興奮したように飛び跳ねる柚木。セスナも興奮を抑え切れないような表情だ。

「疑問。何故三幻神が描かれてある?運営は……何者だ?」


{d-7 1日目 午前4時30分}
【セスナ・デルクス@遊戯王Xs】
[時間軸]本編、霊峰アカスディア到着後
[状態]興奮
[デッキ]JK(美鈴@遊戯王soul・link)
[思考・状況]
1.三幻神の壁画の意味
2.他のピラミッドにもこのようなものがあるのか?
3.知り合い(勢櫻)と会うために街へ向かう
[備考]
とりあえず2人は大きいほうのピラミッドの捜索をしています。壁画としては初代遊戯王の三幻神の絵に色がついただけのものと考えてください。

{d-7 1日目 午前4時30分}
【西院柚木@遊戯王GS】
[時間軸]本編、遊真の幽真戦終了後
[状態]興奮+頭部に軽いたんこぶ
[デッキ]ギガストーン(呼水@遊戯王soul・link)
[思考・状況]
1.三幻神すっごー!(私が第一発見者ドヤァ
2.知り合い(遊真)と会うために街へ向かう
3.セスナともっと仲良くなりたい
[備考]
頭にちょっとしたたんこぶ作ってます。少し痛そうです。